とことん写真

tocofoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 10日

自宅庭のアノール

b0132475_13321690.jpg

b0132475_133233100.jpg 今日の写真は、この中米のB国の、最大の都市の住宅街にある自宅庭で撮った一枚です。この国の代表的なトカゲといえばイグアナで、自宅庭にも数匹が住んでおり、また、隣敷地の林の中には、何匹ものグリーンイグアナが生息しています。
 この大型のトカゲ、イグアナとは対照的に、非常に小型なのが今日のトカゲで、これまで見かけた最大の固体でも、全長は15cm 程です。家の中に、独占的に居住するヤモリとは違う種類ですが、大きさ加減は似ています。
 この写真のトカゲが、以前このブログでも登場した、オスの首の下が扇のように開き、綺麗なオレンジ色のひだを見せる、アノールの仲間だと思います。ただこの撮影のときは、そののどの飾りを開く場面はありませんでした。
 このトカゲの名前を調べているときに知ったのですが、自然世界遺産に登録されている、小笠原所諸島では、北米に住むグリーンアノールが外来種ながら繁殖し、島独自の昆虫などが絶滅の危機に瀕しているとのことです。こういった話を聞いていつも思うのですが、なぜ外来種は、彼らの住み慣れた地ではないにも関わらずそれほど繁殖力が強いのかということです。
 もしかしたら、本来ならそれほど繁殖できず自然に淘汰されてしまうが、たまたま繁殖した例のみが我々の耳に入ってくることから、外来種が強いという印象を抱くのでしょうか。
 何らかの形で人によって持ち込まれた動物が、その地に競争相手や天敵が多い場合は繁殖できないのでしょうが、たまたま食物連鎖の頂点に立った場合は、彼らにとって絶好の場所になるのでしょうね。例えばオーストラリアのディンゴ、セントルシアのマングースなどのように。
 カメラはSony α57に、レンズはSony DT55-300です。撮影データは、35ミリ版換算450m、ISO400、F/5.6、1/500sでした。大きな写真は、クリックして更に大きく見ることが出来ます。
 このトカゲは、対象として小さいのと、その体色が災いしてか、ピントの合いにくい被写体の代表です。でもぴったり合った時は素晴らしい臨場感を見せてくれますから、撮りがいのある被写体でもあるのです。

by yagyu-toubei | 2013-09-10 13:41 | 爬虫類 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 09日

緑の中のオレンジ色

b0132475_1144559.jpg

b0132475_1152112.jpg この中米B国でも今日は日曜日、珍しく朝から太陽が照っており、天気は良さそうですが、雨季の最中だけに、地平線近くには厚い積乱雲が見え、安心はできません。でも、こんな天気の良い日には、家の中でじっとしているわけには行かず出かけることにしました。
 自宅から車で30分も走ると、まだ人家はありますが、非常にまばらになり、道路沿いには低木のブッシュが広がっており、遠くにはジャングル然とした森が見えます。道路端のブッシュといっても、大抵は水が張っているか、土が水を含んでいますから、とても歩ける状態ではありません。こんな土地だからこそ開発が難しく、土地利用が進まないのだろうと想像します。
 今日のお出かけの目的は、新しいバードウオッチングエリアの開拓です。郊外に向かってしばらく車を走らせると、土の見える脇道があり、試しにと少し入りましたが、土が軟らかくタイヤが埋まりそうになります。先に進むのをあきらめて引き返し、他の脇道を探すことにしました。
 少し行った先に、今度は草に覆われた、真っ直ぐ伸びる脇道がありました。横には水草が茂った側溝がありますから計画的に作った農道のようです。幹線道路に近い場所には木があまりないのですが、300メートルほど先には森が見えます。これなら鳥に会えそうと、車で少し乗り入れて停め、森まで歩くことにしました。
 結果的には期待したほどの野鳥には会えなかったのですが、しかし、野草に集まる何種類かの蝶がたくさんいました。今日の一枚はその中の1種類で、体格は日本のアゲハチョウより少し大きめで、背中側の羽のオレンジ色が非常に目立ちます。そして、おなか側の白と茶色のまだら模様がとても綺麗な蝶でした。
 色は少し違いますが、よく似た蝶を中米のコスタリカでも見かけましたから、この辺りでは多い種類かもしれません。
  カメラはSony α57に、レンズはSony DT55-300です。撮影データは、35ミリ版換算450m、ISO400、F/8.0、1/1000sでした。大きな写真は、クリックして更に大きく見ることが出来ます。
 それにしてもこのカメラとレンズの組み合わせ、無限遠からマクロまで、どの距離レンジでも本当に良く写ります。

by yagyu-toubei | 2013-09-09 11:15 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 08日

