とことん写真

tocofoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2015年 11月 30日

夕暮れの虹

b0132475_10184670.jpg

b0132475_1019511.jpg 昨日土曜日は、朝から晴れたり曇ったりとはっきりしないお天気で、時々お青空が見えたり、今にも降りだしそうに暗くなったりと、結局お出かけはできませんでした。こんなお天気がここしばらくの週末に続いており、お休みの日にに出かけたい身としては恨めしいタイミングなのですが、これが雨期の終わりの特徴と半ばあきらめの気持ちでいます。
 そんなお出かけできなかった週末の夕方、北東の空に見事な虹がかかりました。この写真を撮った後に、虹は更にくっきりと空に弧を描いたのですが、撮れたのはその直前のこの一枚です。
 虹全体を画面に収めたかったのですが、手持ちのカメラの画角ではこれが精一杯でした。
 朝晩の、太陽が赤く染める美しい空はドラマチックですが、昼間のこの虹も空からの贈り物ですね。自然は本当に美しく絶妙だと思います。
 カメラはPanasonic Lumix FX60。大きな写真の撮影データは、35ミリ版換25mm、ISO80、F4.0、1/160sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2015-11-30 10:22 | 中米ベリーズ | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 29日

路傍の一輪

b0132475_12431636.jpg

b0132475_1250435.jpg
 いつも週末に出かけるときは、カメラに望遠レンズを付けて、いつどこで野鳥に出会っても対処できるよう、撮影の準備は怠らないのですが、肝心の野鳥がいつも現れるとは限りません。
 全く野鳥に出会わないということはまずないのですが、それほど珍しくもない種類であれば、余程の変わった場面でない限り撮影意欲が湧きません。
 そんな時は昆虫や花に注意が行くのですが、たまたま道路脇や公園内で美しい花を見つけると、背景を考えながら写真に収めます。でも付けているレンズが望遠ズームですからマクロレンズのような訳にはいきません。
 しかしながら画質においては、近頃のズームレンズのマクロ域での性能はなかなかのもので、十分に楽しめる画像を提供してくれます。
 今日の写真は、この中米B国の最大の都市に最も近いマヤ遺跡公園内で撮った一枚で、花弁の白から紫に至るグラデーションがきれいな花ですね。
 カメラはSony α77Ⅱに、レンズはSony 70-300 G SSM。大きな写真の撮影データは、35ミリ版換450mm、ISO400、F7.1、1/800sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2015-11-29 12:48 | | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 28日

近頃見かけない Yellow-Throated Warbler (イエロースローテッド ウエブラー)

b0132475_1040506.jpg

b0132475_10412238.jpg この中米B国の、最大の都市の住宅地にある自宅は、広い敷地の中にありますが、敷地内にはそれほど樹木は多くなく、どちらかと言えば寂しいくらいです。
 しかし周りには草が茂る空き地や、マングローブが密生する未開発地があり、そこには様々な野生動物たちが住んでいます。そんな環境からか、自宅玄関前にあるわずかな植込みの木に、野鳥たちが訪れます。
 今日の写真は、自宅玄関前に植えられているヤシ科の木を訪れた Yellow-Throated Warbler (イエロースローテッド ウエブラー)のオスです。
 この鳥はスマートな姿を持ち、配色は淡い青色と黒のシンプルな模様の中に、喉の黄色が目立つ美しい鳥で、一度見たら忘れられません。それに人間をあまり恐れませんから、とても親しみの湧く種類です。でも近頃はあまり見かけなくなっています。
 カメラはSony α77Ⅱに、レンズはSony 70-300 G SSM。大きな写真の撮影データは、35ミリ版換450mm、ISO800、F5.6、1/500sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2015-11-28 10:43 | | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 27日

