とことん写真

tocofoto.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 11日

日本 散歩道のスズメ

b0132475_20523624.jpg
 先日、岐阜市近郊にある自宅周辺を散歩していた際に見かけたスズメを撮りました。用水路の壁の上で、次に飛び移る枝を見定めているようなそのしぐさがかわいらしく、まるで絵画の様な一枚になりました。
 我々に身近過ぎて普段あまり注意しないスズメですが、人間社会と一体となっているこうした姿をみると、改めてかわいらしい生き物だと思います。
b0132475_20524975.jpg でもこうして人間の身近で、長きにわたって彼らが生き続けて居るにはそれなりの理由があると思うのですが、その理由の一つに、人間の近くにいることによって敵からの襲撃を避けていることと、もう一つはその体色にあると思います。
 彼らは茶色主体の地味な羽毛ですが、それは素晴らしい保護色で、敵の目をごまかしています。彼らが草木や地面にいるときはほとんど目立ちません。これはホオジロにも言えることで、今頃の時期に農道の脇のすぐ近くにいても見つけられず、いつも彼らが先に飛び立ち撮り逃してしまいます。
b0132475_20531478.jpg 2枚目の写真は、スズメと同じ日に散歩道で見かけたアオジですが、こちらはおなかが黄色ですが、でも背はホオジロみたいに保護色ですからやはり見つけられません。
 3枚目は散歩道にあるイチョウの木で、もうすでにこんなに黄色くなっています。

b0132475_20534448.jpg 使用機材のカメラはSony α77Ⅱに、レンズは Sony 70-300 SSM G 。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 640、F5.6、1/500sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


# by yagyu-toubei | 2017-11-11 20:54 | | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 10日

ベリーズ 都市郊外で見る野鳥たち その2

b0132475_20323462.jpg
 中米ベリーズの最大の都市はベリーズシティですが、最大といっても人口規模は小さく、建物の密度が低いことから空き地や緑、湿地が多く、街中でも多くの野生動物を見ることができます。
 街の中心部を出るとすぐに農牧地や荒れ地、湿地が広がり、日本では想像できないのですが、そこは既に野生の王国になります。
b0132475_20325081.jpg 街の中心部から車で25分ほどの所に、街に最も近いリゾートホテルがあり、時々週末にそこへ食事に行きました。
 そのホテルはこの国で一番大きな川のほとりにあり、敷地は森のようにたくさんの樹が茂っています。
 そのホテルの敷地周辺では、街中では見られない種類の野鳥に出会うことがあることから、それを期待して出かけたのですが、今日の写真はその際に撮った3枚です。
b0132475_20330933.jpg 1枚目は Grayish Saltator (グレイシュ サルタトール)で、餌となる木の実でしょうか、赤いものをくわえています。この種類は都市部で見かけたことはありません。この鳥は托卵の習性があるかもしれません。
 2枚目は、全国都市部、郊外にかかわらずどこにでもいるシードイーターで、いつも群れで草の実をついばんでいます。写真の個体はメスです。
 3枚目は、やはり都市部、郊外どこでも見られるキツツキで、写真の個体は羽毛がまだ生え揃っていない巣立ち間もない若鳥です。これが成長するに従い、顔や胸などの灰色の羽毛が、Golden-foronted Woodpecker の名前の通り、薄い茶色に変化します。

b0132475_20315849.jpg 使用機材のカメラはSony α57に、レンズは Sony DT55-300。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F6.3、1/800sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。 


# by yagyu-toubei | 2017-11-10 20:33 | | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 09日

日本 谷汲山華厳寺参道 冬の風景

b0132475_20012327.jpg
 岐阜県の谷汲山華厳寺は、西国33番満願霊場の札所として有名で、春の桜、秋の紅葉の時期は特に人出が多く、たくさんの出店と共に賑わいます。
 500mほど続く参道には、両側に茶店や土産物屋が並び、普段でも営業していますから、いつ訪れても名所気分を味わえますし、それらの建物が古い木造であることから、昔の日本の観光地といった懐かしい雰囲気も楽しめます。
b0132475_20013980.jpg 今日の写真は、その参道に建つ一軒の店ですが、かつての家庭の日常品が外壁に所狭しと並んでおり、その様が絵になっていることからスナップしてみました。冬のまぶしい光が店の品物と共に、子供の頃体験したような懐かしい光景を思い出させます。
 2枚目は華厳寺山門ですが、冬枯れの木々が寒さを想像させますが、しかしさわやかな青空がぬくもりを感じさせます。
b0132475_20015459.jpg 3枚目の写真は、近頃こんなモダンな和風建築も参道にできつつあることをお知らせする一枚です。

b0132475_20022765.jpg 使用機材のカメラはCanon Power-shot S95。大きな写真の撮影データは、焦点距離6.9mm、35ミリ版換算34mm、ISO 200、F4.0、1/160sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。
 このコンパクトカメラは、コンパクトとは思えないような画質で、特にスナップではその威力を発揮します。


