とことん写真

tocofoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2018年 03月 31日

日本 背景は大垣市の水門川

b0132475_19271703.jpg
 先日3月28日の水曜日に、大垣の水門川の桜を見に行ってきました。県外の方には、大垣は岐阜県第二の都市ですが、なじみがないと思いますので、大垣市のウエブサイトから水門川に関する紹介を、少し長くなりますが以下に転載します。
b0132475_19272654.jpg 「水門川は大垣と桑名を結ぶ運河です。永禄4年(1561)大垣城主氏家直元が、城池改築のさい開削したと伝えられています。水運の要路で、明治16年には大垣、桑名間に定期汽船が開通し、大いに栄えました。今では美しい住吉燈台が往時のおもかげを偲ばせています。水門川遊歩道は大垣駅前東の錦町愛宕神社から俳聖松尾芭蕉の「奥の細道むすびの地」を終点に総延長2,200メートルで花と緑があふれています。」
 1枚目の写真は住吉灯台を背景にしており、水門川のハイライトというべき場所です。
b0132475_19273591.jpg 2枚目はその逆方向を見ており、順光であることから空が青く、赤い橋の欄干とピンクの桜が良く映えています。
 3枚目は水門川の最も広い場所で、川を泳ぐ巨大な鯉やマガモなどの水鳥がみられます。
 我々が訪れた27日はほぼ満開でしたから、この週末が見ごろだと思います。ここは美濃地方では有名な桜の名所となっていますから、ぜひ訪れてみてください。

b0132475_19284132.jpg 使用機材のカメラはSony α7Ⅱ、レンズは TAMRON AF 24-135mm F/3.5-5.6 AD ASPHERICAL 。大きな写真の撮影データは、焦点距離28mm、35ミリ版換28mm、ISO 500、F5.6、1/800sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


by yagyu-toubei | 2018-03-31 19:30 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 30日

日本 自宅周辺の桜は満開

b0132475_20074851.jpg
 今日現在、東海地方は春真っ盛りであちこちで桜の満開の時期を迎えています。28日の木曜日は大垣の水門川の、そして昨日は谷汲山華厳寺の桜を見に行ってきました。
 大垣の水門川べりの桜はまさに満開で、一年で最も美しい時期を迎えています。川ではこの地の風物詩である恒例のたらい船が用意されていましたから、この週末はたくさんの人で賑わうことでしょう。
b0132475_20075681.jpg そして昨日の谷汲山、こちらは参道の下の方が満開で、仁王門に近づくに従い8分咲きから5分咲きといったところでした。よって、明日明後日の週末が満開に当たると思われます。
 大きな写真は5分咲きの華厳寺仁王門で、立派な山門と桜の組み合わせが日本らしくてとてもいいですね。絵になります。
b0132475_20080319.jpg 2枚目は参道の中間辺りで、8分咲きといったところです。日本家屋の店に挟まれた桜のアーチが青空に映えとてもきれいです。
 3枚目は参道の茶店の庭に咲く枝垂桜で、ピンク色がとても華やかで人目を惹きまから、この桜、インスタ映え間違いなしです。皆さんこの週末の桜をお楽しみください。

b0132475_20082111.jpg 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離16.9mm、35ミリ版換52mm、ISO 400、F4.0、1/800sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


by yagyu-toubei | 2018-03-30 20:09 | 岐阜自宅周辺 | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 29日

日本 モズの採餌

b0132475_20295201.jpg
 岐阜市近郊にある自宅周辺を散歩すると様々な野鳥に出会いますが、その中で、今日の写真のモズにはほぼ毎回と言っていいほどよく見かけます。
 モスは野鳥の中では極端に人間を恐れることがなく、割と近づくことのできる種類で、時には多分子育ての時期かと思うのですが、異常に接近できる場合があります。近くに巣があって、それを守るために人を威嚇しているのだと思うのですが。
b0132475_20295891.jpg 今日の写真は、この冬の2月半ばのことですから子育てにはまだ早く、ただ単にエサ捕りをしている場面だと思うのですが、何やらくわえています。昆虫の足でしょうか。
 モズははやにえという、食料を保存する習性があることで有名ですが、私はまだそれに出会ったことがありません。周りにモズが沢山いるにもかかわらず、今までそれを見られていないのは私の観察不足だと思いますが、一度は見てみたいと思っています。
b0132475_20300538.jpg 地方の田舎に住むと、私の場合の悩みの一つは虫の多さですが、モズがたくさん増えて、たくさんの虫を食べてもらえたらと願っています。

