とことん写真

tocofoto.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 01日

ハチドリの種類

b0132475_11302634.jpg

b0132475_1131113.jpg この中米の国には沢山の野鳥が生息しています。熱帯地方という特徴に加えて、土地の高低差が多様性を生み出しているのでしょう。湿地のような海辺の熱帯雨林から、富士山の高さをしのぐ3800メートルを最高峰とする、背骨のような山脈が国の中央部を貫いています。その山岳地帯の2000メートルを超え、3000メートル辺りでもうっそうとした熱帯林が広がっており、これをこちらでは熱帯雲霧林と呼びます。その高さ辺りに、火の鳥で有名なケツアールが生息しているのですが、忘れてならないのは、海抜ゼロの高さから、同じくその高さでも生息しているハチドリです。この国には非常に沢山のハチドリが生息しており、このように縦に広く分布していることから種類が多いのです。手持ちの図鑑で数えただけでも49種類もいました。今日の2枚の写真のハチドリも違う種類です。
 カメラはSony α550に、レンズはSigma 70-300 DG APOです。

by yagyu-toubei | 2011-11-01 11:35 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tocofoto.exblog.jp/tb/16603596
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 赤い鳥      撮れない野鳥 >>