希望の光

b0132475_10563857.jpg

b0132475_105792.jpg この中米B国の、最大の都市の住宅地にある自宅のバルコニーが東に面していることから、夜明けの刻々と移り行くゆく様を、ベッドに入ったまま見ることができます。
 それで美しい場面に出会うとすぐにベッドから飛び出し、バルコニーに出てその最高の一瞬を逃すまいとカメラに収めます。そうして何枚も撮ることになるのですが、でも、実際に見た時の感動がそのまま画面に現れることは少ないのです。
 自然の雄大なドラマを、一枚の小さな画面に収まることは最初から無理があるのですが、それでも何分の一かの感動でよいから、この素晴らしい景色をお伝えできればと思いながら撮ります。
 今日の写真、自宅から見たいつもの東の空の夜明けの場面で、太陽の光が、薄暗く青い空に伸び始めているのが分ります。この模様、旧帝国海軍の旭日旗のようですが、希望の光のように見えます。海の上で暮らす人たちは、この素晴らしい夜明けの美しさを十分に知っており、それを旗にしたのでしょうね。戦争などと全く繋がらない、ただただ自然への畏敬の念で。
 カメラはFujifilm Finepix F60fd。大きな写真の撮影データは、35ミリ版換37mm、ISO400、F2.8、1/60sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2015-11-27 11:05 | 中米ベリーズ | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 26日

背景はマングローブの茂る川

b0132475_10394543.jpg

b0132475_10401749.jpg 歳を取るとどうしても普段の運動が不足がちになりますから、休日には積極的にどこかへ出かけ、普段の運動不足を補う必要があると思うようになって久しいのですが、いつも運動不足を感じています。
 その解消の最も身近な方法は自宅周辺を歩くことですが、それがつまらないコースでは長続きしません。また、最初は興味深々でも毎回同じコースを繰り返せばどうしても飽きが来ます。
 最初の頃は、初めての地である物珍しさと、意外と街中でもいろいろが野生動物が見られたことから興味深いコースだったのですが、最近は動物を見る機会が減り、また見たとしてもマンネリ化した対象であることが多いため、どうしても初期の時ほど興味が持てません。
 でも他方で、何度も続けていると顔見知りができたりして、地域のとの繋がりを意識し、それなりに初期とは別の興味が沸いてきます。
 今日の写真は、いつもの散歩コースの折り返し地点の橋の上での一枚です。街中とはとても思えないマングローブの茂った背景が心地よく、時にはワニが見られるここは私のお気に入りの場所です。
 カメラはFujifilm Finepix F60fd。大きな写真の撮影データは、35ミリ版換37mm、ISO100、F5.0、1/480sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2015-11-26 10:46 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 25日

集中力が必要な飛ぶ鳥の撮影

b0132475_11392667.jpg

b0132475_11384818.jpg この中米B国の、最大の都市の住宅地にある自宅のバルコニーから、毎日上空を通過するトキたちの姿を見ることができます。
 週日の間の帰宅した時間には、既にトキたちが通過した後ですから、彼らの姿を見ることはできませんが、週末には美しい姿を写真に撮ろうと、バルコニーに出て彼らの通貨を待ちます。
 しかし近頃は自宅上空からかなり離れたルートを通過することから、以前ほどのシャッターチャンスがありません。どうしてコースを変えたのか理由は分かりません。
 すくなチャンスを生かすよう、油断なく空を見張りますが、それでも気が付いた時にはすぐ真上なんてこともよくあります。何をするにもやはり集中力が必要ですね。
 カメラはSony α77Ⅱに、レンズはSony 70-300 G SSM。大きな写真の撮影データは、35ミリ版換450mm、ISO400、F8.0、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2015-11-25 11:40 | | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 24日

意外と少ない蝶をを見る機会

b0132475_1215629.jpg

b0132475_1224119.jpg 今日の写真は、この中米B国の最大の都市の最も近くにあるマヤ遺跡公園、アルツンハで撮った一枚です。
 この公園ではこれまでに何種類かのチョウを見ていますが、この種類は多分初めてです。形、色からしてアゲハの仲間でしょうか。
 背面の模様は黒字に白い斑点に見えますが、裏側はご覧の通り、ジャガーを思わせる茶と黒色に白い大きな斑点があり、なかなか美しいデザインです。
 ここは熱帯地方ですから、さぞや多くのチョウに出会えるだろうとお思いかもしれませんが、それが意外にも日本より機会は少ないと思います。それは、バッタや甲虫類など昆虫全体について言えると思います。それに比べて野鳥の種類と数は多いのですが。
 カメラはSony α77Ⅱに、レンズはSony 70-300 G SSM。大きな写真の撮影データは、35ミリ版換105mm、ISO500、F5.6、1/500sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2015-11-24 12:06 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 23日

