人気ブログランキング |

とことん写真

tocofoto.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:鳥( 1321 )


2019年 04月 14日

日本 散歩コースのカケス

b0132475_20032346.jpg
 岐阜市近郊にある自宅の周辺を昨日の土曜日、久しぶりに散歩しました。この4月から勤めに出始めたことから、これまでのように毎日散歩とはいかなくなったのです。
 久しぶりにいつものコースを歩き始めてしばらく行くと、3羽の鳥が青空を横切るように飛んでいるかと思ったら、なぜかUターンするような形で近くに木に停まりました。
b0132475_20033231.jpg その木は私がこれから向かう方向にあり、まるで私のために戻ってきたような感じに見えました。その鳥がなんと、いつも出会いたいと願っているカケスだと気が付き、その幸運に驚きました。
 しかし3羽のうち2羽は停まったのちすぐに飛び去ってしまいましたから、残った1羽のカケスとの距離は少しばかり遠かったのですが、逃げられる前に撮っておこうとシャッターを切った時の写真がこれです。
 数回シャッターを切った後、もう少し近づいて撮ろうと、足を踏み出そうとした矢先に残った一羽も飛び去ってしまいました。
b0132475_20034263.jpg 撮れた写真は少なかったのですが、このコースでカケスに出会うことは、これまでほとんどありませんでしたから、この日はラッキーな散歩となりました。
 3枚目はこの日に撮った散歩コース上にある桜で、青空に映えて美しく輝いて見えました。

b0132475_20040321.jpg
 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離220mm、35ミリ版換算600mm、ISO 400、F 8.0、1/1,600sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


by yagyu-toubei | 2019-04-14 20:05 | | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 13日

日本 桜とモズ

b0132475_19474747.jpg
 この4月から勤めに出始めたことから、これまで毎日の日課であった岐阜市近郊にある自宅周辺の散歩をすることができなくなってしまいました。無論早起きすればできなくはないのですが、今のところそれほどの余裕がありません。
b0132475_19475666.jpg 今日4月13日の土曜日は、朝から快晴で青空が広がっていました。久しぶりにいつもの散歩に出かけ、散歩コースの根尾川沿いにある桜が満開時期は過ぎたとはいえ、まだそれ程散ってはおらず、青空をバックに美しく咲いていた花を楽しみました。
 その桜を撮っていたところ、モズが近くの枝まで来て盛んに威嚇するような鳴き方をしていました。多分この近くに巣があるか、或いはこれから作ろうとしているため、私が近づいたことで神経質になっていたのでしょう、こうしたモズの行動は毎年この時期に繰り返されています。
b0132475_19480458.jpg こうして威嚇する場合、モズは私のすぐ近くまで来ますから撮影のチャンスであるのですが、一方で彼らをあまり刺激したくはありません。静かに彼らの写真を撮り、速やかに立ち去るようにしています。
 今日の写真は、そのモズのオスが桜の木に停まっている場面で、とても季節感のある写真が撮れました。今年、桜とメジロの場面が撮れなかったことは残念ですが、代わりに桜とモズで良しとします。

b0132475_19484565.jpg 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離220mm、35ミリ版換算600mm、ISO 400、F 6.3、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。 

by yagyu-toubei | 2019-04-13 19:49 | | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 11日

日本 栗畑のジョウビタキ

b0132475_19555751.jpg
 岐阜市近郊にある自宅周辺は、日本各地で見られる典型的な農山村地帯で、一年を通じて豊かな自然が息づいています。
b0132475_19560863.jpg かつてこの辺りの農家のほとんどが米を作っていましたが、減反政策が始まる頃になるとそれまでの田んぼに、それまで以上に柿の木を植えるようになり、その後は麦畑が増え、今では水田はほとんど見られなくなっています。
 こういった変化は、野生動物たちにどのような変化を与えるのか興味深い所ではありますが、思うに、羽化前に水中で育つトンボやホタル、それに水中でオタマジャクシとして育つカエルなどの数は減り、それを餌とする動物たちも減っているのだろうと思います。
b0132475_19562540.jpg カエルが減ればヘビが減り、それを狙う猛禽類も少なくなるはずですから、それを思うと寂しい気がします。
 今日の写真は、自宅隣の栗畑に現れる冬鳥のジョウビタキで、今年も元気な姿を見せてくれていましたが、もうそろそろ北に帰ったかもしれません。
 私は幼い頃にこのジョウビタキを見て、その美しさに感動し、鳥が好きになったような気がします。来年も元気な姿を見せくれることを祈っています。

b0132475_19564050.jpg 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離220mm、35ミリ版換算600mm、ISO 400、F 5.0、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2019-04-11 19:58 | | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 10日

