とことん写真

tocofoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2010年 12月 30日

空は真っ二つ

b0132475_12101811.jpg

b0132475_12105472.jpg この中米の国コスタリカの首都は12月から乾季に入り、通常なら毎日青空が広がるはずでした。ところが今年は異常気象なのか、いつまでたっても空は厚い雲に覆われています。それも奇妙なことに、自宅上空あたりを境にして、北はからりと青空で晴れ渡り、南側は今にも降りそうな厚い雲に覆われています。それも一日だけでなく、ほぼ毎日のことなのです。
 週末の習慣にしているダウンタウンへの散歩は、このような天気ですから傘が必要なのか、何を着ていくのか選択が難しいのです。
 今日の写真はそんな日の散歩の時に撮った、これまでに何度も登場している自宅近くの赤い屋根の教会です。手前の空は青く、向こうは厚い雲が見えています。
 ところで、いつもの見慣れた風景でも逆光で捉えると空気感が変わり、何事も劇的に見えますね。
 カメラはNikon CoolPix E5400。

by yagyu-toubei | 2010-12-30 12:15 | コスタリカ | Trackback | Comments(0)
2010年 12月 29日

枯れ木に立つ

b0132475_1201874.jpg

b0132475_11582695.jpg この国コスタリカの首都郊外にある森林公園で見かける鳥の数は、日によって大きく違います。いくつもの種類を、そして数も多いことがあるかと思えば、まるで死の森かと思うくらいに静かで、生き物の気配さえ感じないような日があります。
 そんな日でも、今日の写真の鳥、マウンテンロビンは公園のどこかで必ず見ることができる種類です。この日も生き物を見かけることが少ない散策の日だったのですが、やっぱりいました。うまい具合に、まるでモデル気取りでじっとしてくれていました。
 カメラはSony α700に、レンズはSigma AF70-300 Apo DG。

by yagyu-toubei | 2010-12-29 12:06 | | Trackback | Comments(0)
2010年 12月 28日

街路のトロピカル

b0132475_12485893.jpg

b0132475_12494011.jpg この中米の国コスタリカは熱帯地方に位置することから、首都でも年中トロピカルな花を見ることができます。ハイビスカス、ブーゲンビリア等々。でもこれまで長く住んだ、同じく熱帯地方に位置するベネズエラの首都カラカスと違うのは、街路のあちこちにブロメディアを見かけることです。ランと同じ仲間の着生植物で、エアープラントプラントですが、ランのような特徴的な花を付けず地味ですが、一年中緑の葉が美しく、こちらもランと並んで多くの人々に愛されています。
 今日の写真はそのブロメディアの一種で、花の時期になるととても派手な色の茎(?)のようなものが延び、その先にとても小さな花らしくものを付けます。その茎の、信じられないような色の派手なこと。写真の通りまさにトロピカルです。
 カメラはCanon Power-Shot S80。

by yagyu-toubei | 2010-12-28 12:54 | | Trackback | Comments(0)
2010年 12月 27日

寒い馬の日

b0132475_955593.jpg

b0132475_962193.jpg 中米のこの国コスタリカの首都では、毎年クリスマスが終わった12月26日に国中の馬自慢たちを集め、「カウボーイ」たちのパレードがあります。 その日は首都の目抜き通りが封鎖され、馬で埋め尽くされます。馬はどれも大きく立派で、美しい馬体を披露し、観衆の目を楽しませます。パレードの最初に行進する10グループほどの馬たちは皆前足を高く上げて躍るように歩きますが、その後、集団で押し寄せる馬たちはただの歩きです。これはその集団が通過するときの写真です。
 この馬のパレードはこの国で最も大きなイベントの一つですが、間の悪いことに、今日は小雨交じりの強風が吹き荒れ、寒い一日になってしまい、観客は震えながらの見物となってしまいました。去年のこの時期は良く晴れていたのですが。
 カメラはCanon Power-Shot S80。

by yagyu-toubei | 2010-12-27 09:38 | コスタリカ | Trackback | Comments(0)
2010年 12月 26日

踏切はなし

b0132475_1327469.jpg

b0132475_13282941.jpg この中米の国コスタリカの首都にはかつて電車が走っていたそうです。現在はその電車のための架線は残っていませんがレールは残っており、数年前からそこをディーゼル列車が走っています。その列車は街中を縦横無尽に走っていることから、いくつもの道路との交差点があります。そこにはかつて踏切があったそうですが、列車が走らなくなってからいつの間にか消えてしまったそうです。そうして、数年前にこの線路を走る列車がディーゼルで復活した時、なくなってしまっていた踏切りは復活しませんでした。
 列車が道路との交差点を横切る時は、あらん限りの音量で汽笛を鳴らし、通行車両に止まるよう警告します。そのうるさいこと、尋常ではありません。でも車のハンドルを握ったラテン人の熱い血を押さえ込むにはこれくらいの音量が必要なのでしょうね。
 カメラはCanon Power-Shot S80。

by yagyu-toubei | 2010-12-26 13:36 | コスタリカ | Trackback | Comments(0)
2010年 12月 24日