たたずむ Snowy Egret (スノウイ エグレット)

b0132475_10372098.jpg

b0132475_10374098.jpg この中米B国は、ハリケーンシーズンが6月から11月まですから、今年はどうやら来襲を免れたようです。でも雨期はまだ続き、12月から1月の初めまで雨が多く降る可能性があります。
 先週末、今年2番目と思われる集中した雨があり、国内あちこちで水害があったようですが、この国最大の都市では被害を聞いていません。でも、自宅周辺は水たまりが多くできており、未だにその水がひいていません。
 自宅東側の道路は一部が冠水したままで、歩行者は大変な迷惑をこうむっています。本来ならこの水、道路側溝を通じて川に排出されるのですが、下流の工事で道路側溝がせき止められており、いつまでたっても水がひかないのです。
 そんなあちこちにできた水場を求めてか、近頃この辺りで見かける水鳥たちの数が増えています。いつもの散歩途中にある湿地になった売地には、トキ、サギ、シギなどを群れで見ることができます。
 今日の写真は、自宅隣の敷地に集まった Snowy Egret (スノウイ エグレット)たちで、全部で10羽ほどがいました。彼らは何をするというでもなく、少し歩いたり、じっと立ち尽くしたりとのんびりした様子でした。足の黄色が目立ちますね。
 カメラはSony α77Ⅱに、レンズはSony 70-300 G SSM。大きな写真の撮影データは、35ミリ版換105mm、ISO400、F8.0、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2015-11-23 10:42 | | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 22日

背景は逆光の北海岸

b0132475_10434618.jpg

b0132475_1044959.jpg 今日の写真は、この中米B国の最大の都市の北海岸で撮った一枚です。この都市は海に突き出た岬にあるあることから3方が海に囲まれています。
 それらの海岸の水は、川から流れ出る水が濁っていることから透明度は低く、海水浴に適しません。これが美しい水であったなら、沖に見えるマングローブの島影は美しいこともあり、世界有数の観光地になっていたかもしれません。
 北海岸には最近、人が車を気にせずに歩ける歩道が整備されました。朝は知りませんが、夕方ここを散歩する多くのひたちを見かけます。
 今日の写真はその歩道で撮ったのですが、背景に写っているのは壊れたボート、手入れされずに傾いた桟橋、草ぼうぼうの歩道脇と、いかにも発展途上国らしい様相を見せています。
 大きな写真は逆光で、小さな写真はほとんど同じ場所、時間で順光で撮ったものです。どちらも低い太陽の光から夕暮れ前を連想させますが、逆光の方が光が柔らかく、人物写真にはこちらの方が雰囲気がいいような気がします。
 カメラはSony α77Ⅱに、レンズはSony 70-300 G SSM。大きな写真の撮影データは、35ミリ版換105mm、ISO400、F5.6、1/200sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2015-11-22 10:50 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 21日

蛇を持つ Laughing Falcon (ラーフィング ファルコン)

b0132475_11162261.jpg

b0132475_11164459.jpg 先週の木曜日はこちらの休日でしたから、この国で最大の都市に最も近いマヤ遺跡、アルツンハに久し振りに出かけました。近頃雨の日や緊急対応などがあったことからしばらくご無沙汰していた、いつものバードウオッチングの場所です。
 その遺跡公園に近い道路で今日の写真の場面に出くわしました。毛皮のコートを着たような Laughing Falcon (ラーフィング ファルコン)が、100m程向こうの枝に停まっています。
 その彼の足もとから下がっているひものような物が、時々くねくねと動きます。肉眼では分からなかったのですが、双眼鏡で見てみると、紐のように見えたのは彼が捕らえたヘビだったのです。この写真ではヘビはだらりとぶら下がっていますが、時々全身の力を振り絞るようにくねくねと動きます。
 タカはそのヘビが力尽きるのを待っているかのように、片方の足でぎゅっと握り、しばらくじっとしていました。そしておもむろにヘビの頭の部分をつつき始めました。このタカの好物はヘビなのです。厳しい野生の弱肉強食の世界ですね。
 カメラはSony α77Ⅱに、レンズはSony 70-300 G SSM。大きな写真の撮影データは、35ミリ版換450mm、ISO400、F5.6、1/500sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2015-11-21 11:20 | | Trackback | Comments(0)