人気ブログランキング |

とことん写真

tocofoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2018年 11月 30日

日本 今シーズン初のノスリ

b0132475_19241517.jpg
 岐阜市近郊にある自宅周辺を、カメラを持って散歩するのが日課になっており、雨の日でない限り出かけています。目的は普段からの運動不足解消とともに、季節の移ろいを楽しむのと、趣味している野生動物や草花の写真を撮るためです。
b0132475_19242356.jpg 11月が終わり、いよいよ明日から冬ですが、今年は寒さをあまり感じません。そのためか今頃なら良く見かける鳥たちとの出会いが例年より少ないような気がしますし、それに紅葉も1週間以上遅いのではと思っています。
 そんなことを思いながら歩いていた今日の散歩コース上で、向かっていた先の電柱の頂点から大きな鳥が飛び立ちました。多分トビだろうと思ったのですが、念のため、その鳥から目を離さず行き先を追いました。
b0132475_19243113.jpg その鳥は樽見鉄道の鉄橋にある塔の上に停まったので、写真に撮ってモニターで確認したところ、ノスリでした。それが今日の写真です。
 今シーズン初めて見るノスリは、紅葉した山を背景にして、しばらく佇んでいてくれたことから、秋らしい季節感のある場面を撮ることができました。
 彼は地上のヘビやネズミを探していたのでしょうか、私が立ち去るまでじっと周囲の地面を見つめていました。
 3枚目は現在の散歩道の風景で、これが今年の紅葉の見納めです。

b0132475_19245227.jpg 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離220mm、35ミリ版換算600mm、ISO 400、F 4.0、1/600sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。
 

by yagyu-toubei | 2018-11-30 19:26 | | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 29日

日本 ヤドリギの群生

b0132475_20242015.jpg
 日本に冬鳥として渡ってくる鳥の中にヒレンジャク、キレンジャクがいます。年によって渡来数にばらつきがあるそうですが、冬になったからといって一般的に見られる種類でないのですが、その姿は特徴的で何度でも見たい美しい鳥です。
b0132475_20242968.jpg そのレンジャクたちが好む餌はナナカマドやヤドリギの実だそうですが、それならばこれらの木の場所さえ知っていれば、この美しい鳥に逢うことができる可能性が高まります。
 先日物知りの友達から、岐阜市近郊にある自宅近くにヤドリギの群生地があると教えてもらい、早速今日出かけてみました。そしてそこで見た景色が今日の写真です。
 根尾川の河原に樹種は分かりませんが十本以上の木が並木を作っており、そのどれの木にもあふれるほどのヤドリギが寄生しています。これらの木はヤドリギのために立っているような様で、その景観には圧倒されました。
b0132475_20243857.jpg 周りを見るとこの場所だけでなく、対岸の数本の木にも寄生しており、大きな塊が見え、また上流部の木にもあります。ここならお目当ての鳥たちに出会うことができるかもしれません。
 2枚目はヤドリギの詳細で、実がたくさんついています。、3枚目はこの場所から根尾川の上流方向を見た、素晴らしい秋の景色です。

b0132475_20250141.jpg 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離8.8mm、35ミリ版換算24mm、ISO 400、F 6.3、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2018-11-29 20:26 | 岐阜自宅周辺 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 28日

ベリーズ 雨期に増える White Ibis (ホワイト イビス 日本名シロトキ)

