とことん写真

tocofoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 30日

トロゴンの食事

b0132475_12151169.jpg

b0132475_12155480.jpg この中米B国の最大の都市から、車で15分ほど内陸に入ったところに、川のほとりに建つリゾートホテルがあります。その辺り、特に川の周辺は大木が茂るジャングル然とした自然が残っており、様々な野鳥を見ることが出来ます。ただ、川の周りは樹木が茂り、また、雨季と乾季では川幅が大幅に変わることから、川に近付く道は非常に限られています。ですから、このリゾートホテルは、貴重な川へのアプローチの役割をしているのです。
 そのリゾートホテルの横に民家が一軒建っており、そこは大きな池のある広い庭があります。庭内にいろいろな木が茂っていて、以前このブログでお知らせした池のそばのトラサギや、木に登っているイグアナの写真はここで撮ったものです。
 そこへ今日再度訪れたところ、Black-Headed Trogon (ブラックヘディッド トロゴン)がいました。トロゴンは以前にもここで見かけたことから、期待はしていたのですが。
 そのトロゴンが、停まっていた枝から飛び立ち、ある木の枝の先をかすめるように飛び、元の枝に戻りました。その口を良く見ると、赤紫色の、リンゴ型の丸い木の実をくわえていました。その場面が今日の大きな写真です。
 しばらくしてからその木の実を飲み込みましたが、その様子が下の小さな写真です。そういえばと思い出したのですが、コスタリカでよく見られる、火の鳥ことケツアールはトロゴンの仲間で、その鳥は、アボガディージョと呼ばれる木の実を丸ごと飲み込み、胃の中でそれを消化して、種のみを吐き出すといった食事の仕方をします。残念ながら、このトロゴンが種を吐き出す場面は見られませんでしたが、彼はこの近くの枝に飛び移り、そこで30分以上じっとしていました。食べた木の実の消化を待っていたのでしょうね。
 カメラはSony α57に、レンズはSony DT55-300です。撮影データは、35ミリ版換算450mm、ISO400、F/5,6、1/500sでした。大きな写真は、クリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2013-09-30 10:37 | | Trackback | Comments(2)
2013年 09月 29日

隣のトキコウ

b0132475_1118353.jpg

b0132475_11181590.jpg この中米B国の、最大の都市の住宅街にある自宅の、道路を挟んだ隣の敷地は、以前はコンクリートブロック工場だったのですが、数ヶ月前に引っ越して今は空き地になっています。この敷地は、雨が降ると土地の低い部分に水が溜まり、道路側溝と繋がってしまいます。
 そのため、雨が止んでもしばらくは水が引かず、また、側溝に住む生き物たちがこの水溜りに移動するのか、水溜りのある間中、様々な水鳥たちがここを訪れます。それらは、ピンクの体色をしたヘラサギを含む幾種類かのサギ、ノーザンジャカナ、シギやチドリなどで、ヘラサギを除いてこの辺りでよく見かける鳥たちです。
 ところが、昨日の夕方、ここで見かけるのが初めての鳥が、この水溜りを訪れました。それが今日の写真の Wood Stork (ウッド ストーク)、日本ではトキコウと呼ばれるコウノトリです。これまでこの鳥をこの周辺で見かけたことはなく、大きな体のトキコウが隣にいるのを見て一瞬我が目を疑いました。
 このトキコウは、この街郊外の大きな湿地や、この国でバードウオッチングで有名な湖で、集団でいるのを見ているのですが、その鳥が我が家の敷地となりに来たとは驚きです。
 ただ残念なことに、この1週間全く雨が降っておらず、写真の背景の通り、隣の水溜りはもうほとんど干上がっていますから、彼の望む餌は無いのではないかと思います。せっかく来てくれたのですが。
 下の小さな写真は、トキコウを見た翌朝の、同じ敷地での写真で、ツギオトゲオイグアナがコンクリートブロックの上で日向ぼっこをしている場面です。ブロックの山には穴がたくさんありますから、住処として好都合なのかもしれません。他のブロックの山にも別のイグアナがいました。
 人がいなくなると、こうしてどこからともなく野生動物が集まって来て、やがて樹木が生え、成長し、自然に戻っていくのでしょうね。
 カメラはSony α57に、レンズはSony DT55-300です。撮影データは、35ミリ版換算450mm、ISO400、F/5.6、1/320sでした。大きな写真は、クリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2013-09-29 11:27 | | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 28日

