とことん写真

tocofoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2011年 04月 30日

異質の2羽

b0132475_13242548.jpg

b0132475_13245578.jpg この中米の国コスタリカの太平洋岸近くにある、海抜の低い土地に熱帯雨林を持つ国立公園で見た2種類の変わった鳥を紹介します。
 大きい写真は、近くでテロの爆弾被害にあったのかと思わせるような様相で、どうみても本来の姿には見えないのですが、おそらくこれがオリジナルなのでしょう。とっても変わった鳥だと思います。
 下の写真は、上の茶色の写真の鳥もそうだったのですが、低いところの枝から枝へ移動する小さな鳥です。このように写真に撮って、モニターで拡大して見てはじめてその姿が確認できるほど小さく、おまけに森がうっそうとしていることから、現場では暗くて姿が良く見えませんでした。この鳥も変わった姿の鳥で、他の鳥とは異質なものを感じます。これら2羽とも手持ちの小さな図鑑には、残念ながら見あたりません。
 カメラはCanon EOS Kiss X2に、レンズはSigma 18-125。2羽とも、シャッタースピードが1/15、1/30と厳しい条件でしたが、よく撮れています。

by yagyu-toubei | 2011-04-30 13:34 | | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 29日

テラスからの バードウオッチング

b0132475_11284040.jpg

b0132475_1129380.jpg この中米の国コスタリカの4連休に出かけた国立公園の中でなく、ホテルの部屋のベランダから、野鳥観察や写真を撮ることができるほど身近なところで沢山の鳥を見ることができました。そのうちの一枚が今日のツカンの写真です。
 ホテルの敷地は驚くほど広く、幹線道路からホテルのゲートまで約2Km。両側には熱帯の植物や花が植えられ、とても綺麗に手入れされています。そのホテルから、幹線道路とは反対側の海岸まで、やはり2Kmほどあるそうですが、その間も私有地で、海岸はプライベートビーチです。
 ホテルの各部屋はコテージで、内部やテラスは広々としており、通常のホテルのような狭苦しさはなく、余裕を感じます。コテージ間の広い庭はよく手入れされており、それが下の写真です。
 カメラはCanon EOS Kiss X2 に、レンズはSigma 18-125。

by yagyu-toubei | 2011-04-29 11:34 | | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 28日

深い森

b0132475_13561859.jpg

b0132475_13563965.jpg この中米の国コスタリカは自然を観光するエコツーリズムが有名で、その中でも、最も沢山の人が訪れる森が今日の写真の保護区です。保護区といっても、この森は完全な民有地で、政府のものではありません。でも、おそらくこの森が原生林の姿を保っている中で、最もアクセスの良い場所だと思います。
 森林の内部は緑が濃く、昼なお暗くうっそうとしており、大木が多く、その大木には色々な植物が取り付き、複雑な様子を見せています。そんな森の中で、足元といえるほどの低い場所にハチドリが巣を作っていました。下の写真がそれです。我々が近づいても特に気にするふうでもなく、じっと卵を温めていましした。こういった自然を身近に体験できるのがエコツーリズムの魅力なのでしょうね。
 カメラはCanon EOS Kiss X2 に、レンズはSigma 18-125。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             

by yagyu-toubei | 2011-04-28 14:01 | コスタリカ | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 27日

単車のデザイン

b0132475_13242238.jpg

b0132475_1324447.jpg この中米の国コスタリカの首都にある自宅から、歩いて3分とかからない近所に日本料理屋があり、その店の名を札幌といいます。料理人は日本人ではなく、少し黒めのラテンの人ですが、メニューは刺身や寿司など、全くの日本料理です。この店では一度だけ食べましたが、それ程悪くありませんでした。
 ある日の週末、いつものように散歩でこの店の前を通った際に、今日の写真の単車が置いてありました。今まで見たことのない型で、いかにもデザイナーがこだわったデザインで、イタリアのにおいがします。それとも私が知らないだけで、日本製かもしれません。エンジンは外観から想像する限り50ccのように思われます。もう長いこと単車に乗っていませんが、こんなデザインなら欲しいと思いました。
 カメラはSony Cyber Shot P200。

by yagyu-toubei | 2011-04-27 13:30 | コスタリカ | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 26日

アルマジロ

b0132475_12153438.jpg

b0132475_1216479.jpg 先週末に訪れた、このコスタリカのホテルは、これまでに泊まったこの国のどのホテルよりも良く、総合点で一位を付けられます。立地条件は海に面した小高い丘の上で、どちらを見ても眺めがいいのです。ホテルの周りは熱帯雨林の自然林で覆われ、各種の野鳥が生息しておりバーウオッチングを楽しめます。
 そこには、おそらく、今日の写真でご紹介するこのアルマジロも生息しているのではないかと思います。これは剥製で、ホテルの一角に置かれていました。外皮は体毛が変化したといわれる甲羅上の硬い皮膚で覆われ、触ってみましたがカチンカチンに硬い感じです。これだけ硬いと財布やベルトに使えませんからむやみに人間に狙われることがなくていいのかもしれません。でもきっと、人間のことだから皮膚を何らかの方法で柔らかくして革製品にしているのでしょうね。
 このアルマジロという生き物、見れば見るほど変わった姿です。日本ではペットとして人気のようですが。
 カメラはCanon EOS Kiss X2 に、レンズはSigma 18-125。

by yagyu-toubei | 2011-04-26 12:20 | | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 25日