日本 麦畑のキジ

b0132475_20353160.jpg
 岐阜市近郊にある自宅の周辺を、時間とお天気が許す限りカメラを持って散歩するのですが、冬が去って春の訪れとともに、野鳥の姿を見る機会がぐっと少なくなります。
 この時期は、散歩道に限らず自宅周辺ではウグイスがよく鳴いており、散歩道の柿畑ではツグミたちの北への旅立ちが近いのか、地上に降りて盛んに餌を探しています。
b0132475_20354375.jpg この時期見られなくなった冬の鳥たちですが、相変わらず良く姿を見せているのが今日の写真のキジです。
 朝早くに散歩に出れば、まだ誰もその道を歩いていないからなのか、ほぼ毎回キジに出会うことができますから、この周辺に生息しているキジの数は多いのだと思います。キジは狩猟目的で放鳥されているそうですが、そのせいなのか、昔に比べて数は増えているのかもしれません。
 今日の写真は、3月28日の散歩で見かけたキジで、私が彼に気づいた時は麦畑を走っている場面でした。
b0132475_20355272.jpg 1枚目の写真のように、彼はいったん麦畑の中で止まりこちらの様子をうかがっていましたが、私が近づくと追われるように逃げていきました。それが2枚目、3枚目で、この後にも彼はこの場所の餌に未練があるのか、安全な距離まで離れてからこちらの様子を探るかのように、しばらくじっとしていました。
 これからもこんなに美しい鳥であり日本の国鳥でもあるキジが、野山に増えてくれることを願っています。

b0132475_20361364.jpg 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離220mm、35ミリ版換算600mm、ISO 400、F 4.0、1/400sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2019-04-10 20:37 | | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 09日

日本 街中のキジバト

b0132475_19475449.jpg
 今月6日に、岐阜市近郊にある自宅から車で40分ほどの距離にある、大垣市内の水門川に桜を見に行った件については、既にこのブログ上でお知らせしています。
 川沿いに植えられている桜の花は丁度満開で、素晴らしい花見を満喫できたのですが、その時に今日の写真のキジバトに出会いました。
b0132475_19480244.jpg キジバトは通常農村部から山間部に多く、山々を眺めながら夕方に聞くその鳴き声は何とも言えない哀愁を帯びているのですが、そのキジバトに街中で出会い、更に、多くの人出でにぎわっている歩道の足元にいたのですから驚きでした。
 このハト、よほど人間に慣れているのか、1mほどに近づいても逃げようとしませんでした。
b0132475_19481917.jpg 一部の野鳥たちは自然の中で暮らすより、人間に近い場所で人々の出すゴミを食べ、時にはエサをもらえることを期待して、街中に住処を移しているのかもしれません。
 それがどんな影響を与えるのか分かりませんが、これも人間と野生の関わりの一つの形かもしれません。多分こういったことは今に始まったことではなく、昔からあったのでしょうね。

b0132475_19485444.jpg 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離151.1mm、35ミリ版換算412mm、ISO 400、F 4.0、1/400sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


by yagyu-toubei | 2019-04-09 19:52 | | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 04日