b0132475_21530241.jpg
 中米の国ベリーズは熱帯地方に位置し、一年を通じて暖かく、季節は乾季と雨期の二つだけです。雨期には雨が多く、ハリケーンが襲来するのもこの時期です。
 反対に乾季になると雨が少なくなり、土地は乾燥して埃っぽくなり、陽射しが強く暑い日が多くなります。ベリーズは北回帰線の内側にありため、太陽は頭上を2度通り過ぎますから、晴れた日は陽射しが強烈なのです。
b0132475_21532477.jpg この雨季と乾期の影響は野鳥たちにも当然ながら及び、彼らの行動が変わります。
 例えば、元々標高が低く水場の多いベリーズシティですが、雨が多くなるとその面積は更に増え、水鳥たちの餌場が広がるため街中であっても、乾期の時より数が増え、また様々な種類の野鳥を見られるようになるのです。
 今日の写真は、ベリーズシティの住宅地にある自宅から、雨期の後半に数多くみられるようになる White Ibis (ホワイト イビス 日本名シロトキ)で、朝夕に自宅上空を通過します。毎日ねぐらと餌場を往復しているのでしょう。
 彼らは必ず集団で飛びますが、時には群れの数が50を超えるような時もあり、それらが規則正しく並んで高速で飛び過ぎる様は、思わず声が出るほど素晴らしい光景です。

b0132475_21541214.jpg 使用機材のカメラは Sony α57、レンズは Sony DT55-300。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F7.1、1/800sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2018-11-28 21:56 | | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 27日

日本 冬のイカル

b0132475_20084452.jpg
 岐阜市近郊の本巣市にある自宅の周辺は、平野部から山間部に移る開けた谷間で、中央を根尾川が流れ、平野部には水田や柿畑、野菜畑が広がる変化に富んだ農村です。
 こういった環境からか、一年を通じてたくさんの野鳥を見ることができ、日課にしている自宅周辺の散歩では、毎年のように新しい種類の発見があります。去年、それまでここで見ることを想像もしていなかったチョウゲンボウやハイタカを発見したときは本当に興奮しました。
b0132475_20085482.jpg 一年で最も多くの野鳥を見ることができるのは、山の食料が乏しくなる冬のシーズンで、この時は珍しいのや初めての鳥との出会いだけでなく、普段見慣れた野鳥でも、他の季節では起こりえないほど近くで見られる機会があることも特徴的です。
b0132475_20090119.jpg 例えば今日の写真のイカルは、自宅周辺ではとても数の多い野鳥ですが、冬のシーズン以外は鳴き声を聞いたり、遠くでその姿を見かけたりするのがせいぜいで、とても写真に撮れる距離に近づくことはできません。ところが冬になるとその距離がぐっと縮まるのです。
 イカルは地味ながらも大変美しい鳥ですから、たとえ至近でも今日の写真の様な白い空が背景のシーンではなく、今年の冬こそは理想的な形でしっかりと撮りたいと思っています。
 今日の写真はいずれも去年の12月19日に、自宅周辺のいつもの散歩コース上で捉えものです。

b0132475_20093006.jpg 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離220mm、35ミリ版換算600mm、ISO 400、F 4.5、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2018-11-27 20:10 | | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 26日

日本 文殊公園山頂からの秋の眺め

b0132475_19225570.jpg
 先日11月24日は連休の中日でしたが、朝から空は青く晴れ渡り、3連休最高の行楽日和となりました。我々も岐阜市近郊にある自宅から車で15分ほどの距離にある文殊自然公園に、おにぎりの弁当を持って出かけました。
b0132475_19230931.jpg 公園内は休日ですから普段より人出が多く、山頂に続く散策道で何人にも出会いました。中にはカメラを首から下げ、いかにも野鳥を探している人もいましたから、思わず声をかけたところ、コゲラを何度も見かけたとのことでした。私はドラミングを聞きはしましたが、残念ながらついに姿を見かけることはありませんでした。
b0132475_19231792.jpg 山頂に到着し真っ青な空を見上げると、おなかの白いタカ類を見つけ、すぐにカメラを構えたのですが、ピントを合わせることができず、撮り逃がしてしまいました。ハイタカより大きなおなかの白い鳥は何でしょう。オオタカでしょうか。その後何度も空を見上げたのですが、この日に猛禽類は二度と見つかりませんでした。
 1枚目の写真は山頂から伊吹山、養老山脈方向を見た景色です。木々の紅葉と空の筋雲が気持ちいいですね。
 2枚目、3枚目は公園で目についた紅葉ですが、これらの赤い色は、まるで作り物かと思うほど本当に鮮やかで、青空に映えて綺麗でした。

b0132475_19233835.jpg 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離8.8mm、35ミリ版換算24mm、ISO 400、F 8.0、1/1,250sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2018-11-26 19:26 | 岐阜自宅周辺 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 25日