モモタを近写

b0132475_89236.jpg

b0132475_89327.jpg この中米の国コスタリカで、首都でもよく見ることができる美しい鳥の一つである、スペイン語名でモモツス・モモタを、ついに間近で捉えることができました。この鳥はこれまで何度もお伝えしている通り、恐怖より好奇心が勝るようで、人間をそれ程怖がらず、むしろ人間と遊びたいがごとく悪戯っぽいことをします。
 体色は青や緑が良く目立ち、光に反射して美しく輝きます。尾が長く、その先は矢羽のような変わった形をしています。私の直感では、この鳥は日本のカケスに近い種類ではないかと思っています。
 この鳥を、週末に訪れる首都郊外の東公園で、300mmの望遠ズームで、距離約5m程の所から撮りました。カメラを近くの立木に押し付け、ブレを最小限に抑えました。
 カメラはSony α700に、Sigma AF70-300 APO DG。

by yagyu-toubei | 2010-12-24 08:11 | | Trackback | Comments(0)
2010年 12月 23日

乾季に咲く花

b0132475_11202859.jpg

b0132475_1121072.jpg この中米の国コスタリカの雨季が終わり乾季となった今、この2週間ほど、ほとんど雨が降っていません。この状態がこれから5月頃まで続きますが、このような雨のない日々でも咲く花があちこちで見られます。その代表がランですが、今日の写真はランではありません。
 この花は雑草のようにあちこちの道端で見ることができます。雑草にしては花が大きく、色も美しいことから十分に観賞用になります。この花を背景をぼかして撮ってみました。コンパクトデジカメと違って、一眼レフはこのボケを使うことで表現の幅が広がりますね。
 カメラはSony α700に、レンズはSigma AF70-300 APO DG。

by yagyu-toubei | 2010-12-23 11:25 | | Trackback | Comments(0)
2010年 12月 22日

新緑浴

b0132475_1132893.jpg

b0132475_11312099.jpg この中米の国コスタリカで、雨季が終わり、乾季になったせいでしょうか、首都郊外にある森林が売り物のこの東公園に、これまでよりずっと多くの人たちを見かけるようになりました。特に多いのが学生の団体。小学生から高校生まで様々で、とてもにぎやかです。そのためなのか、近頃野鳥を見かけることが少なくなった様な気がします。いつも期待しながら望遠ズームを付けて出かけるのですが、毎回空振りに終わります。
 そちらの面では残念ですが、でも今の時期の新緑のような公園内の散策は森林浴を楽しめ、心と体のリフレッシュには最適で、自然をゆったりと満喫するにはいい場所と季節です。
 カメラはSony α700に、Sigma AF 70-300 APO DG。

by yagyu-toubei | 2010-12-22 11:35 | コスタリカ | Trackback | Comments(0)
2010年 12月 21日

勝手に咲いたラン

b0132475_1145973.jpg

b0132475_1152471.jpg この中米の国コスタリカは熱帯地方に位置することから、日本に比べ、ランを目にする機会ははるかに多くあります。首都郊外の森林公園には野性のランがあちこちに見られ、特に珍しいものではないのです。ただ、日本でも同様に、特に珍しくないランはあり、普通に見かけることが出来ます。その代表がねじ花です。
 さて、そんな中米の国の首都では12月から5月にかけての花の咲く季節にはあちこちでランの展示と即売会が開催されます。日本ランを買うと花を咲かせるのが大変と聞いていますが、ここではそういった苦労は全くなく、庭の木や壁にかけておけばよく、店の人は、花を買った人に何も手をかけないないように注意するほどです。
 今日の写真は、そういった展示即売会で今年の初めに買い、何もしないで放っておいたのですが、ご覧の通り見事に咲きました。
 カメラはFujifilm FinePix Z70。

by yagyu-toubei | 2010-12-21 11:09 | | Trackback | Comments(0)
2010年 12月 20日

葉の出る前に咲く花

b0132475_13384352.jpg

b0132475_13392084.jpg この中米の国コスタリカの首都にある自宅から、週末の日課にしているセントロ(ダウンタウン)への散歩のコースの途中に、桜のように葉を全く付けないで咲く木の、鮮やかな赤い花が満開です。既に地上に花が散っていることから、花の盛りは過ぎつつあるのかもしれません。この見事な鮮やかな赤い色は、下の小さな写真にあるように、花が地上に落ちてもそれ程色があせておらず、この花、もしかしたら染色に使えるかもしれません。それに油分も多そうですから、そちらの使い方があるかもしれません。このような雑学を教えてくれる人がいたら、散歩がもっと楽しくなりそうです。
 カメラはCanon Power-Shot S80。

by yagyu-toubei | 2010-12-20 13:42 | | Trackback | Comments(0)