日本 文殊の森のコゲラ

b0132475_21085903.jpg
 岐阜市近郊にある自宅から車で15分ほどの所に、それほど高くないいくつかの山に散策道などを整備した自然公園、文殊の森があります。
b0132475_21090991.jpg 公園の入り口近くにはバーべキュウテラス、バンガロー、滑り台などがあり、家族で楽しめる憩いの場となっておりますが、夏場のバーベキューテラス以外、休日でもそれほど人出は多くなく、せっかく良く整備された場所でありながら、少し寂しい感じがします。
 いくつかの山に渡って縦横に走る散策道は変化に富んでおり、春の桜、ツツジ、夏の青葉、秋の紅葉と四季を通じて楽しむことができ、また山からの素晴らしい眺めも一見の価値があります。
 またこの散策道は、針葉樹ばかりでなく、その大半が広葉樹の森となっていますから、多種類の野鳥を観察することができます。ただ、この森から想像するほどに、これまで多くの鳥たちに出会っている訳ではありません。これについては少し意外に思っています。
b0132475_21091942.jpg 今日の写真は、今年の3月28日に散策道を歩いている時に出会ったコゲラですが、彼らは鳴きませんが、いつも木をつつくドラミングが聞こえますから、耳を澄ましていれば発見するのはそう難しいことではありません。この文殊の森で最も出会う機会が多い鳥の一種だと思います。
 コゲラはそれほど人を怖がらず、無心で木をつつくその姿は、体が小さいこともあってかわいらしく、とても愛くるしいキツツキだと思います。

b0132475_21083775.jpg 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離220mm、35ミリ版換算600mm、ISO 400、F 4.0、1/400sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2019-04-04 21:10 | | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 02日

ベリーズ 巨木とカッコウやオリオール

b0132475_19451125.jpg
 中米の国ベリーズの最大の都市であるベリーズシティから、車で北西に1時間ほどの所にクルックドツリー野生生物保護区があります。
 この保護区は乾期になると保護区内にある湖の水位が下がり、魚が捕れやすくなることから、周辺から国境を越えてたくさんの水鳥たちが集まってきます。
b0132475_19451931.jpg そしてその水鳥たちの織りなす野生の営みを見ようと、世界中からバードウオッチャーたちが集まります。
 でもこの保護区の魅力はそれだけではなく、湖に囲まれた村の中にそびえるたくさんの巨木もまた見ごたえがあります。
 その巨木をはぐくむ豊かな自然は、水鳥に限らずその他の多くの鳥たちの営みを見せてくれます。
 1枚目の写真は、保護区内に育つ木の中でも最も幹が太いと思われる1本で、空に大きく広がるその枝を見上げると、それだけで一つの世界を形作っているように思えるほどです。この木からはいつもたくさんの鳥たちの鳴き声が聞こえます。
b0132475_19452787.jpg 2枚目は村の中でよく見かけるカッコウで、驚くほどに人間を怖がりません。その大胆な行動に、時にはこちらが心配するほどです。
 3枚目はオレンジ色がとても印象的なフーディッドオリオールで、彼はどこにいても良く目立ちます。

b0132475_19441567.jpg 使用機材のカメラは Sony α77Ⅱ、レンズは Sony 70-300mm F4.5-5.6 G SSM。大きな写真の撮影データは、焦点距離75mm、35ミリ版換算112mm、ISO 400、F6.6、1/200sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2019-04-02 19:47 | | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 01日

日本 ウグイスと桜

b0132475_20150791.jpg
 岐阜市近郊にある自宅周辺では、あちこちで桜が咲き始め、山の斜面や道路脇のいくつかは既に満開を迎えています。
 でもその一方で、今年は開花してからあまり暖かくならなかったためなのか、咲きそうで咲かないといった全体の開花が遅れているような気がします。今日も冷たい風が吹いていました。
b0132475_20151415.jpg そんな中、自宅周辺の散歩コースや自宅周りの林の中でウグイスが盛んに鳴いており、我が家周辺にこんなにたくさんの数がいたのかと改めて思うほどです。また麦畑ではヒバリがよく鳴いており、こちらも例年以上に数が多いような気がします。
 今日の写真の一枚目、二枚目は、自宅周辺のいつもの散歩コースで見かけたウグイスで、私のウグイスの鳴きまねをした口笛に誘われて姿を現しましたものです。彼は鳴き声は聞こえるのに仲間の姿がないことからとても困惑しているように見え、盛んに呼ぶかのように鳴いていました。
b0132475_20152368.jpg こうして相手をだますのは悪いような気がしますが、こうでもしないとウグイスの姿を写真に撮るのは結構難しいのです。
 3枚目は自宅すぐ前の国道沿いにある木で、今日撮影の写真ですが満開でした。光の加減で色が少し淡く見えますが、実際にはこの辺りでは最も美しいピンク色の花です。

b0132475_20143656.jpg 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離220mm、35ミリ版換算600mm、ISO 400、F 5.0、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2019-04-01 20:17 | | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 30日