近所のスティルト親子

b0132475_1151237.jpg

b0132475_1152104.jpg この中米のB国で、旧首都の住宅街にある自宅は、周りに自然がたくさん残っており、様々な動物が見られます。なぜこんなに自然が残っているかというと、土地の標高が非常に低いことから、水が多く、そのため開発は容易ではありません。
 その開発されていない土地は沼地で草が茂り、或いはマングローブの林のような状態になっていますから、街中の住宅街といっても、野生の動物たちが住むための十分な自然が残されているのです。
 そんな自宅近所の、最も近い沼地が今日の写真の場所で、ここではいつも必ず水鳥を見ることが出来ます。写真の Black-necked Stilt (ブラックネックド スティルト)は全部で5羽が写っていますが、体格から想像するに、親1羽と子が4羽の一家だと思います。写真を拡大してみると分かるのですが、体格の小さな鳥たちは、顔の大きさに対して目の比率が大きいためか、あどけなさがあり、とてもかわいらしく見えます。
 街中の住宅街の中で、このような野生動物のほのぼぼとした光景がみられるのは、とても貴重な環境であり、これも一つの観光資源かもしれません。
 カメラはSony α57に、レンズはSony DT55-300です。撮影データは、35ミリ版換算450mm、ISO400、F/9.0、1/1,250sでした。大きな写真は、クリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2013-09-28 12:00 | | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 27日

一眼とコンパクト撮り比べ

b0132475_11514951.jpg

b0132475_1152987.jpg この中米B国の、旧首都の住宅街にある自宅は、周りの自然が豊かで、近所を散歩すると様々な生き物に出会えます。週末にはこの湿地やジャングルのような川がある近所を、カメラを持って散歩しながら、そこで見られる野鳥や、住宅の塀や庭木に登っているイグアナなどを撮ります。また、散歩の折り返し地点であるジャングルの中にあるのような川で、街中とは思えない景色を背景に記念写真を撮ったりります。
 通常は一眼レフ1台を持って出かけるのですが、時々ポケットにコンパクトカメラをしのばせ、一眼レフに付いている望遠ズームレンズでは撮れない広角域での風景を撮ったりします。
 ある日の散歩のとき、折り返し地点の川で、その川を背景に望遠ズームの付いた一眼レフと、コンパクトカメラで似たような場面を撮りました。その時は特に撮り比べるといった意図はなかったのですが、後になってこの2台の写りを比較するとどうだろうと思い当たりました。
 そうして2枚を並べてみたのが今日の写真です。レンズの焦点距離や、光の加減が少し違いますから、大まかなことしか言えませんが、全体では雰囲気が随分違います。一眼レフは豊かなグラデーションで、画面にしっとり感が感じられますが、コンパクトの画面は硬さがあります。でもコンパクト側は、奥までピントが合っていますから、状況を説明する記念写真に向いていますね。対して一眼レフ側は、背景がぼけているため、ピントの合っている人物が強調されて立体感が現れ、この場面では絞りすぎの感はありますが、いかにもポートレート写真といった感じになっています。
 カメラは、大きな写真がSony α55に、レンズはMinolta AF100-300です。撮影データは、35ミリ版換算180mm、ISO400、F/8.0、1/500sでした。大きな写真は、クリックして更に大きく見ることが出来ます。
 また、下の小さな写真はFujifilm FinePix F200で、撮影データは、35ミリ版換算82mm、ISO200、F/12.0、1/110sでした。

by yagyu-toubei | 2013-09-27 12:02 | 機材 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 26日