b0132475_20302441.jpg 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離220mm、35ミリ版換600mm、ISO 400、F8.0、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


by yagyu-toubei | 2018-03-29 20:31 | | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 28日

日本 雪の朝のホオジロ

b0132475_22311925.jpg
 岐阜市近郊にある自宅近くを、雨さえ降っていなければ毎日散歩するのが日課となっています。それは普段からの運動不足を補うのと、そのコースで見られる野性たちとの出会いを期待するからです。
b0132475_22312772.jpg この冬のある寒い朝、多くはなかったのですが雪が積もった日でした。でも朝から太陽が顔を出し、空気は冷たいのですが、日差しが温かさを感じさせます。
 この日にコースで見かけたのは、いつも通りのホオジロで、種類としては特に珍しくはないのですが、背景を含めた鳥写真を楽しむため、カラス以外であれば何枚かを撮るのが常です。
b0132475_22313480.jpg 1枚目の写真の背景は青いのですが、これが何だったのか思い出せません。この青、自然ではなく人工物だったと思うのですが。
 人工物の背景は好きではないのですが、でも明るい日差しのため、茶色のホオジロとコントラストが良く、いい感じだと思います。
 2枚目の背景の緑色は、根尾川に架かる樽見鉄道の鉄橋の色です。でもこの写真の場合、草木に残る雪の美しさが印象的です。

b0132475_22315436.jpg 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離220mm、35ミリ版換600mm、ISO 400、F4.0、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


by yagyu-toubei | 2018-03-28 22:37 | | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 27日

日本 岐阜県の桜並木

b0132475_22555942.jpg
 このところ春とは思えないようなお天気で、冬は一気に過去の季節になってしまいました。この暖かさにつられて、岐阜市近郊の自宅から40Kmほどの距離にある、地元ではおちょぼさんと呼ばれている千代保稲荷神社に行ってきました。
 その神社に関しては別の機会にご紹介しますが、今日はその近くにあった桜並木の話題です。
b0132475_22560889.jpg それは小高い堤防に植わっているのですが、肝心の川というか、水の流れがが見当たりません。地図を見てみると小さな川が描かれていますが、現場には特に川らしきものは見当たらず、堤防があるのみといった感じです。
 しかしそこに植わっている桜の木の数は尋常ではありません。目の届く限り並木が続いているといった風景です。
 今日の写真の通り、開花はまだ3分咲きといったところで、見頃はあと5日先程度でしょうか。でも中にはまだ開花していない木もありますから、今後10日くらいは楽しめるのではと思います。
b0132475_22561640.jpg この地区は、東から順に木曽川、長良川、揖斐川と大河川が集中していることから、かつて洪水に苦しめられたところですから、そのための堤防やそれを守る植樹がされてきた場所です。そのためにこういった桜並木が多いのかもしれません。
 2枚目の写真は、並木の中に1っ本だけあった満開の真っ白な桜で、青空に映え、とても印象的でした。

b0132475_22563438.jpg 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離16.3mm、35ミリ版換44mm、ISO 400、F4.5、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。 



by yagyu-toubei | 2018-03-27 22:59 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 26日