# by yagyu-toubei | 2017-11-09 20:03 | 岐阜自宅周辺 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 08日

日本 谷汲横蔵寺の紅葉

b0132475_21204292.jpg
 11月3日に紅葉で有名な谷汲の横蔵寺を訪れたお話をしましたが、その後6日に再度行ってきました。なぜなら3日の訪問時に双眼鏡のキャップをなくしてしまい、それは横蔵寺内で落とした可能性が高かったことから探しに出かけたためです。
 この日は平日にもかかわらず、3日の時よりさらに観光客の数が増えており、結構賑やかでした。でも出店があるわけではなく、その意味での華やかさはありません。
b0132475_21210337.jpg 前の訪問からわずか3日後のことですが、紅葉は確実に進んでおり、お寺は秋の色に染まり始めています。
 1枚目の写真は、山門の前にある手水場がある場所で、その右側に、多分住職の住まいなどがある門を写した一枚で、門の前に立つ白い杭には「横蔵寺寺門」と書いてあります。写真の通り、ここのもみじが緑色から赤色に変わりつつあるのが分かります。この写真、明暗差が大きく難しい条件ですが、カメラはこの場の雰囲気をうまく捉えています。
b0132475_21211871.jpg 2枚目の写真は、山門をくぐって三重塔のある広場から山門の左を見た場面で、こちらはすっかり紅葉しており、きれいな赤色に染まっています。
 3枚目は山門から参道を見た場面で、こちらも紅葉が盛りを迎えています。このお寺の見ごろはこの週末になると思いますから、たくさんの人出があることでしょう。

b0132475_21215842.jpg 使用機材のカメラはSony α7Ⅱに、レンズは Tamron SP AF24-135 Macro。大きな写真の撮影データは、焦点距離24mm、35ミリ版換算24mm、ISO 500、F5.6、1/100sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


# by yagyu-toubei | 2017-11-08 21:23 | 岐阜自宅周辺 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 07日

ベリーズ 都市郊外で見る野鳥たち

b0132475_20083217.jpg
 中米の国ベリーズに滞在していた頃、自宅はこの国一番の都市ベリーズシティの住宅地にありました。
 都市と言っても人口規模は小さいのですが、その割には面積があることから敷地は広く区画されており、そのためもあって緑が多く、また土地の標高が低いことから湿地の多い街です。
b0132475_20084715.jpg その市内では、街中とは思えないような多くの野鳥を見ることができるのですが、少し郊外へ出ると更に多くの種類の野鳥たちに出会うことができます。
 同じく中米にあるコスタリカは、野生生物の宝庫として世界的に有名で、バードウオッチングなどで海外からも観光客が訪れ盛んですが、ベリーズは無名です。しかしそれはベリーズに野鳥が少ないことを意味しているのではなく、ただ単に知れ渡っていないだけなのだと、こちらに来て知りました。
 今日の写真は、ベリーズシティから車で20分ほどの郊外にある、田舎の道路沿いで出会った野鳥たちです。
b0132475_20090372.jpg 上の大きな写真は Golden-fronted Woodpecker (ゴールデンフロンテッド ウッドペッカー)、が道路脇にある枯れかけたような木の巣穴から上半身を出している場面です。このキツツキは都市部でも多く見られます。
 その巣穴がある木が焦げているのは、農民が野焼きをすることから、立木の多くがこうして焦げてしまいます。野焼きは政府が禁じているのですが、一向に無くなりません。でももしかしたら出火は火の不始末が原因かもしれませんが。
 2枚目は違う種類のキツツキで、都市部では見られないのですが、少し郊外に出ると人家近くに多くいます。この写真の木も黒く焦げているのが分かります。
 3枚目は都市部では全く見られない、上下に大きなくちばしを持つ鳥で、いつも草むらの地表近くで餌を探しています。

b0132475_20092520.jpg 使用機材のカメラはSony α57に、レンズは Sony DT55-300。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F5.6、1/250sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。 


