とことん写真

tocofoto.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:スナップポートレート( 618 )


2018年 12月 11日

コスタリカ 背景はさわやかなサンホセの国家公園

b0132475_21041005.jpg
 中米の国コスタリカに滞在していた頃、当時住んでいたのは首都のサンホセにある、ダウンタウンに比較的近い住宅地のサンペドロで、そこはかつて高所得者層の住む地域でしたが、街が大きくなるにつれ、裕福な人たちは郊外に大きな土地を求め移り住んだことから、今では中間所得者層の住む地域となっています。
 その自宅のあったサンペドロ地区は交通の便が良く、朝晩の殺人的な渋滞に当たることなく通勤できる上、買い物にも便利な住み心地の良い場所でした。
b0132475_21042019.jpg 週末には自宅からダウンタウンに向けて散歩するのですが、その道沿いには見所が沢山ある、まるで観光客向けのようなルートで、毎週歩いても飽きないものでした。
 そのコース上の見どころの一つに Parque Nacional (国家公園)があり、2街区ほどの広さの公園の中央には独立時の戦いを象徴する大きな銅像が建っています。園内には芝生の緑地と大きな樹がまばらにあり、あちこちにベンチが置かれ、市民の憩いの場で、時には大きなイベントも開催されます。
b0132475_21043181.jpg この公園の周りは官庁や公共の建物が多く、議員会館、国立図書館、憲法裁判所、アトランティック鉄道駅など、そして写真にある Centro Nacional de la Cultura (国立文化センター)などがあります。
 ちなみにこの文化センターの建物は、かつての酒造所でそれを改築したものです。2枚目が文化センターの展示会場側の門、3枚目が事務室や劇場に近い入り口です。建物に歴史的趣があっていいですね。
 1枚目の写真は国家公園内でのスナップで、さわやかな空気感がありますが、ここサンホセは熱帯地方に位置しながら標高が1172mもあることから、一年を通じて快適に過ごすことができ、日本のような暑さ寒さとは無縁の、うらやましい土地なのです。

b0132475_21045479.jpg 使用機材のカメラは Canon Power-shot S80。大きな写真の撮影データは、焦点距離8.8mm、33ミリ版換算43mm、ISO ?、F4.0、1/320sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2018-12-11 21:06 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 07日

ベリーズ 背景は南国のブーゲンビリア

b0132475_20042651.jpg
 中米の国ベリーズは、国土面積が日本の四国ほどの広さに対して、人口が約36万人と極端に人口密度の低い国です。更にその4割は周辺国からの移民で構成されています。人種の多くは現住のインディヘナとヨーロッパからの混血で、アフリカ系の人々や、その血が混じった人たちも多く住んでいます。
 ベリーズの一人当たりの名目GDPは、2017年調べで4.800US$SNA ( 出典はIMF )ほどで、世界第101位です。因みに日本は第25位の約38,400US$ですから、日本の1/8でしかありません。
b0132475_20043489.jpg そんな発展途上の貧しい国ではあるのですが、人々は総じて陽気に暮らしており、人口が少ないおかげで街中であっても自然は豊かで、うらやましいと思う部分も多々あります。
 人々は日本に比べて生活は貧しいのですが、しかしやはり富裕層は存在し、この国最大の都市ベリーズシティの一部地域では彼らの豪華な暮らしぶりを見ることもできます。
 その住宅地は敷地が広々としており、しゃれた塀で囲まれていますが、その塀にはブーゲンビリアが植えられ、いかにも南国の明るい景色を作り出しています。
 今日の写真は、当時の自宅近くの中間層の上が住む住宅地で、デザインされた家々が並んでいます。ただインフラはまだお粗末で、傾いた電柱や乱雑な配線が発展途上国を物語っています。無論ここは国内でも非常によく整備された地区ではあるのですが。
 南国の青い空を背景に原色のブーゲンビリアは良く似合いますね。日本の寒い冬を迎えるたびに、ベリーズのあの暖かさと明るさが恋しくなります。

b0132475_20050038.jpg 使用機材のカメラは Fujifilm Finepix F200EXR。大きな写真の撮影データは、焦点距離6.4mm、33ミリ版換算29mm、ISO 200、F9.0、1/450sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2018-12-07 20:06 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 06日