日本 今シーズン初めてのカシラダカ

b0132475_20111454.jpg
 今日の写真はこの秋初めて写真に納めたカシラダカです。場所は岐阜市近郊にある自宅近くの散歩道で、日付は11月15日、この時期にもう日本に渡来してきているのですね。これから春までここで冬を越すのですが、雪が少なく無事で過ごすことを祈っています。
b0132475_20112597.jpg マガモはこのブログでお伝えしている通り既に到着しているのですが、このカシラダカと共に、この辺りでよく見かける冬鳥はアオジですが、まだ彼らの姿を見ていませんし、とても沢山渡ってくるツグミもまだです。
 去年は自宅周辺で、初めてベニマシコ、ヒレンジャク、ソウシチョウを見かけて感動したのですが、今年はどうなるのか、今から楽しみです。できれば今シーズンも新たな珍しい鳥たちに出会えることを祈っています。
b0132475_20113485.jpg 野鳥に出会う確率を高めるために今できる準備として、ヒレンジャクやキレンジャクが好むヤドリギやナナカマドの木の場所を一つでも多く確認しておかなくてはと思っていることろです。
 2枚目の写真は、自宅周辺の散歩コースにある柿畑ですが、素晴らしい紅色に紅葉しています。
 そして晴天に誘われて上を向くと、真っ青な空を背景に外国の飛行機が飛んでいました。こんな田舎で味わうことのできる、小さな国際色のある出来事でした。

b0132475_20120053.jpg 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離220mm、35ミリ版換算600mm、ISO 400、F 4.0、1/400sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。
 


by yagyu-toubei | 2018-11-25 20:13 | | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 24日

日本 背景は華厳寺参道の紅葉

b0132475_21431988.jpg
 11月21日水曜日に、岐阜市近郊にある自宅から車で15分ほどの距離にある、谷汲山華厳寺へお参りに行ってきました。このお寺は春の桜と秋の紅葉の名所で、その時期になると大勢の人が訪れますから思うように写真が撮れなくなります。それを知っていますから、ここに来るときは混雑が予想される週末を避けるようにしています。
b0132475_21434069.jpg さてその華厳寺の紅葉の具合ですが、両側に土産物屋や茶店が並ぶ参道はモミジが赤く鮮やかに色づき、ちょうど今が見頃を迎えています。1枚目、2枚目の写真でその様子がお分かりいただけると思います。
 でも山門をくぐって境内に入ると、3枚目の写真の通り意外にもまだ緑色のもみじが多く残っており、見頃はもう少し先になりそうな感じでした。
b0132475_21434876.jpg 今日は24日で、3連休の中日ですが、華厳寺方向に向かう車が列をなしていましたから大きな人出だと思いますし、明日もお天気が良いようですから、さぞやにぎやかなことになると思います。
 真っ青な青空を背景にして、参道を染める紅葉はまさに日本の風景ですね。こうした環境で写真が撮れることはうれしい限りです。

b0132475_21450813.jpg 使用機材のカメラはSony α7Ⅱにレンズは Tamron SP AF 24-135 。大きな写真の撮影データは、焦点距離60mm、35ミリ版換算60mm、ISO 400、F 8.0、1/160sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2018-11-24 21:46 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 23日