日本 落ち葉とシロハラ

b0132475_22282356.jpg
 岐阜市近郊にある自宅の隣は栗畑になっており、秋にはたくさんの栗の実がなり、山のサルたちの大事な餌になっているようです。もちろん本来は人間用に栽培しているのですが、地主が歳を取り収穫する機会が少なくなっているののも影響しているかもしれません。ところでサルたちはあの鋭いイガを、道具を使わず素手でどうやってむいているのでしょうか。
b0132475_22283289.jpg 秋になるとその栗の木の葉が落ちて、地面は積もる落ち葉に厚く覆われます。その落ち葉に覆われた地面にはシロハラの好物の餌があるのでしょうか、冬になると必ずここを訪れるシロハラがおり、毎日のように姿を現します。
 自宅和室の窓から、シロハラが落ち葉をクチバシで起こし、その下から出てくる餌を探す様子が見られます。写真の白い背景は雪ですが、この落ち葉のおかげで、雪が降っても好物の虫は地面の表面にいるのでしょう。
 この落ち葉がないとシロハラたちの餌が無くなるということなのですね。自然の中に生きる動物たちの生の調和と循環を垣間見る思いがします。
 また、シロハラの体色が落ち葉と同色というのは、やはりこれは保護色なのでしょうね。この写真を見るとそう思います。

b0132475_22285700.jpg 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離220mm、35ミリ版換600mm、ISO 400、F4.0、1/500sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。
 なおこの写真は窓ガラス越しに撮ったものですから、解像感が少し落ちているような気がします。


by yagyu-toubei | 2018-03-26 22:30 | | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 25日

日本 強烈なインプレッサWRX

b0132475_20583668.jpg
 東京地方は記録を取り始めてから3番目に早い桜の満開を迎えたとのことで、それなら岐阜でも既に咲いているのではと、岐阜市近郊にある自宅から12㎞ほどの所にある岐阜畜産センターへ行ってみました。
 自宅周りでは、庭木のサクランボが既に満開を過ぎ、道路向かいにある美しいピンクの桜が5分咲きといったところで、それ以外はまだ咲いていません。
 期待した畜産センターは、下の写真の通り3本ほどは開花していましたが、それ以外はまだツボミで、見頃は来週以降といったところでした。
b0132475_20584564.jpg 上の大きな写真の背景に桜の木が写っていますが、つぼみが膨らんだ状態であることが見て取れます。
 ところでその写真に写っている車、スバルインプレッサWRXですが、つい最近買い換えました。以前からあこがれていた車種で、一度は運転したかった車です。
 先日この車で福井市までドライブしましたが、その素晴らしい動力性能、特に爆発的な加速力には魅了されました。パワーの無い車では決して味わえない、登坂車線での素早い追い越しは胸のすくような快感を覚えました。パワーは麻薬ですね。
 それにフルタイム4WDの安定した走りも、この大パワーだけに安心で魅力的な点です。こんな素晴らしい車が誰でも手の届く所にあるのですから日本という国はすごいですね。でもそれ以上に、こんなすごい車を誰にでも売っていいのかと思ってしまうほどです。これを入手した方々、スピードの出し過ぎは要注意です。

b0132475_20595089.jpg 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離12.3mm、35ミリ版換34mm、ISO 400、F4.5、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。 


by yagyu-toubei | 2018-03-25 21:01 | 機材 | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 24日

ベリーズ 島で見るペリカンとエイ

b0132475_20124617.jpg
 今日の写真は、昨日に続いて中米の国ベリーズの、最大の海洋リゾートの島での3枚です。
 この島にはベリーズ最大の都市ベリーズシティから、1時間半毎ぐらいの頻度で運行されているウオータータクシーと呼ばれている定期連絡船で渡ります。
 所要時間は1.5時間ほどで、途中にキーカーカーと呼ばれる島を経由します。航路は本土の海岸線に沿って北に進み、航路の総てがサンゴ環礁の内側ですから、海が荒れていなければ揺れは少なく快適です。海は終始浅く、水は美しい緑色が続きます。
b0132475_20125445.jpg 1枚目の写真は、船が到着した桟橋近くで羽を休める Brown Pelican (ブラウン ペリカン)で、この島だけでなく、本土の海岸線でも多く見かけますが、人の近くにいつもいるペリカンは人を恐れることなく、とても慣れています。
b0132475_20130163.jpg 2枚目は、浜までやってきた大きなエイで、体幅は80㎝ほどはあったと思います。彼らは浜で猟師が魚をさばくときに捨てる、はらわたなどを目当てに来るのですが、その近くではたくさん見かけ、この島では決して珍しい光景ではありません。
 3枚目は、船が到着する浜近くの風景で、茶色の建物はホテルです。長い海岸線に沿って、ヤシの木陰に多くのホテルが立ち並んでいます。この島もカリブの国セントルシアと並んで地上の楽園と呼ぶにふさわしい場所です。