ベリーズ 川岸の Laughing Falcon(ラーフィング ファルコン)

b0132475_20124603.jpg
 中米の国ベリーズの最大の都市であるベリーズシティから、車で30分ほど西に行くと、いくつかの小さな集落を過ぎた所で、この国最大の川であるベリーズ川に架かる橋に出会います。
b0132475_20130197.jpg この川の両岸は大きな木が茂るうっそうとしたジャングルになっており、その地面は川の水位によって水が着く湿地のような状態ですから、陸側からは容易に近づけません。
 舟で川に漕ぎ出し水上からこの森を観察する以外に、森をじっくり見ることができるのは橋の上からしかありません。
 ある日この橋の上から周りを見ていた時、川岸の木の梢に1枚目の写真のとおり Laughing Falcon(ラーフィング ファルコン)が羽を休めているのを発見しました。このタカはヘビが大好物で、いつも木の上から地上を眺めている場面に出食わします。
b0132475_20132094.jpg そしてそのタカからそれほど遠くない所に、いつもグリーンイグアナがたむろしている木があり、この日も2枚目の写真の通り大きなオスが日光浴を楽しんでいました。
 もしかしたらイグアナはタカの餌の対象かもしれませんが、これほど大きくなると襲うことができません。何しろこのイグアナ、尻尾を含まない体長だけでも1m近くあるのですから。
 橋から上流方向を見た川の様子は3枚目の写真の通りで、両岸にはこのように人の入る隙間がないほどにびっしりと樹木が茂っています。この川、幅はそれほどではないのですが、深く、水量が多いようです。そして雨期の洪水期には水位が上がり、川幅はぐっと広がります。

b0132475_20142700.jpg 使用機材のカメラは Sony α77Ⅱ、レンズは Sony 70-300mm F4.5-5.6 G SSM。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F8.0、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2019-03-30 20:15 | | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 29日

日本 栗畑の野鳥たち

b0132475_20041931.jpg
 昨日のこのブログ上で、岐阜市近郊にある自宅の隣の栗畑に自作の巣箱をかけたところ、早速シジュウカラがこの巣箱を利用して巣作りを始めたことをお知らせしました。
b0132475_20043675.jpg それ以降、時々物陰に隠れて彼らの動きを見ているのですが、盛んに巣箱を出入りするのが見られます。しかし、全く動きを見せないと思われる時間帯もあることから、私の見落としでなければ定期的に休憩時間を取っているのかもしれません。
 そうやってシジュウカラの動きを観察していると、栗畑にやってくる他の鳥たちに出会う機会が増えますが、今日の写真はそんな訪問者を3月26日に捉えたものです。
 1枚目は多分巣箱に巣作りをしているシジュウカラで、辺りを警戒しているのか、巣の近くの栗の木でしばらく過ごすことがありますが、その時の一枚です。
b0132475_20044805.jpg 2枚目は、時々この栗畑を訪れるジョウビタキのオスで、地上に降りてはまた梢に戻るといった動きのを繰り返していますから、多分餌を捕っているのでしょう。
 3枚目は近頃、シジュウカラを観察するため栗畑をよく見ているせいか、良く見かけるようになったエナガです。真冬に比べると群れの個体数は減っていますが、この栗畑で最もよく見かける訪問者の一つです。
b0132475_20045712.jpg 4枚目は、数日前に庭の隅に初めて植えたイチゴの苗で、もう花が咲き始めています。早すぎるような気がしますが、何とか実をつけてくれるようにと祈っています。
 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離220mm、35ミリ版換算600mm、ISO 400、F 4.0、1/500sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。
 

by yagyu-toubei | 2019-03-29 20:07 | | Trackback | Comments(0)