日本 マガモとカイツブリ

b0132475_16303481.jpg
 岐阜市近郊にある自宅周辺を、カメラを持って散歩するのが日課になっており、毎日同じ場所を歩くと季節の変化を肌で感じ、動物たちとの出会いを通じて豊かな自然を体験することができます。
b0132475_16304749.jpg 日本は世界でも開発が進んだ国の一つであり、アジアで唯一の先進国でありながら、全国の地方の隅々まで豊かな地元の伝統が息づき、そのうえでこのような豊かな自然があるのですから素晴らしい国だと思います。
 先日の11月22日、いつもの散歩コースの根尾川沿いで、マガモたちがゆったりと泳いでいるのを見かけました。今年も北の国からこの日本を訪れてくれてくれたのです。
 これまでこのブログ上でこうしたマガモたちの姿を多く紹介してきました。今日の写真がいつもと違うのは、マガモたちに交じってカイツブリが一緒に写っていることです。
b0132475_16305608.jpg 今シーズンでこの川面を眺めるのは3年目になりますが、これまでカイツブリを見た回数はごく僅かでした。今シーズンはすでに何度も見ていますから、もしかしたら数が増えているのでしょうか。そうであればうれしいのですが。
 3枚目の写真は、同じく散歩コースの柿畑の様子ですが、実はすっかり収穫され、枝に残った葉が美しく色づいています。

b0132475_16313027.jpg 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離220mm、35ミリ版換算600mm、ISO 400、F 4.0、1/320sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2018-11-23 16:33 | | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 22日

ベリーズ カリブ海の島ツアー

b0132475_20294403.jpg
 中米の国ベリーズは、ユカタン半島の付け根に位置し、国土は南北に長くその一方の東側がカリブ海に面しています。そのカリブ海の海岸は遠浅であることからサンゴ礁が発達しており、オーストラリアに次いで世界第二位の規模を誇るサンゴ環礁を形成しています。
b0132475_20295479.jpg そんなサンゴの海が広がり沖の遠くまで島が点々と多くあるのですが、人が集落を作っての住める規模の島は2つだけで、他は小さく、せいぜい野球のグランド程度の広さしかないのがほとんどです。
 こういった小さな島のほとんどは観光用に使われ、ボートツアーで訪れることができます。ヤシの木があるだけの白い砂の島には桟橋とトイレ、あちこちにテーブルといすが置かれ、ツアー会社が用意した昼食を取れるようになっています。それが3枚目の写真ですが、我々が訪れたこの日はあいにく天気が悪く、エメラルドグリーンの海はくすんだ色にしか見えませんでした。
b0132475_20300581.jpg この島ではシュノーケリングを楽しむのですが、どこまでも遠浅で、歩いても歩いても腰以上に深くならないのは安心と言えば安心ですが、少し物足りない感じもします。
 1枚目、2枚目がその島の周辺で見かけた魚たちで、種類は大きいのから小さいのまでたくさん見ることができ、ヤシの実ほどの巨大なヤドカリもいました。写真の中にカレイだかヒラメがいるのですがお分かりになりますか。

b0132475_20303197.jpg 使用機材のカメラは Canon IXY Digital 700に専用水中ケース。大きな写真の撮影データは、焦点距離7.7mm、33ミリ版換算39mm、ISO ?、F7.1、1/800sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2018-11-22 20:32 | | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 21日

日本 背景は根尾川渓谷

b0132475_19353989.jpg
 先日このブログ上で、今シーズン初めてのマガモの群れを見た話題を掲載したのですが、今日の写真はその時と同じ場所で撮った2枚です。
 ここは毎年、根尾川渓谷の紅葉を背景にする私のお気に入りの撮影スポットなのですが、去年はその前年に比べて紅葉の鮮やかさが今一つだったのですが、今年も現時点では去年よりさらに色づきがよくありません。
b0132475_19362798.jpg 紅葉の良し悪しはその年の天候や、もしかしたら台風被害も関係するのかもしれません。今年はこの地方を3度も台風が通過し、いずれも風が強かったことから、それが影響しているのかもしれません。
 ところでこの写真は、逆光状態で撮影しており、フードがあるとはいえレンズには太陽光が直接当たっているのですが、画面からはそれを想像できないほどに人物がクリアーに写っています。24㎜から600㎜の超高倍率ズームレンズでありながらこの性能は素晴らしいと思います。

b0132475_19371788.jpg 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離16.3mm、35ミリ版換算44mm、ISO 400、F 4.0、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2018-11-21 19:41 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)