日本 背景は毎年変わる紅葉

b0132475_19423224.jpg
 岐阜市近郊にある我が家周辺では、2018年の紅葉がついに幕を閉じました。今年はお天気に恵まれ、撮影チャンスは多かったように思うのですが、肝心の紅葉の出来が今一つだったと感じています。
 私が勝手に思っている原因の一つとして、この地方を襲った台風の影響で、山の木が風で大きくゆさぶられ、葉が少なかったのではと思っています。
b0132475_19424173.jpg 2016年に海外勤務の任期を終えて帰国以降、毎年私は紅葉の撮影ポイントを回って定点撮影のようなことをしているのですが、その写真を見返してみると、2016年の圧倒的な美しさに目を奪われます。それに比べると2017年、そして今年は大いに見劣りします。
 もちろん紅葉の撮影結果はその時のお天気が大きく影響するのですが、それも考慮に入れての評価で、更に撮影時期も大きく影響しますから、その点についてもこの撮影ポイントは自宅に近いことから、現地を何度も訪れて、最も美しいときを選んで撮影した結果なのです。
 1枚目の写真が今年で、2枚目が2016年ですが、この差は歴然ですね。

b0132475_19441382.jpg 撮影機材のカメラはSony α7Ⅱに、レンズは TAMRON AF 24-135mm F/3.5-5.6 AD ASPHERICAL [IF] MACRO。大きな写真の撮影データは、焦点距離35mm、35ミリ版換算35mm、ISO400、F8.0、1/320sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。
 2枚目の写真は、カメラは同じですが、レンズは Minolta AF24-105 F3.5-4.5で撮影しました。


by yagyu-toubei | 2018-12-06 19:46 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 24日

日本 背景は華厳寺参道の紅葉

b0132475_21431988.jpg
 11月21日水曜日に、岐阜市近郊にある自宅から車で15分ほどの距離にある、谷汲山華厳寺へお参りに行ってきました。このお寺は春の桜と秋の紅葉の名所で、その時期になると大勢の人が訪れますから思うように写真が撮れなくなります。それを知っていますから、ここに来るときは混雑が予想される週末を避けるようにしています。
b0132475_21434069.jpg さてその華厳寺の紅葉の具合ですが、両側に土産物屋や茶店が並ぶ参道はモミジが赤く鮮やかに色づき、ちょうど今が見頃を迎えています。1枚目、2枚目の写真でその様子がお分かりいただけると思います。
 でも山門をくぐって境内に入ると、3枚目の写真の通り意外にもまだ緑色のもみじが多く残っており、見頃はもう少し先になりそうな感じでした。
b0132475_21434876.jpg 今日は24日で、3連休の中日ですが、華厳寺方向に向かう車が列をなしていましたから大きな人出だと思いますし、明日もお天気が良いようですから、さぞやにぎやかなことになると思います。
 真っ青な青空を背景にして、参道を染める紅葉はまさに日本の風景ですね。こうした環境で写真が撮れることはうれしい限りです。

b0132475_21450813.jpg 使用機材のカメラはSony α7Ⅱにレンズは Tamron SP AF 24-135 。大きな写真の撮影データは、焦点距離60mm、35ミリ版換算60mm、ISO 400、F 8.0、1/160sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2018-11-24 21:46 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 21日

日本 背景は根尾川渓谷

b0132475_19353989.jpg
 先日このブログ上で、今シーズン初めてのマガモの群れを見た話題を掲載したのですが、今日の写真はその時と同じ場所で撮った2枚です。
 ここは毎年、根尾川渓谷の紅葉を背景にする私のお気に入りの撮影スポットなのですが、去年はその前年に比べて紅葉の鮮やかさが今一つだったのですが、今年も現時点では去年よりさらに色づきがよくありません。
b0132475_19362798.jpg 紅葉の良し悪しはその年の天候や、もしかしたら台風被害も関係するのかもしれません。今年はこの地方を3度も台風が通過し、いずれも風が強かったことから、それが影響しているのかもしれません。
 ところでこの写真は、逆光状態で撮影しており、フードがあるとはいえレンズには太陽光が直接当たっているのですが、画面からはそれを想像できないほどに人物がクリアーに写っています。24㎜から600㎜の超高倍率ズームレンズでありながらこの性能は素晴らしいと思います。

b0132475_19371788.jpg 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離16.3mm、35ミリ版換算44mm、ISO 400、F 4.0、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2018-11-21 19:41 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 14日