通過の時間

b0132475_11325121.jpg

b0132475_1133153.jpg この中米の国は、日本よりはるかに南に位置しており、北回帰線の内側ですから、一年間に太陽は2回頭の上を通過します。そのためか、暑さのピークが年に2回あるような気がします。9月に入って、つい最近まで雨が多かったのですが、この4日間ほどは晴天が続き、その暑さといったら、昼間の太陽の下では肌が焦げてしまいそうです。あの日本の蒸し暑さに加えて、日射が非常に強いのです。でも夜は日本程寝苦しくないのは助かりますが。
 それに最近、ひと頃に比べて日が短くなってきたのを感じます。自宅上空を通過するトキ達を、自宅ベランダに出て狙うのですが、5時半ではもう暗いと感じます。これまで6時頃まで明るいと感じていたのですが。
 今日の写真は、9月6日に撮ったもので、時間はぴったり5時半でした。でも近頃は、トキたちも早い日暮れを感じているのか、この時間にはもうほとんどの群れが通過した後ですから、空を見上げて待っても群れは見られません。今では5時前から15分間ぐらいが、群れの通過のピークです。鳥たちは時計を持っていないのに、時間にはとても正確なのですから不思議ですね。
 この写真の時の、群れの中のトキの数は多かったのですが、小さな写真の通り、皆が整然と隊列を組み、その間が広かったことから集団としての迫力ある場面を撮れませんでした。でも青空を背景に、太陽に照らされた飛翔姿が綺麗ですね。このうえない自然の美しさを感じます。
 カメラはSony α57に、レンズはSony DT55-300です。撮影データは、35ミリ版換算450mm、ISO400、F/6,3、1/800sでした。大きな写真は、クリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2013-09-26 11:40 | | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 25日

人物写真

b0132475_11291677.jpg

b0132475_1147163.jpg 写真を楽しむための被写体は、身の回りにたくさんあります。花、昆虫などは、マクロレンズを知ると非常に興味の湧く対象となります。大自然の風景も、一度綺麗な風景が偶然にしろ撮れてしまうと、次はもっと美しい風景をとのめり込みます。特に桜や紅葉の季節は見逃せない景色です。
 野鳥も身近な被写体です。でもこの被写体は、相手が警戒し容易には近づけないことから、機材がある程度揃わないと満足できる写真を撮るのがなかなか難しいのですが、でもその分挑戦のしがいがあるというものです。
 もう一つ身近な被写体が人物で、その相手が家族であれば随分気軽に撮ることができます。家族といっても、独身時代は親を積極的に被写体にする機会は少ないと思いますから、通常は結婚した相手、子供たちが対称になります。
 人物を撮り始めて分かるのは、肌色の表現の難しさだと思います。フィルム時代はラボ任せですから気にしなかったのですが、デジタル時代になって、写真の出来上がりをモニターで確認できるようになり、肌色が気になり始めたのです。
 美しい肌色を出すためには、十分な光と適正露出が絶対に必要な条件であることを知りました。Rawで撮れば後処理で修正ができるのでしょうが、でも適正露出であれば、カメラやレンズが持つ本来の性能を余すことなく楽しめます。
 これまでいろいろな被写体を経験しましたが、人物が最も難しく、かつ最も楽しい相手なのだとつくづく思います。なぜなら、肌色などの写真のメカニカルな難しさだけでなく、人間としての、その人物の表情にその人の内面が写るからです。そしてその表情は撮影者の内面を映しているような気がするのです。
 カメラはSony α100に、レンズはMinolta AF50 F/3.5 Macroです。撮影データは、35ミリ版換算75mm、ISO320、F/5,0、1/80sでした。大きな写真は、クリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2013-09-25 11:39 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 24日

