とことん写真

tocofoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2012年 04月 30日

大輪の赤い花

b0132475_15452816.jpg

b0132475_15454387.jpg 先日、自宅に咲いたツバキの花について書きました。そのツバキは山に自生していた小さな木を庭に植えたもので、野生のもっとも一般的な品種だと思います。それでも花の大きさ、色ともにシンプルですが十分に美しいツバキです。
 最近訪れた自宅近くの、山を散策できる自然公園に今日の写真のツバキが咲いていました。自宅の花とは大きさが随分違い、直径は倍ほどもあります。花弁の数は多く、八重になっており、とても豪華な印象です。
 このツバキ、色、大きさ共に派手な熱帯の花みたいで、トロピカルな印象ですが、日本にもこんな花があるのですね。それも寒い時期に咲くとは驚きです。
 カメラはSony α700に、レンズはSigma AF50 Macro。

by yagyu-toubei | 2012-04-30 15:46 | | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 29日

ヒバリの習性

b0132475_17182817.jpg

b0132475_17184216.jpg 国道を挟んで、自宅から200メートルほど向こうに、田や畑があります。近頃、天気の良い日の午前中に、そこからヒバリのさえずりが聞こえてきます。ヒバリは樹木のない田畑の上空を高く舞い上がり、非常に騒々しくさえずりながらしばらく空中停止し、その後ひらひらと降りてくるというとても面白い習性があります。さえずりは縄張りを主張するためなのか、遠くまでよく聞こえます。
 このヒバリを撮りたいと思っていたのですが、先日やっとチャンスが訪れました。鳴かないヒバリを地上で探すのは、体が保護色であることから難しいのですが、うまい具合に、さえずりが終わって着地した地点近くの、見当をつけた場所を歩いているのを発見しました。その後、再度彼が空中に舞い上がり、さえずる姿も捉えたのが今日の写真です。かつて美空ひばりという歌手がいましたが、ヒバリは青空がよく似合いますね。また、オスのとさかの冠はなかなかのチャーミングポイントです。
 カメラはSony α550に、レンズがMinlta AF100-300 Apo。

by yagyu-toubei | 2012-04-29 17:19 | | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 28日

早朝の渓谷

b0132475_1755927.jpg

b0132475_17554137.jpg 今年も大型連休が始まりました。テレビのニュースによれば、高速道路、新幹線、飛行機はどれも混雑しており、その混雑ぶりは、海外でのイースター休日を思いだします。海外生活が長いせいか、日本の大型連休はなじみがなく、ピンときません。
 この時期での連休で、川や海で水を楽しむのはまだ早く、ゴールデンウイークの初日の今日、この根尾川に誰も来ていません。アユ釣りが解禁になると釣り人が、夏休みになると家族連れでにぎわうのですが。
 今日の写真の場所は、一年を通じて、そのどちらの訪問者も多くありません。この流域は渓谷になっており、アクセスが悪いせいでしょうか。それに家族が楽しめるような砂場や砂利場がありません。また、川幅が狭いせいで水深があり、子供が遊ぶには危険です。この渓谷は10キロメートルほど続いており、根尾川で最も美しい景色が見られる場所の一つだと思います。特に紅葉の時期は最高です。
 カメラは、当ブログ初登場のNikon CoolPix E8400。

by yagyu-toubei | 2012-04-28 18:00 | 岐阜自宅周辺 | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 27日

最後の山桜

b0132475_20165064.jpg

b0132475_20165732.jpg 今日は朝から快晴に恵まれ、さらに黄砂がないことから新緑が始まった山々がとてもきれいに見えました。空に雲はなく、山の薄い緑と青い空が、桜が散った寂しさを忘れさせるほどに輝いていました。こんなに見通しのいい日は高い山に登って景色を楽しむのが一番です。幸い近くに、山の頂上に続く林道があることから、これを目指しました。
 頂上近くに、ここは標高が高いせいか、この一本だけでしたが、まだ満開の山桜が残っていました。この地域でおそらくこれが、今年の桜の見納めの最後の一本です。遠くには、数日前にこのブログに登場した権現山が、くっきりと見えています。1週間前は雪で真っ白でしたが、今日はご覧のとおり、大分雪解けが進んでいます。くっきりと見えてはいますが、さすがにここからは直線距離で20Km以上離れていますから、山肌の細部はかすんで見えています。この権現山、名古屋から見えるのって知ってます?
 カメラはSony α550に、レンズがMinlta AF100-300 Apo。

by yagyu-toubei | 2012-04-27 20:21 | 岐阜自宅周辺 | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 26日

懐かしい橋のたもと

b0132475_2034857.jpg

b0132475_20342253.jpg 地元、本巣市内の有名な桜の名所である根尾地区の淡墨桜を訪れた際に、車を桜近くの駐車場に停められなかったことから、樽見駅近くの街中に置き、桜のある丘まで歩きました。その日は天気がよく、青空に満開の桜がよく映えて、また、丘から眺める雪を頂いた権現山が見事でした。こんな日は車で近くに行くよりも歩いて周りの景色を楽しむのが正解です。
 桜の帰り道、子供のころ遊んだ歩行者専用の橋に行ってみました。場所や構造は同じですが、欄干や床の木造が金属製に架け替えられ、時代の流れを感じましたが、それ以外は当時のまま。その橋と満開の桜のコンビネーションが最高で、懐かしい景色を楽しむと同時に、これを見るだけでもここを訪れる価値があると感じました。
 カメラはSonyα700に、レンズはSigma AF18-125HSM。

by yagyu-toubei | 2012-04-26 20:35 | 岐阜自宅周辺 | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 25日