# by yagyu-toubei | 2017-11-07 20:10 | | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 06日

α77Ⅱと Tamronn 記念レンズの描写力

b0132475_20245172.jpg
 先日11月4日に、岐阜市近郊にある自宅近くの横倉寺に、紅葉の様子を見るために出かけたことは既にこのブログでお話ししました。結果としては、紅葉は既に始まっておりますが、その程度はまだ低く、見頃はあと1週間先といったところでした。
 むろん訪問の目的は写真撮影ですから、なるべく紅葉が始まっているもみじを背景に何枚か撮ったのですが、その中で、今回は機材の印象についてお話ししたいと思います。
 1枚目の大きな写真ですが、腰から上の人物が、日陰の暗い部分と、日当の明るい部分が混じった背景の中で立っています。
b0132475_20250744.jpg 人物の顔のわずかな一部と、体の上半身の大部分に光が当たり、顔の日陰の部分に対して強いコントラストを形作っています。こんな場合これまでのカメラであれば、顔は真っ黒に表現されるのですが、カメラの顔認識機能のおかげで露出はドンピシャリで問題ありません。
 半面セーターの一部が白く飛んでいますが、この明暗差を考えると仕方ありません。この写真で大事なのは顔の適正露出ですからこれが正解と言えると思います。結果として、難しいシーンでもカメラ任せで適正露出が得られることが分かります。
 そしてこの写真で最も驚いたのが、ピントの確かさとその描写力でした。下の小さな写真は上の写真の顔の一部を等倍近くで切り取ったのですが、その解像度と先鋭さがお分かりいただけると思います。私がこれまで使ったカメラでは決してこんな描写はできませんでした。このカメラボディとそしてレンズ、本当に素晴らしいと思います。

b0132475_20260166.jpg 使用機材のカメラはSony α7Ⅱに、 50周年記念レンズ Tamron SP AF24-135 Macro。大きな写真の撮影データは、焦点距離40mm、35ミリ版換算40mm、ISO 500、F5.6、1/200sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


# by yagyu-toubei | 2017-11-06 20:28 | 機材 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 05日

日本 川岸のアオサギ

b0132475_19240291.jpg
 今日の写真は、先日11月3日の当ブログでご紹介したウと、ほぼ同じ場所で見かけたアオサギです。この日はまだ数日前の台風による大雨の影響で根尾川の水かさが多く、透明度も落ちていたのですが、このサギは水際に立ちながら餌を探している様子でした。
 野生の生き物たちは、人間のように食料を作り出したり、長期の貯蔵ができませんから、その日その日の食料を得る必要があります。でも大雨で川が濁ったり、雪で地面が覆われたときなど、餌の確保が難しくなると思うのですが、そんなとき彼はどうしているのでしょうか。
b0132475_19241832.jpg 岐阜市郊外にある自宅周辺では、シカやイノシシ、サルが多く出没し、農作物に被害が出ています。そして最近は野鳥たちによる、果物の被害も無視できないほどになっています。サギやウによる養殖魚や各家庭の魚の被害も増えているようです。
 彼ら野生動物にとって、人里は餌が豊富で魅力的な場所なのでしょうが、人間にしてみれば獣害、鳥害であり、それを避けたいと思うのは人情です。
野生動物の数が少なかった頃はよかったのですが、それが増え、人里で食べ物を共有するようになった最近、野生と人間の共存は簡単にいきそうもありません。

b0132475_19244387.jpg 使用機材のカメラはSony α77Ⅱに、レンズは Sony 70-300 SSM G 。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F8.0、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


# by yagyu-toubei | 2017-11-05 19:25 | | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 04日

日本 谷汲横蔵寺の紅葉の始まり

b0132475_20571080.jpg
 先日は、自宅より標高の高い根尾の奥に位置する大須ダムの紅葉を確かめ、その美しさを存分に楽しんだのですが、平地はどうなのかと、秋の3連休の初日である昨日、自宅から車で15分ほどの所にある、揖斐川町谷汲の横蔵時に行ってきました。このお寺は紅葉が有名で、華厳寺と共に秋にはたくさんの観光客が訪れます。
 自宅庭のもみじはまだ全く色づいていないことから、それほど期待しなかったのですが、東西両方に山が迫る横蔵寺は深い谷間になっており、そのため朝晩が冷えるのか、参道や境内の何本かのもみじは既に紅葉が始まっていました。
b0132475_20573013.jpg 大きな写真は山門の直前で、背景は赤色になりきる前の黄色、オレンジ色、そしてまだ所々に緑色が残る、これはこれで美しい美しい紅葉の始まりを逆光で捉えました。
 2枚目は、1枚目と同じもみじを山門を背景に順光で撮った一枚で、現時点では横蔵寺で最も絵になるシーンかと思います。
b0132475_20574988.jpg 3枚目は参道にある石垣で、ここはもみじが並んで植えられており、ここ横蔵寺一番の見どころですが、紅葉にはまだ早く、おそらく1週間先頃から楽しめるのではないでしょうか。
 この日はやはり、混雑というほどではありませんが観光客が多く次から次へと訪れ、特に熟年の方たちが目立ちました。ここが初めての人が多いらしく、この山深いところにある寺にしては、境内の立派な建物に驚いている様子でした。

