とことん写真

tocofoto.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 21日

円錐の世界遺産

b0132475_10241592.jpg

b0132475_10251396.jpg
 この国の観光資源は、常夏の気候、サンゴ礁の島ほどでないにしても綺麗なビーチ、火山島特有の多様性のある等の自然条件と、そして、適度に発展途上である国が持つ、ワイルドと快適の狭間の生活水準と、フレンドリーな人々、それに割と良好な治安だと思います。
 その自然では、世界遺産にも指定されている双子のとがった山が最大の売り物です。この写真はその双子の山の高いピークを持つ山の中腹から撮ったものです。とても急な傾斜の、険しい山肌がよく分かります。この山も登ることはできるのですが、ガイドは自身で探す必要があります。プロのガイドがいる訳ではありません。
 先日この山への登山途中に、アメリカの青年が転落、途中の木に引っかかり、7時間後に外国からのレスキュー隊に助けられ、一命を取り留めました。このように、この山への登山は危険が伴います。
 この山は隣の双子の山と同様、火山のマグマが冷えて固まり、その回りの土が崩壊と風化で無くなくなったため、内部のマグマがこのような形で姿を表したものです。ですから山は一つの岩のような構造となっています。
 カメラはSony CyberShot P100。小さいのにとてもよく写ります。

by yagyu-toubei | 2008-11-21 10:42 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tocofoto.exblog.jp/tb/9908793
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 肌色再現とFinePix 4500      熱帯の島の秋 >>