とことん写真

tocofoto.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 12日

朝焼けのマリーナを飛ぶ

b0132475_10294379.jpg

b0132475_10314292.jpg この島で最もポピュラーな鳥は、カケスの仲間と思われる、カラスを小さくしたような黒い鳥、日本のキジバトのような茶色の鳩、そして白い小サギです。サギは、町の近くの入り江のホテルの前にコロニーがあり、日が暮れるとここに集まり夜を過ごすのですが、その騒がしいこと、この島を訪れた時には一見の価値があります。朝になるとこのコロニーから自分の思い思いのところに飛び立ち、餌を探すのですが、大抵は5,6羽の群れになってその日の餌場に向かいます。ですから、朝日の昇る頃と、夕日が沈む頃にはこのサギの群れを見ることができます。赤く染まる空を群れで飛ぶサギはなかなかの見ものです。
 このサギたちは、人間が彼らにほとんど感心を示さないことから、彼らも人間をあまり恐れず、人が通る道端で餌を探す姿をよく目にします。そのしぐさはかわいらしいものです。
 今日の写真は、朝焼けのマリーナを飛び抜けるサギたちを捕えました。咄嗟のことでピントが甘くなってしまいました。
 カメラはSonyα100に、ミノルタAF35-105。このレンズでは遠くを飛ぶサギを撮るには余りにも役不足です。

by yagyu-toubei | 2009-01-12 10:39 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tocofoto.exblog.jp/tb/10180729
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 融け始めた霜      古いレンズを楽しむ Minol... >>