日本 背景は岐阜のマチュピチュ

b0132475_19492590.jpg
 以前から訪れてみたいと思っていた、本巣市の隣の揖斐川町にある岐阜のマチュピチュと呼ばれる景勝地へ行ってきました。
 岐阜市近郊にある自宅から約25㎞で、車で40分ほどの距離です。途中に茶畑を見ながら、なだらかな平野を進み、しばらくすると谷あいの道に入り、そこからさらに狭い道に入ると、整備するのに苦労したと思われるような登りのきつい山道になります。
b0132475_19493869.jpg それを登りきると小さな集落があり、そこから更に狭い道をしばらく行くと、茶畑の横に小さな駐車場がありました。現地の人がそこに入るように案内してくれました。
 車を降りて現地の人に地図をもらい、それを頼りに杖を突きながら歩いて20分ほどの、一部が登山のような急な坂道を上ると、うわさ通りの景色が広がっていました。
 今日は雲が比較的多く、景色が雲の影になる時間が長かったことと、空がすっきりとした青色でなかったのが惜しまれますが、山の新鮮な空気と景色を楽しむことができました。
b0132475_19494990.jpg 3枚目の写真は駐車場から見た山と茶畑で、ここで揖斐茶を買うことができます。
 下にこの岐阜のマチュピチュがある池田町の公式ウエブサイトを引用します。
 「古くからお茶の栽培がさかんな岐阜県揖斐川郡揖斐川町。この町の上ケ流(かみがれ)地区に、標高300メートルほどの山の中腹から山頂にかけて一面に広がる茶畑があります。それこそがTwitterやInstagramなどSNSで話題のスポット「岐阜のマチュピチュ 天空の茶畑」です。」

b0132475_19501205.jpg 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離10.4mm、35ミリ版換算28mm、ISO 400、F 4.0、1/800sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。
 


by yagyu-toubei | 2018-11-14 19:52 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 10日

日本 背景は文殊公園の紅葉

b0132475_20184413.jpg
 今日も秋晴れの良いお天気で、紅葉を見逃すまいと近所の紅葉狩りに行ってきました。場所は週末によく訪れる、岐阜市近郊にある自宅から車で10分ほどの距離にある文殊公園です。
 ここは尾根が連なるいくつかの山を公園化したもので、自然そのものにはそれほど手をくわえず、散策道や休憩のための東屋などを整備しただけの緑地公園です。
b0132475_20185204.jpg この山を下から眺めている限り、山全体はまだ緑色が強く残っており、紅葉には早いのですが、所々のもみじが赤く色づき始めていたことから、山歩きの運動を兼ねて来てみました。また幸運であれば野鳥にも出会えるかもしれません。
 この公園内にはそれぞれの頂上にいくつかの展望台があるのですが、その一つの文殊の森展望台に向かって登る山道の木々のほとんどは、どれもまだ紅葉しておらず、もみじさえも緑色のままでしたしたが、沿道の桜の木は葉を総て落としていました。
 30分ほどで登り切った展望台周辺のもみじは、期待通りきれいな赤色に染まり始め、丁度今、見頃を迎えており、そこで撮ったのが今日の2枚です。
 ただ頂上から見た濃尾平野は遠くが白くかすみ、あまりすっきししない景色だったのと、数羽の群れのエナガ以外の野鳥に出会えなかったのは残念でした。

b0132475_20191528.jpg 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離16.3mm、35ミリ版換算44mm、ISO 400、F 4.5、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2018-11-10 20:20 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 29日