Black Howler Monkey (ブラックホーラーモンキー:クロホエザル)

b0132475_10571115.jpg

b0132475_10572630.jpg 先週に続いて、今週もこの中米B国の、最大の都市郊外にある、川のほとりに建つホテル近くに行ってきました。今回はホテル周辺で、めぼしい鳥を見つけられなかったことから、ホテルの敷地に入り、あちこち歩き回りました。ただで歩き回るには気がひけることから、プールサイドに座ってレモネードジュースを注文しました。このドリンク、このホテルでは日本円で170円ほどでした。
 ホテルのプールサイドには枝振りの良い木があり、そこに黄色いかわいらしい鳥、イエローウエブラーが訪れたり、頭の黄色が目立つイエローへディッドパロットがいたりするのですが、今日は全くそれらの鳥を見かけませんでした。ただ、プールから見える高い梢にオリーブ色のインコ、オリーブスローティッドパラキートが来ていました。しかしこのインコ、葉のある枝に停まると、どんなに泣き声を聞いても見つけることは困難です。
 ジュースを飲み終わり、屋内のカウンターに料金を払いに行くと、そこで食事していた黒人家族が外の枝にサルがいることを教えてくれました。その方向を見てみると、何頭かの黒い生き物が、枝を激しく揺らせながら移動していました。
 早速外に出て木を見上げると、合計3頭のホエザルが新芽を食べています。先週見かけた群れと同じかもしれません。
 これまで何度もこのサルを見ていますが、こんなに近くまで寄ったのは初めてでした。その距離は5メートルありません。最近日本では、サルに噛まれる被害が出ているとのことで少し警戒したのですが、でもサルたちは人間が近付いても一向に気にせず、黙々と食事を続けていました。
 ところでこのサルは、彼らの動きを見ていると、尻尾の力が非常に強いようで、尻尾だけで枝にぶら下がり、四本の手足を自由に使っていました。今日の写真もそんな一場面です。我々にもこんな尻尾があったら便利でしょうね。そうなれば、電車の中では、みんな手摺に尻尾でぶら下がるのかも知れませんね。
  カメラはSony α57に、レンズはSony DT55-300です。撮影データは、35ミリ版換算157m、ISO400、F/5.0、1/250sでした。大きな写真は、クリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2013-09-08 11:11 | | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 07日

上空のトキたち

b0132475_12431720.jpg

b0132475_12222689.jpg この中米B国の、最大の都市の住宅街にある、自宅上空を通過するトキたちの群れは、8月終わり頃から見られ始めたのですが、今現在、その頃と比べてそれほど数は増えているようには思えません。その数少ない群れの通過を、晴れた日の夕方、自宅のベランダに出て、楽しみに待ちます。
 その通過する鳥たちを見ながら、鳥が空を飛ぶことを、何も考えない頃は特に気にもせず、当たり前のこととしていたのですが、気になり始めると、どうしてあんなに自由に飛ぶことができるのかと、それが驚異的な出来事に思えてなりません。魚が水中を泳ぐのは十分に理解できるのですが、鳥が空を飛ぶのはどうしても信じがたい出来事なのです。
 かつて地球には空を飛ぶ生き物はいなかったのですが、或る時から、多分ある恐竜が空を飛ぶ方向に進化し始め、ついにはそれを実現したのです。翼を羽ばたくために骨格が変わり、前足は翼へと変化し、骨は多孔質で丈夫で軽い構造となり、体毛は風を受けられるように独特な羽に変わり、常に軽くするため食べたものはすぐに消化し、体に余分なものを貯めないようになりました。総ては空を飛ぶために進化したのです。その進化は大成功を収め、今では地球上に1万種といわれる鳥たちが生息しています。
 自宅上空を飛び去る鳥たちを見ていると、翼を羽ばたくだけでどうして空に浮かび、更に素晴らしいスピードで前に進むことができるのか。犬や猫や虎や我々地上の動物は、ただただ憧れの目つきで上空を見上げるしかありません。
 我々人間は地上で暮らし、それが総ての世界観を作り上げているのですが、鳥たちが上空から捉えている地球は、我々とは全く違う世界なのでしょうね。犬や猫や虎や我々人間は2次元の世界ですが、鳥たちは3次元の世界で暮らしているのですから。
 我々地上の動物は鳥たちにあこがれますが、鳥たちは決して地上で暮らしたいなどとは思わないでしょうね。彼らはそのために空を飛ぶように進化を果たしたのですから。
 下の小さな写真は、月を背景に飛んでいます。
  カメラはSony α57に、レンズはSony DT55-300です。撮影データは、35ミリ版換算450m、ISO400、F/10.0、1/600sでした。大きな写真は、クリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2013-09-07 12:30 | | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 07日