キツツキと森の関係

b0132475_1112214.jpg

b0132475_11122396.jpg この中米の国ベリーズで、最もよく見かけるキツツキは、今日の写真のGolden-Fronted Woodpecker (ゴールデンフロンテッド ウッドペッカー)です。しかし、なぜか手持ちのハンディ図鑑にはこのキツツキが載っていません。あまりにも一般的な鳥であることから、限りあるスペースの有効利用のため省かれているのでしょうか。そう思うほど一般的な種類で、街中でもよく見かけます。もちろん、もう一方の大きな野鳥図鑑にはちゃんと載っています。
 日本で、場所にもよりますがキツツキは一般的な鳥ではなく、これまで見かけた人は少ないのではないかと思います。見たとしてもせいぜいコゲラではないでしょうか。
 キツツキは、他と違って独特の進化をした鳥で、とても興味深い種類です。外からは見えない幹の中に巣くう虫を探し出し、くちばしで穴を掘り、長い舌で虫を引きずり出します。そのために強靭なくちばしを持ち、幹に、どんな角度であろうとも張り付ける強い足と、鋭いつめを持っています。遠くからでも、キツツキが木に停まるとき、すぐに彼らだと分かります。他の鳥と違って、まるでセミのように幹に張り付くように停まるからです。
 一見すると、キツツキは木に穴を開け、傷つける害鳥のようですが、彼らは主に枯れ木に穴を掘って巣を作り、木を食い荒らす虫を獲ることから、実は森林にとって益鳥なのです。キツツキは害虫から森を守っているのですね。この国では、彼らは電柱に巣を作りますが。
 日本でもごく普通にアオゲラとかアカゲラを見られたらいいなと思います。そのために、電柱の材料を、コンクリート製を止めて、木に戻すべきではないでしょうか。実現すれば世界で話題になると思います。
 それに、使われない日本の針葉樹の有効利用にもなると思うし、スギ花粉症も減るかもしれません。
 カメラはSony α57に、レンズはSony DT55-300です。撮影データは、35ミリ版換算450mm、ISO400、F/5,6、1/250sでした。大きな写真は、クリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2013-09-24 11:17 | | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 23日

イグアナは花が好き

b0132475_10195163.jpg

b0132475_10202264.jpg この中米B国には、大型のトカゲ、イグアナがたくさん生息しており、市街地、住宅地でよく見かけます。今日も日曜の午後の日課にしている自宅近所の散歩に出かけたのですが、そのコース上で、民家の塀の上に3匹のイグアナが日向ぼっこをしていました。すぐ近くでは近所の女性たちが集まっておしゃべりしていましたが、その女性たちはこのイグアナたちに気付いているのかいないのか、それに対してイグアナも同様に、お互いが全く気にすることない風景がありました。これは日本のテレビ番組の珍百景に登録資格が十分にあると思いますが、しかしここは中米B国。
 私もこのイグアナのすぐ横、2メートルほどのところを通り過ぎましたが、イグアナはちらりと目線を動かしただけでした。そんな私の近所の住宅街ですが、1週間前にこのコースを散歩したとき、ある民家の前でイグアナが食事する風景に出会いました。イグアナがハイビスカスの花を食べると知ったのはこのときです。考えてみれば、花は中に蜜を持っていますからおいしいはずですね。
 ところで今日の写真のイグアナの、背中のひれみたいなのが総て横に倒れていますが、これは多分、彼が住む、或いは通る場所の高さが十分にないためと思われます。彼がいつも出てくる、小さな橋の下にある隙間は本当にわずかしかありません。
 カメラはSony α57に、レンズはSony DT55-300です。撮影データは、35ミリ版換算450mm、ISO400、F/6,3、1/640sでした。大きな写真は、クリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2013-09-23 10:25 | 爬虫類 | Trackback | Comments(2)
2013年 09月 22日

