とことん写真

tocofoto.exblog.jp
ブログトップ

2008年 11月 10日 ( 1 )


2008年 11月 10日

カリブ海に映える白い花

b0132475_1022730.jpg

b0132475_10233821.jpg
 ピジョン公園は小さな、かつては島でしたが、現在は本土と繋げられ、岬を形作っています。この小さな公園ですが、様々な植物があり、この国の縮図的な様相を呈しています。森林局が運営し、観光用に開放している熱帯雨林の、トレールコースの深い森の中で見るような、枝から根のようなものを出し、地上に届くとそれが幹になる木、長い時間をかけて他の木を乗っ取るストラングラーツリーもここで見られます。この木は上から下に延びる木としても有名です。
 そういった熱帯雨林で見る木がある反面、高いピークの斜面にはサボテンが育っています。そしてその近くに、アフリカでよく見られる、キリンの好物で、とげとげのアカシヤの木があります。野生のグアバの木もあり、ハイキング途中に一つもいで食べましたが、新鮮で最高でした。
 その中で極めつけが今日のランの花です。高いピークの頂上の、危険な崖に咲いており、白い可憐な花を付けています。青く見えているのは言うまでも無くカリブ海です。
 綺麗で貴重な花は人々が勝手に採取していくことから、最後にはこのような危険な場所にしか残らないのでしょうね。白い根を延ばし、岩に張り付いていました。だれも取っていかないことを祈るばかりです。この花のことは秘密にしておきます。
 カメラはOlympus E500と14-45mmのキットレンズです。写りに文句は無いのですが、操作に大きな不満があり、特にWBの設定に問題を感じます。

by yagyu-toubei | 2008-11-10 10:28 | Trackback | Comments(0)