Bear-Throated Tiger-Heron (ベアースローテッド タイガーヘロン)のいる庭

b0132475_0282453.jpg

b0132475_0291243.jpg この中米B国の、自宅から車で5分ほどのところに、川のほとりに建つホテルがあります。このホテル、都市部から近いため、周りの森は切り開かれて既に無くなっていますが、川のほとりには、ある程度の幅に大きな木が茂り、今でもジャングルのような様相を見せています。
 ですから、この川の周辺は野生動物たちの自然そのままの住処であり、楽園なのです。野生の楽園は陸上や木の上だけでなく、水中にはイルカ、大きな魚、マナティ(ジュゴン)、それにクロコダイルたちが泳いでいます。
 その川のほとりに建つホテルのすぐ下流に人家があり、そこには広い庭があります。庭には何本もの大きな庭木が茂り、また大きな池があります。2日前にこのブログでお見せしたイグアナとホエザルの写真はこの庭で撮ったものなのです。
 今日の写真の Bear-Throated Tiger-Heron (ベアースローテッド タイガーヘロン、日本語ではノドヒゲトラサギでしょうか)は、イグアナやホエザルを見かけた翌日に、同じ池のほとりで撮った一枚です。このサギは目つきが非常に鋭いのが特徴で、下の顔のアップの写真でその感じがお分かりいただけるかと思います。
 でもこの顔つきとは裏腹に、割と人に対してフレンドリーで、ある現地の人が釣った魚を近くに投げてやると、急いで近くによって来てそれをくわえ、そそくさと離れて飲み込み、また次のおこぼれを待つといった光景を見ました。
 このタイガーへロン、コスタリカでは、街から遠く離れたカリブ海の、河口近くのジャングルで見かけ感動していたのですが、この国では都市部でも普通に見ることが出来てしまうのです。
 この国の最大の都市は、本来なら湿原のジャングルであるところに街を作ってしまったから、こんな風にジャングルの野生を身近に見ることが出来るのでしょうね。ここは人と野生が共存している貴重な事例かもしれません。
 カメラはSony α57に、レンズはSony DT55-300。大きな写真はクリックするとさらに大きく見ることができます。

by yagyu-toubei | 2013-09-07 00:42 | | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 06日

カメラ雑誌 その2

b0132475_1444035.jpg

b0132475_145581.jpg 先日カメラ雑誌の話題で、これまでに感じていることを書いたのですが、今日はその続きです。
 昔、カメラ毎日という月刊誌が発行されており、毎月発売日を楽しみに待つほどに好きなカメラ雑誌だったのですが、廃刊となってしまいました。
 この雑誌は毎月の記事の中にレンズテストがあり、各社のレンズを極めて技術的にテストしていました。テスト後の評価には何の思い入れや感情が入っておらず、事実に基づいて極めて客観的な意見が述べられていました。また評価者は、レンズは数値だけで評価できないことを重々承知しており、よって実写での評価も納得の講評だったのを覚えています。
 更にこの雑誌は、1年に1回以上の特集号が発売されました。その内容が非常に濃くて興味深い記事ばかりだったことから、永久保存版として今でも保管してあります。その特集号は月刊誌が廃刊となった後にも続いて発行され続けました。後年に発売されたある特集号を、私が当時海外在住で購入できなかったため、友達のプロのカメラマンが日本でそれを買って送ってくれました。彼もこの雑誌の愛読者だったのですが、その特集号も今はもう発売されていません(多分)。
 この雑誌、カメラ毎日はおそらく、出版界で生き残るためには、あまりにもポリシーがまじめ過ぎ、不器用だったのかもしれません。そのまじめすぎた内容が仇となって一般受けしなかったのかもしれませんね。或いは、日本のカメラ、写真界が十分に発展し、自身の雑誌としての役目を終えたと判断したのでしょうか。当時はこのカメラ毎日に加えて、朝日カメラ、日本カメラと3誌もありましたから。
 思い出すのは、カメラ毎日は他の2誌に比べて、記事以外の広告ページが少なく、その分本の厚さが薄く軽かったのです。それに比べて日本カメラの厚かったこと。この辺りにもカメラ毎日のまじめな姿勢が現れていたのだと思います。
 さて今日の作例ですが、この写真も前にもお話したことのある、うちわを利用した自作のレフ板を使って撮った一枚です。8月29日に、このブログに載せたマヤ遺跡で撮った写真より光の当り方がソフトで、それと言われなければ分からないほど自然ですが、でもレフ板による効果が十分に現れています。
 レフ板一つで写真の質がぐっと変わりますから、機会があれば試されることをお勧めします。このカメラ、レンズがこんなに高性能だったのかと再認識されること請け合いです。プロが撮った写真の女性が綺麗に写っているのはこのせいだったのかと納得されるはずです。
 カメラはSony α100に、レンズはMinolta AF35-105/3.5-4.5です。大きな写真をクリックすれば更に大きく見ることができます。

by yagyu-toubei | 2013-09-06 01:38 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 04日