水に向うワニ

b0132475_5185049.jpg

b0132475_519898.jpg 昨日お見せしたワニは、我々が水辺に到着した時には口をあけて日光浴を楽しんでおり、その様は全く動きが無く、まるで置物のようでした。そのワニにそっと近づくと10メートルほどの距離で動き始めました。あわてる様子はなく、ゆっくりと立ち上がり、水辺に向います。ワニはいつ見ても大抵は静止していることから、こうして間近で歩く動作を見るのは新鮮です。
 この国コスタリカは野生動物の捕獲を禁止しており、ワニも勿論例外ではありません。よって、この国だけでも相当数のワニが生息しています。以前にもお知らせしましたが、この公園の近くを流れる川に架かるの橋の上から、その橋の下に群れる巨大なワニを見ることができます。
 カメラはCanon EOS Kiss X2 に、レンズはSigma 18-125。

by yagyu-toubei | 2011-04-25 05:22 | 爬虫類 | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 24日

自然の中のワニ

b0132475_1025153.jpg

b0132475_1031923.jpg キリスト教の国々にある、日本のゴールデンウイークに当たる連休が、ラテンではセマナサンタと呼ばれます。日本語にすればサンタの週ですが、サンタクロースのサンタではありません。
 それはいいのですが、この4連休を利用して熱帯雨林が見物の、ここコスタリカの国立公園に行ってきました。この公園は太平洋岸近くにあり、公園に海岸は無いのですが、大きな川に面しています。公園の位置は標高が低いことから、まさに熱帯の暑さで、今は乾季で雨は少ないのですが、公園の中は大木が多く、うっそうとしています。
 汗をかきながら歩いた園内の道は、雨季には川になるところで、乾季といえども全体に湿った感じがします。まだ水の残るところには、水上を走ることで有名なバシリスク、水辺の鳥に混じってワニがいました。水辺近くの日当で、口をあけて日光浴をしています。こういった風景を間近に見ると豊かな自然を感じます。ワニの写真はジャングルの感じを出すため、あえてツタを手前に入れたのを選びました。
 カメラはCanon EOS Kiss X2 に、レンズはSigma 18-125。

by yagyu-toubei | 2011-04-24 10:11 | 爬虫類 | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 21日

落ち葉の季節の鳥

b0132475_11241243.jpg

b0132475_1124362.jpg この中米の国コスタリカの首都郊外にある熱帯雨林を楽しめる東公園で、ごく普通に見られる鳥の中では比較的大型で、写真に撮ってもそれ程見栄えしない鳥がいますが、今日の写真の鳥、ジェイはその代表的な存在です。日本で言えばカラスのようなものですが、カラスよりももう少し小型で、鳴き声は大きく、猛禽類を思わせせる響きを持っています。見かけが地味なせいか、小さな図鑑には載っていません。
 東公園ではいつもこの鳥の鳴き声を聞いていたのですが、当時は木の葉が多く、姿を確認できませんでした。この写真を撮った時は落ち葉の季節でした。
 下の写真は同時期に見た変わった形の花(?)です。
 カメラはCanon EOS Kiss X2 に、レンズはSigma 18-125。

by yagyu-toubei | 2011-04-21 11:27 | | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 20日

火の鳥の敵

b0132475_11544594.jpg

b0132475_11552011.jpg ベネズエラに住んでいた時は、熱帯雨林にそれ程興味がなく、また、気軽に熱帯雨林を体験できるような場所も知らなかったことから、ロライマ山に登った時、カリブ海に面した山越えをした時ぐらいしか訪れたことがありませんでした。その時でも通り過ぎただけですが。
 その後、セントルシアで熱帯雨林の素晴らしさに気付き、その島にある7つのトレールコースのうち、6つまで走破しました。その後、この中米の国に来たのですが、ここは熱帯雨林を沢山訪れることが出来ますが、セントルシアほど気軽には行けません。
 さて、この国コスタリカでは、日本では珍しい鳥に出会うことが出来ます。その一つが今日のツカン。この鳥はなんと、手塚治の漫画に出てくる火の鳥のモデルとなったケツアールの卵や雛を襲って食べてしまうそうです。火の鳥を食べるツカンとはすごいですね。
 下の写真は、このツカンを見つけたところの足元に咲いていたかわいらしい花です。花と共に既に実がなっているのでしょうか。
 カメラは、Canon EOS Kiss X2 に、レンズはSigma 18-125。

by yagyu-toubei | 2011-04-20 12:00 | | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 19日

至近距離のハチドリ

b0132475_1312370.jpg

b0132475_1315634.jpg 中米のこの国コスタリカで最も有名は熱帯雨林のモンテベルデを訪れると、そのゲート近くにある土産物店兼コーヒーショップの前に、ハチドリを集めるための餌台があります。そこではこれまで見たこともないほどのハチドリが群れており、それは見物です。写真を撮る時は餌台が邪魔ですが、でも、この餌台があるおかげでハチドリはじっと留まっていてくれるのですから文句は言えません。
 ハチドリたちは接写が出来るのではないかというほどに近づいても逃げることなく、人間など全く目に入っていないようです。こうして間近で見るハチドリは本当に綺麗です。
 カメラはCanon EOS Kiss X2 に、レンズはSigma 18-125。

by yagyu-toubei | 2011-04-19 13:05 | | Trackback | Comments(0)