とことん写真

tocofoto.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 13日

α57+70-300G SSM の試写

b0132475_17412168.jpg

b0132475_17443184.jpg 今回の一時帰国中に、Sonyα57を入手し、同時に鳥や人物を撮る目的で、2本の望遠ズームレンズを購入した話をしました。昨日はその内の1本であるDT55-300を試写し、おおむね満足できる結果を得ました。
 今日はもう1本のレンズ、Sony 70-300 F4.5-5.6 SSM 70300Gを試してみました。しかし今日は昨日までとは打って変わって、あいにくの、時々にわか雨の降る天気で、太陽が雲に隠れたままです。
 そこで、仕方なく自宅の窓から、庭先の野草の花の蜜を目指して訪れるクマバチを狙ってみました。しかしその野草の咲く場所は、雲の厚い暗い天気に加え、空を樹木が覆っていることから更に暗く、光の条件はよくありません。
 今日の写真は、そのクマバチを何枚か撮ったうちの一枚です。これ以外の8割がたの写真は、ピンボケで使い物になりませんでした。失敗率が高いのは、クマバチが非常によく動くことからの被写体ブレがほとんどですが、カメラが被写体を捕らえ切れていないピンボケもありました。
 総合的に見ると、カメラボディのα57は、α55から確実に進化しており、値段を考えれば納得のいく性能を持っていますから、買い替えを考えている方にはお勧めです。さて、レンズですが、無音で動く素早いAFは、SSMでしか味わえない快感です。最初はいつの間にピントが合ったのか分からないほどで、驚きました。
 ピントが合ったところの鮮鋭度はさすがで、Gの称号にふさわしいものだと思いますし、ボケは美しく、立体感を感じます。ただ、そのレンズボディの大きさは、Minolta AF100300 Apoに慣れた目には大きく、また重さも、長く構えている時には気になります。後継レンズを開発するなら、この性能を維持しながら、小型、軽量化に努力して欲しいと思います。
 カメラはSonyα57に、レンズは 70300G SSM。撮影データは、ISO400、F5.6、1/125sでした。上の写真、クリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2013-07-13 17:50 | 機材 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tocofoto.exblog.jp/tb/20723295
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Grate Tailed Bl...      α57+DT55-300 の試写 >>