人家そばの野生の楽園

b0132475_13104832.jpg

b0132475_1311530.jpg この中米B国で、先週末の土曜日に、自宅から車で15分ほどのところの、川のほとりに建つホテルの近くに行き、拓卵されたと思われる鳥の親子に出会った話をしました。その翌日曜日に、もう一度その親子を見ようと同じ場所を訪れた際に、その親子は見ることがでなかったのですが、偶然にも託卵した親鳥と思われるサルタドールに会ったといういきさつでした。
 その初日の土曜日なのですが、上記の鳥の親子以外にも幾種類かの鳥や、サル、イグアナにも出会いました。サルやイグアナがいた場所は、人家の敷地にある庭木の上でした。イグアナは、街中や自宅敷地にも数匹いることから特に驚きはないのですが、街から近いこの場所でホエザルを見たのは初めてです。そのホエザルたちは少なくとも3頭以上で、樹上でのんびりと葉を食べていました。
 その人家のある庭には、大きな池があり、そこにはタイガーへロン、日本語ではトラサギとでも言うのでしょうか、更には、この敷地の隣の木には、実は、最近このブログに何回か登場しているトロゴンもいたのです。いずれこれらの写真を掲載する予定です。
 さて今日の写真のグリーンイグアナについて、この画面には1匹だけですが、この木の更に高い場所、それに地上にと、合計少なくとも4匹がいました。草深く、池のあるこの人家の庭は、彼らにとって楽園でしょうね。樹上にいたホエザルたちも、私が視界に入っても全く気にする様子はなく、実にのんびりと葉を食べていました。
 日本では、鹿や猪の被害を恐れ、畑の周囲はネットで覆われ、モグラを排除するためのペットボトルの風車が回っており、人間と野生の距離の遠さを感じます。何とか日本でも、野生の生き物たちとうまく暮らせる方法はないのですかね。こちらの野生動物を見ているとふとそんなことを思います。
 カメラはSony α57に、レンズはSony DT55-300です。大きな写真は、クリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2013-09-04 13:12 | 爬虫類 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 03日

「親と子」の続き

b0132475_1372931.jpg

b0132475_1375044.jpg このブログの9月1日の記事の中で、「親と子」というタイトルで、フーディッドオリオールが、自身とは似ても似つかぬ雛に餌を与え、かいがいしく子育てをしている写真を載せました。しかし、その親子の姿があまりにもかけ離れていることから、これはもしかしたら托卵によって、オリオールが他人(他鳥)の子を育てているのではないかとの話題でした。
 そのことが気になって翌日の日曜日、物好きにも、もう一度あの親子を見ることが出来ないかと、同じ場所に出かけてみました。雲の厚い空模様で、時々雨がぱらつくいやな天気でした。現地に着いてみると、自宅より更に悪い天気で既に降っており、しばらく車の中で雨が上がるのを待ちました。
 10分ほどしてから、昨日親子を見かけた辺りを入念に探しましたが、声は聞こえず、姿はありません。ところが、私の立っているすぐ近くの木の枝に、一羽の鳥がやってきました。すかさずカメラを向け撮影し、背面のモニターで確認して驚きました。
 その姿は、あの昨日の黒い雛によく似ているではありませんか。まるで親鳥のようです。黒を基調とする体色、太いくちばし、親と子にふさわしい体の大きさの比率、同じ場所で見かけたこと、何から何までこの両者が親子であることに符合しています。
 この後、雨が激しくなり、撮影をあきらめ帰りました。自宅に戻って早速この鳥を調べてみると、Grayish Saltator (グレイッシュ サルタトール)という名で、手持ちの図鑑には、この鳥が托卵の習性があるようには書かれていません。また、別のインターネットサイトに以下のような説明があります。
「Saltator is a genus of songbirds of the Americas. They are traditionally placed in the cardinal family (Cardinalidae) but now seem to be closer to tanagers ( Thraupidae). 」サルタトールは米州の歌い鳥で、これまでカージナルのグループに分類されていたが、むしろタナガーに近いのではとのことで、ここでも特に托卵の習性には触れていません。
 物事を状況証拠だけで決め付けるのは非常に危険ですが、それにしてもこの一連の出来事は何を物語っているのでしょうか。これらは何の因果関係がなく、私が勝手に想像しているだけかもしれませんが、反面、そんなことを思わせる自然は面白いですね。それにしても見れば見るほど、この2羽よく似ています。この2羽が子育ての場面に登場すれば、全く違和感はないのですが。
 カメラはSony α57に、レンズはSony DT55-300です。大きな写真は、クリックして更に大きく見ることが出来ます。
b0132475_1383116.jpg
 

by yagyu-toubei | 2013-09-03 13:18 | | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 02日