日本 背景は紅葉の渓谷

b0132475_20213260.jpg
 岐阜市近郊にある自宅から、車で10分ほど北に走ると紅葉がとてもきれいな渓谷があります。秋になるといつもここで写真を撮るのですが、観光案内によればこの場所は、地元では紅葉の名所になっているようです。
b0132475_20214276.jpg 写真でもお分かりの通り、山に植林した針葉樹の部分は少なく、ほとんどが広葉樹で、また手前の渓谷の木々もきれいに色づきますから、川の流れと相まって、ここは私の絶好の撮影ポイントとなっています。
 しかしこれまでに、ここで紅葉を撮影している人を見たのは一人だけで、それから思うにあまり広く知れ渡っていないようです。
 ただ、この地区は更に山間部に入れば、もっと美しい紅葉ポイントがあることから、このような入り口付近は人気がないのかもしれません。
b0132475_20221776.jpg 紅葉は年によって鮮やかさに差があり、以前良かったから今年も良いという訳けではないようで、この写真の地点でもおととしの紅葉は見事でしたが、去年はそれほどではありませんでした。
 写真は去年のものですが、今年が当たり年であることを祈っています。

b0132475_20260981.jpg 使用機材のカメラは Sony α7Ⅱ、レンズは Minolta AF24-105 F3.5-4.5。大きな写真の撮影データは、焦点距離70mm、35ミリ版換算70mm、ISO 400、F5.0、1/320sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。    



by yagyu-toubei | 2018-10-29 20:28 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 19日

日本 コスモスの咲く頃

b0132475_20414668.jpg
 岐阜市近郊にある自宅の近くの、あるコスモス畑で撮った、花を前景にした樽見鉄道の写真をこのブログ上に既に載せましたが、コスモスだけでなく群生する花が咲く時期に、その花を題材にして風景写真や記念写真を撮るのは、カメラマンにとって年中行事のような楽しみなひと時です。
b0132475_20434945.jpg 春はもちろん桜が、秋は彼岸花とこのコスモスが対象になるのすが、今年の秋は長雨が続いたことから、タイミング悪く彼岸花の写真を撮ることなく終わってしまいました。
 今日の写真のコスモス畑に、きれいに花が咲いていたことから今年も写真が撮れましたが、毎年訪れているここ以外の場所に花が咲いておらず、少々焦りました。というのも、最後の頼みの綱であった「なばなの里」のコスモスは、とても写真の背景になるような状態ではありませんでしたから。
b0132475_20422036.jpg 一昔前までの畑にはもっとたくさんのコスモスが咲いていたような気がするのですが、気のせいでしょうか。
 コスモスの次は紅葉で今から楽しみすが、いよいよ秋が深まりますね。

b0132475_20425041.jpg 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離36.7mm、35ミリ版換算100mm、ISO 400、F 5.0、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2018-10-19 20:45 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 15日

日本 背景は思い出の景色

b0132475_20392169.jpg
 昨日のことですが、秋になるとなぜか故郷が懐かしくなり、行ってみたいと思うようになります。私の故郷といっても、車で15分ほどの近さですから、いつも故郷にいるのと大して変わりはないのですが。
b0132475_20393017.jpg しかし少年時代の移動は総て徒歩でしたから、車を使う今の距離感とはだいぶ違います。今から思うと生活圏は限られていましたが、しかしその分、隅から隅まで、どこに何があるのか、よく知っていたのだと思います。
 当時の行動範囲は自宅のある集落周辺と、小学校とその学校への通学路やその周りでした。春、夏、秋、冬と毎日の遊びの活動が変われば訪れる場所も変わります。
 今回訪れた場所は、根尾川沿いに広がる河川敷にある畑と、田んぼが広がる集落の川向うに行くための橋でした。
b0132475_20393739.jpg 川はこの地区の根尾川で最も広い河川敷を持つ場所で、広い河原があるのですが、当時とは川の流れが大きく変わっており、昔の面影が全くありません。今は河原一面に草が生い茂り、チドリやセキレイと共に見た、あの白い石が転がる美しい景色は無くなっていました。
 一枚目の写真の背景は、川向うに行くための吊り橋で、当時は木造でした。鋼鉄製は安全で長持ちですが、風情がないですね。川の水の透明感は最高です。
 二枚目は、集落の中の道端に咲いていたのですが、当時は花に注意を示さず、道端にどんな花が咲いていたのか思い出せません。
 3枚目は流れが大きく変わった川ですが、この部分はかつて比較的緩やかに流れ、川面に石を投げて遊んだのを覚えています。先日のアケビはこの近くで採りました。

b0132475_20400756.jpg 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離25.6mm、35ミリ版換算70mm、ISO 400、F 4.0、1/400sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2018-10-15 20:42 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)