ついにオオルリ

b0132475_17405529.jpg

b0132475_1741466.jpg 地元である本巣市内の、根尾地区に至る道路が順次新しく付け替えられ、それに伴って旧道となったところは交通量が劇的に減ります。そこはありがたいことに、バードウオッチングをしながら散歩するにうってつけのルートになっています。ただ、全く車が通らないわけではないことから最低限の注意は必要ですが。
 今日、そんな道路を歩いていると、野鳥の美しく、よく通る鳴き声のさえずりが聞こえてきました。その声が、良く通る音であることから場所が近いと錯覚しますが、実際は思ったより遠いところでさえずっていました。その声の主はオオルリです。実物を初めて見る鳥ですが、中学生の頃、この根尾地区にオオルリがいることを聞いていましたから、この鳥がそれだと直感しました。
 オオルリはウグイス、コマドリと共に日本の三鳴鳥と言われる美しいさえずりの持ち主であると同時に、写真のとおり姿もるり色の美しい鳥です。今日は黄砂で見通しが悪かったのですが、飛翔姿のピントが少し惜しい以外、うまく撮れました。
 カメラはSony α550に、レンズがMinlta AF100-300 Apo。

by yagyu-toubei | 2012-04-25 17:52 | | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 24日

散った桜

b0132475_1803949.jpg

b0132475_1805195.jpg 待ち遠しい春が来て、国民が待ちに待った桜が咲くと、花があまりにも見事に咲くが故か、その散る様は名残惜しく寂しいものです。
 余談ですが、その心は忠臣蔵でおなじみの浅野内匠頭(たくみのかみ)が読んだ、「風さそふ 花よりもなを 我はまた 春の名残をいかにとやせん」の句にも表れています。忠臣蔵には、日本人には欠かせない桜の場面も登場するように、その物語は日本人の心の原点ですね。
 今日訪れた自然公園の散策道が桜のじゅうたんで、見事にピンク色でおおわれていました。桜は散ってもなお見事です。人生もこうありたいものです。
 カメラはSony α700に、レンズはSigma AF50 Macro。

by yagyu-toubei | 2012-04-24 18:07 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 23日

グミの花とミツバチ

b0132475_195655.jpg

b0132475_19561648.jpg 今日の雨でほとんどの桜の花が散り、今はしだれ桜、八重桜が春の名残を惜しむかのように、葉の間にわずかな花が残っています。
 ピンクの桜に変わって、自宅庭では、白いびっくりグミの花が満開です。この花の蜜を求めてたくさんのミツバチが集まっており、周りが静かだと木の周りはプロペラ飛行機のような爆音に満たされます。
 このグミの花は小さく、蓄えている蜜の量が少ないのか、ハチたちの一輪にとどまっている時間は非常に短く、忙しそうに花から花へ飛び交います。雨の降る暗い日に、花の中を素早く動くハチを、ピントぴったりで捉えるのは意外と難しく、少々苦労しました。
 カメラはSony α550に、レンズがMinlta AF100-300 Apo。

by yagyu-toubei | 2012-04-23 20:00 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 22日

満開の日

b0132475_17412813.jpg

b0132475_17413776.jpg 桜の名所は日本各地にあり、その数の多さと、樹齢を重ねた見事な桜の木や、どこまでも続くような並木の存在は、日本人の桜に対する強い想いを表しているのでしょう。今年は開花が遅れましたが、天候に恵まれ、花見を堪能された方が多いのではないでしょうか。
 岐阜にも有名、無名合わせて、近場に多くの桜の名所がありますから、満開の時期にどこを選ぶかは大きな悩みの種です。私の好みとしては、小川の両側の土手に、どこまでも続く桜並木が好きですが、今年はそのような場所を訪れるチャンスがありませんでした。今年の桜見の場所として選んだ一つが畜産センター。その日は晴天に恵まれ、青空に映える桜は最高の美しさでした。
 カメラはSonyα700に、レンズはTamron SP28-75 F2.8。

by yagyu-toubei | 2012-04-22 17:44 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 21日

空中のカワアイサ

b0132475_10381842.jpg

b0132475_10382987.jpg 日課にしている川べりの散歩で、桜が咲き始めた頃から、それまで必ず川面にいた水鳥を見かけなくなりました。それまでは、マガモが浅瀬で、オシドリが深みに、カワアイサが岸で羽を休めていたのですが。カワアイサのつがいを見たのが最後でしたが、彼らは北の空に旅立ったのでしょうか。
 この川を訪れた水鳥たちは警戒心が非常に強く、彼らはこちらより先に人間を発見し、すぐさま飛び立ってしまいます。気づいた時にはすでに飛んでいる姿であることが多く、よって撮れる写真は空中に浮かんでいる姿になります。水面にたたずんでいる姿より飛んでいる姿の方が躍動感があっていいのですが、その飛翔姿をなかなかクリアに撮ることができません。写真はカワアイサのメスです。
 カメラはSony α550に、レンズがMinlta AF100-300 Apo。

by yagyu-toubei | 2012-04-21 10:42 | | Trackback | Comments(0)