Minolta と Sony のレンズ

b0132475_5303813.jpg

b0132475_5313898.jpg ミノルタからソニーに、一眼レフカメラ事業が引き継がれた過程で、いくつかのレンズが、内容の変更を受けたのかどうか分かりませんが、そのまま名前を変えてソニーレンズにラインナップされました。今日の作例を撮ったMinolta AF24-105/3.5-4.5もその一つで、つい最近生産終了となるまで、長い間作り続けられたレンズです。
 このレンズは、ミノルタから発売された当時、その高性能が認められ、24-105ミリズームレンズとして、一つの指標となったほどの出来で、現在でも十分に通用する能力を持っています。
 そのレンズをソニーの最新レンズDT55-300/4.5-5.6SAMと比べてみると、やはり設計の新しさ、製造技術の進歩、コーティングの違いなどの結果でしょう、コントラストではDTが勝ります。解像力に関しては、両者とも水準以上かと思いますが、ソニーのほうに鋭さ(切れというのでしょうか)を感じます。逆光性能においては、文句なしにソニーに軍配が上がります。ただ、ミノルタは造られてから相当な年月が経っていることから、それなりの劣化があるものと差し引いて考える必要があるかもしれません。
 こうして新しいレンズを使ってみて感じるのは、最新のレンズの性能の良さは驚くばかりで、入門用、低価格だからといって、性能がそれなりに低いわけではないことを実感します。
 ただレンズは、数値に現れる部分だけで評価できるものではないとも思いますから、高いコントラスト、鋭い解像力であれば鳥を撮りたいと思いますが、人物を撮るのであればMInolta AF24-105を選びます。
  カメラはSony α57に、レンズはMinolta AF24-105/3.5-4.5です。撮影データは、35ミリ版換算112m、ISO400、F/5.0、1/160sでした。大きな写真は、クリックして更に大きく見ることが出来ます。
 
 

by yagyu-toubei | 2013-09-02 05:35 | 機材 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 01日

親と子

b0132475_858920.jpg

b0132475_8585024.jpg この中米のB国で、今日は久しぶりに、この国に来てはじめの頃に良く訪れた、川のほとりにあるホテル周辺へ行ってみました。着いて車を停め、降りるとあちこちから鳥たちの鳴き声やさえずりが聞こえてきます。しかし今は木々に葉が多いことから、それらの声の主を見つけるのは容易ではありません。
 しばらく歩いて、樹上のほぼ真上から聞こえてくる雛の泣き声を頼りに探すと、いました。黒い大きな雛に黄色い綺麗な鳥が餌を与えているようです。しかしその餌を与えている親よりも、黒い雛のほうが大きく見えます。しばらくこの位置で、この場面を何枚か写真に収めたのですが、彼らの位置が木の葉の下で暗く、うまく撮れません。
 しばらくして親が去り、近くのヤシの木で餌探しをしていると、黒い子供はつたないながらも飛び立ち、親の近くの木の枝に停まりました。そこで盛んに餌をねだっています。その声に追われるかのように、綺麗な親鳥は餌探しに一生懸命でした。
 この親鳥を演じているのは、Fooded Oriole (フーディッド オリオール)で、この辺りでは比較的良く見かける種類です。しかしのこの子を演じている鳥は何者でしょう。この2羽が親子とはとても思えません。図鑑を見ましたが、フーディッドオリオールの雛のイラストはありませんから確かなことはいえないのですが、これは托卵された他人の子ではないでしょうか。
 托卵する鳥として日本ではカッコウやホトトギスがいますが、この国ではどうなのでしょうか。この国でもカッコウがいますからもしかするとそうかもしれません。托卵なんて人間の世界では到底許される行為ではありませんが、野性の世界では日常茶飯事なのですね。
 カメラはSony α57に、レンズはSony DT55-300です。大きな写真は、クリックして更に大きく見ることが出来ます。
b0132475_858231.jpg 

by yagyu-toubei | 2013-09-01 09:07 | | Trackback | Comments(0)