b0132475_20132146.jpg 使用機材のカメラはFujifilm Finepix F200 EXR。大きな写真の撮影データは、焦点距離3.2mm、35ミリ版換145mm、ISO 200、F5.1 1/300sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


by yagyu-toubei | 2018-03-24 20:15 | | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 23日

ベリーズ 背景は島のマングローブ

b0132475_20301149.jpg
 今日の写真は、中米の国ベリーズのカリブ海のサンゴ礁に浮かぶ島でのスナップです。
 ベリーズはオーストラリアに次いで、世界第二位の規模を誇るサンゴ環礁で有名な国で、その海洋資源がこの国の観光の大きな目玉になっています。
 ベリーズの海岸は遠浅で、その範囲は広大です。その領域総てサンゴ礁ですから、世界から海洋を楽しむ観光客が集まります。その最大の観光地がこの島で、海岸線には中流から高級まで様々なホテルなどの宿泊施設が並んでいます。
b0132475_20301813.jpg 海水は素晴らしく透明度が高く、熱帯魚や大型魚の種類や数が豊富で、スキューバーダイビングは勿論、シュノーケリング、釣りで大いに楽しむことができます。
 写真の背景は、南北に長い島の東側の海岸線で、この側が島の表の顔になっており、多くのホテルが立ち並びます。ですからマングローブの林は少ないのですが、その少ないマングローブをバックにしています。
 ビーチはサンゴ礁に囲まれていますから、波はプールのごとき静かです。また砂は真っ白ではありませんが、かなりのサンゴのかけらが含まれているのでしょう、乳白色になっています。静かな海の背景がまるで撮影のセットのように見えます。

b0132475_20304189.jpg 使用機材のカメラはSony α57、レンズは Sony DT55-300。大きな写真の撮影データは、焦点距離75mm、35ミリ版換算112mm、ISO 400、F8.0、1/400sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


by yagyu-toubei | 2018-03-23 20:31 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 22日

日本 トビとノスリ

b0132475_20194122.jpg
 岐阜市近郊にある自宅近辺は3日間雨が降り続いており、咲き始めた桜が冷たそうにしています。
 そんなお天気の、自宅から南に8㎞ほど行った田園地帯で、電柱に停まっていたノスリを見かけました。車で電柱に近づくと、警戒したのか飛び立ち近くの他の電柱に移動しました。
 再度近づくとやはり飛び立ち、今度は道から少し離れた柿の木の枝に移りました。遠くへ飛んでいかないのはたぶんお目当ての餌があったのかもしれません。
b0132475_20195257.jpg かつてこの辺りにノスリがいるなどと知らなかった頃は、空を舞う猛禽は総てトビだと思っていました。でも他の猛禽もいるとことを知った今になってみると、それらの猛禽を割と簡単に見つけることができるようになりました。
 自宅近所だけでもこれまでトビ以外に、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、チョウゲンボウ、ハヤブサに出会っています。知ることの前と後、これまでの無知が本当に恥ずかしい思いです。
b0132475_20200401.jpg 中国や韓国と問題になっている歴史認識なども、歴史を知っている人と知らない人の差は大きいはずです。他国との関係は歴史を知ったうえで判断することが重要ですから、先入観を持たない冷静で正確な歴史の教育はとても重要だと思います。日本にはそれが欠けているように思うのですが。
 今日の写真は1枚目、2枚目がノスリ、3枚目がトビです。違いは歴然ですね。知らないとこれが同じに見えてしまうのですから、正確な知識はとても重要だと思います。
 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離146.8mm、35ミリ版換400mm、ISO 400、F8.0、1/3,200sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


by yagyu-toubei | 2018-03-22 20:21 | | Trackback | Comments(0)