道路端の Roadside Hawrk (ロードサイド ホーク)

b0132475_11564539.jpg

b0132475_11573796.jpg この中米B国の、最大の都市から車で内陸部に15分ほど走ると、人家がまばらになり、牧草地のような、荒地のような風景が広がっています。幹線道路から離れた所々に森が見えますが、大きな木は無く、かつてこの辺りはジャングルであったと思われますが、今では、その面影はほとんど残っていません。ただ、牧草地に見えるこの土地は、実はほとんどの部分が湿地にようになっており、簡単には足を踏み入れられません。こんな沼地のよううなジャングルを切り開いた当時の苦労が思われます。
 さて、そんな内陸部に進入する舗装された道路を進むと、道路端の森が深くなり、ほとんど手付かずと思われるジャングルが見え始めます。先日ここを車で走っているときに、道路わきの大きな木に黒ホエザルを見つけました。黒ホエザルはこれまでに人家近くでも見ていますから、今では珍しくは無いのですが、でもその場面は、いかにもここはジャングルであるという実感がします。
 途中に川を渡るのですが、その川の水位が高くなっており、ジャングルの奥まで水が入り込んでいます。その風景はテレビで見るアマゾンや、ベネズエラで見たオリノコ川と同じだと思い、自然の豊かさを感じます。
 その川で折り返し、来た道をしばらく戻った所で、道路端の木の枝に Roadside Hawrk (ロードサイド ホーク)を見つけました。変な名前ですが、その名の通り道路端でよく見かける、この国では最も一般的なタカです。
 彼のいる場所は、道路横すぐの木で、更に低い枝ですから、人間が車から出た途端に逃げられてしまいます。車内から撮ろうと車を近づけたところ、タカは飛び立ち、少し先の木に移りました。もう一度慎重に車を近づけ、今度は10メートルほどの距離をおいて停め、助手席側に移動し、窓を開けて一枚目を撮った途端に彼は飛び去ってしまいました。今日の写真はその撮れた唯一の一枚です。今回この一枚だけですが、これまでで最も綺麗な背景で撮れた一枚でもあります。
 カメラはSony α57に、レンズはSony DT55-300です。撮影データは、35ミリ版換算450mm、ISO400、F/9.0、1/1250sでした。大きな写真は、クリックして更に大きく見ることが出来ます。
 

by yagyu-toubei | 2013-09-22 12:09 | | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 21日

Spotted Sandpiper  スポッティッド サンドパイパー

b0132475_11392054.jpg

b0132475_11393480.jpg この中米B国の、最大の都市の住宅街にある自宅は、街の中心部から車で10分ほどなのですが、周りに緑の濃い森や、草の生い茂った湿地があります。湿地は近い将来に敷地として埋め立てられるかも知れませんが、これだけ水はけの悪い土地では、造成は容易ではないと思います。
 そんな開発の難しい土地だからこそ、こうして多くの自然が残っているのでしょうから、私としては嬉しいのですが。その近所を週末に、カメラを持って散歩します。散歩コースの折り返し地点は、クロコダイルが住み、運が良ければマナティ(ジュゴン)が見られる、ジャングルの中を流れるような川です。
 その川のほとりに、毎回必ず見られる鳥がおり、それが今日の写真の Spotted Sandpiper (スポッティッド サンドパイパー)です。ただ、チドリの仲間は、よく似た姿かたちが多いことから、この名前に確信がありません。
 通常、チドリの仲間は見た目が地味だからでしょう、特に注目される鳥ではなく、私を含め、バードウオッチャーたちの関心は薄いと思うのですが、でもいつも見られることからついシャッターを押してしまいます。このような地味な鳥を撮るときは、周りの景色も含めて見栄えのする構成が必要ですね。その意味では撮りがいがあるかもしれません。
 カメラはSony α57に、レンズはSony DT55-300です。撮影データは、35ミリ版換算450mm、ISO400、F/5.6、1/500sでした。大きな写真は、クリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2013-09-21 11:47 | | Trackback | Comments(0)