b0132475_20582788.jpg 使用機材のカメラはSony α7Ⅱに、レンズは Tamron SP AF24-135 Macro。大きな写真の撮影データは、焦点距離35mm、35ミリ版換算35mm、ISO 500、F5.6、1/160sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。 それにしてもこのレンズ、タムロンの50周年記念レンズだけあって、いつも素晴らしい描写を見せてくれます。高倍率ズームでありながらその透明感と発色は素晴らしいと思います。


# by yagyu-toubei | 2017-11-04 20:59 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 03日

日本 中州のウ

b0132475_21040161.jpg
 歳を重ねると共に普段の運動量が少なくなっていくことから、日頃から歩くように心がけており、お天気の良い日は岐阜市近郊にある自宅周辺を散歩します。
 しかし、ただ歩くだけではつまらないし、写真が好きなこともあってカメラを必ず持って出かけますが、撮影の目的の被写体は野鳥であることから、レンズはいつも望遠を選びます。
b0132475_21043143.jpg 私の通常の散歩コースは、川沿いを歩き、その後柿畑の中を横切るのですが、柿畑には冬以外に農作業の人が毎日のようにどこかにいることから、野鳥との出会いはあまり期待できません。 野鳥との出会いは川沿いの道になるのですが、さすがに夏は鳥が少なくなります。
 今日の写真は、10月30日に川沿いの道から、川の中州にたたずむウを捕らえた3枚で、人影に気づいて飛び立って行く連続のシーンです。

b0132475_21041766.jpg ウはアユなどの魚を食い荒らす害鳥で、漁業に携わる人から嫌われている種類です。川にアユの稚魚を放流する頃から友釣りりの解禁の頃まで、川岸から川岸に糸を張り、ウの被害を防いでいます。
 私は常々、人と野生動物との共存が理想と考えているのですが、現実は難しい問題がたくさんありますね。

b0132475_21053648.jpg 使用機材のカメラはSony α77Ⅱに、レンズは Sony 70-300 SSM G 。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F7.1、1/800sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


# by yagyu-toubei | 2017-11-03 21:06 | | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 02日

日本 背景は紅葉の上大須ダム

b0132475_22101924.jpg
 11月に入っていよいよ秋が深まってきた感があります。
 岐阜市近郊の自宅周りは紅葉というにはまだ早いのですが、少し標高の高い本巣市根尾の奥にある上大須ダムあたりだともう始まっているのではないかと思い、今日出かけて行きました。
 上大須ダムは、通常の上流から流れてくる水を貯めて、下流でその水圧を利用して発電する方式ではなく、高低差のある大きな池を二つ作り、夜の余る深夜電力を利用して水を上の池に吸い上げ、より電力が必要な昼の時間帯に、上の池から下の池に水を流し発電する方式をとっています。
b0132475_22105110.jpg ですから、上流からの大量の水を必要としないで、いったん貯めた水を何度も再利用しますから、蒸発や漏れなどのロスをカバーできるだけの水が、下の池に流れ込めばいいわけで、水に対する効率がいいのではと思います。
 更に水を上の池に吸い上げるエネルギーは、夜の余っている電力を利用し、昼の必要時にその水を落として発電しますから、まさに電池のような役割を果たす訳で、この点でも効率がいいのではないでしょうか。これは素晴らしいアイデアだと思います。
 さてそのダム湖の紅葉ですが、既にきれいに色づいており、特に遠くの山が素晴らしいのですが、それが湖面に映り、とてもきれいでした。
 ここは一般にまだ知られていないせいか、訪れる人は少なく、その点は少し寂しいのですが、一方で人目を気にすることなく写真を思う存分撮ることができました。

b0132475_22113276.jpg 使用機材のカメラはOlympus Pen Lite E-PL3、レンズは M ZUIKO DEGITAL 14-42mm。大きな写真の撮影データは、焦点距離20mm、35ミリ版換算40mm、ISO 200、F7.1、1/200sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。 


# by yagyu-toubei | 2017-11-02 22:12 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)