とことん写真

tocofoto.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:花( 181 )


2017年 07月 15日

散歩道の草花

b0132475_20271871.jpg
 岐阜市近郊にある自宅近くの散歩コースで、現在興味ありそうな野鳥の姿はほとんど見られず、運が良ければたまにキジが登場するのですが、これも柿畑に農家の人や、川に釣り人がいたりしたら決して現れません。
 そうなると目は自然に路傍の草花や虫たちに行き、そうして撮ったのが今日の写真ですが、野草でも花が意外と大きかったり、或るいは色鮮やかな種類があるのだと気づかされます。
b0132475_20273092.jpg この写真を撮ったのは、休耕している畑や、自家用の野菜や花作りをしているそのあぜ道ですから、もしかしたら菜園用の花が野生化したものかもしれません。
 ところでこうして散歩していて気づかされるのは、一年を通じて非常に多くの野草が花をつけ、それらが意外ときれいであることです。こういったことは自然の道を歩いて初めて分かることですね。
 モンシロチョウの拡大写真についての感想を一つ、マクロ専用レンズには及びませんが、ズームレンズでここまで撮れれば満足でき、野鳥狙いにはとても便利に使えます。

b0132475_20274767.jpg 使用機材のカメラはSony α77Ⅱに、レンズは Sony 70-300 SSM G。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F5.6、1/2,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


by yagyu-toubei | 2017-07-15 20:38 | | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 12日

散歩道に咲く花

b0132475_20214401.jpg
 今日の写真は、岐阜市近郊にある自宅近くを散歩するコースに咲いていた花で、マメ科の花でしょうか。
 毎日同じコースを散歩していると、季節と共に見かける花の種類が変わっていくのがよく分かります。特に春から秋にかけては本命の野鳥が姿を見せなくなることから、自然と道端の花や虫に注意が行きます。
b0132475_20215959.jpg 道端に咲く雑草でも大きく立派な花をつけるのがあり、その美しさは人口的に改良され、花壇に咲く花に劣らないものがたくさんあります。 名前が分からないことからうまくお伝えできないのですが、今日の写真の、マメ科と思われる花もその一種です。
 この花をよく見てみると、花の形がどことなくランに似ているような気がします。私に最も身近なランは、自宅庭にも咲いているネジリバナですが、この花もそれに劣らず可憐できれいですね。
 下の小さな写真は、やはり同じ散歩道で見かけた虫ですが、注目は一緒に写っている花です。小さくて白一色ですが、美しいですね。

b0132475_20222315.jpg 使用機材のカメラはSony α77Ⅱに、レンズは Sony 70-300 SSM G。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F5.0、1/800sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


by yagyu-toubei | 2017-07-12 20:23 | | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 06日

庭のブルーベリー

b0132475_17573246.jpg

b0132475_17574247.jpg 岐阜市近郊にある自宅庭には、びっくりグミ、サクランボ、夏みかん、ナツメなどの果物のなる木が植えられていますが、今日の写真のブルーベリーもその中の一つです。
 これまで海外生活が長かったことから、庭木の手入れはほとんどすることができず荒れ放題でしたが、今は何とか最低限程度ですが手入れをしています。
 サクランボは毎年実がついているようですが、赤く熟す前にほとんどが落ちてしまい、これまで果実を見たことがありません。近くに住む兄が言うにはうまく交配ができていないのではとのことです。今年はこれの対策としてもう一本のサクランボ「暖地」という品種を近くに植えました。
 さてブルーベリーですが、植えてからもうだいぶたつのですが、土の栄養価が低いのか、あまり大きく育っていません。でも今年はたくさんの花をつけていますから、実が成るのではと期待しています。
 ただ心配なのは夜な夜な出没する鹿たちが、こちらが収穫する前に食べてしまわないかということです。びっくりグミはいつもからストヒヨドリたちに盗られてしまっていますから。
 下の小さな写真は、上の大きな写真の一部拡大ですが、真ん中のめしべの周りにおしべが見えます。この花、奥ゆかしいようで大きくは開かないのですね。かわいらしい花です。それにさすがにマクロレンズ、素晴らしい描写です。
b0132475_17582188.jpg

 カメラはSony α77Ⅱに、レンズは Sigma AF300mm Apo Tele Macro。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F6.3、1/1,250sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


by yagyu-toubei | 2017-05-06 19:13 | | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 13日

自宅庭の椿

b0132475_22332793.jpg

b0132475_22341312.jpg 岐阜市郊外にある自宅周辺は、今桜が満開を迎え、道路沿いや川岸、野山がピンク色に包まれています。
 我が家は国道の脇にあり、その道は日本三大桜と言われる根尾の薄墨桜に続いていることから、満開の今は観光客が増えて一年で最も交通量が多い時で、その車の流れを見ていると、日本人の桜に対する想いを改めて実感しています。桜が満開の風景は何度見ても素晴らしいですから。
 そんな桜一色の季節ですが、自宅の庭に植えてある椿が花をつけています。緑色の中で赤色、黄色が目立つ立派な花で、その美しさに惹かれ撮ったのが今日の一枚です。
 現時点ではこの木に三輪のみですが、幹の直10cm程、樹高2,5m程ですからもっと花をつけてもいいと思うのですが。庭は山土を入れて造成していることから栄養不足なのでしょうか。
 下の小さな写真は自宅近所の椿の木ですが、こんなにいっぱい花をつけています。この差はどこから来るのでしょう。でもこんなにたくさんはいらないのですが。 椿は西洋のバラと並んでとても魅力的な花だと思います。

b0132475_22360188.jpg カメラはSony α77Ⅱに、レンズは Sony 70-300 G SSM。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO1,250、F5.6、1/500sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2017-04-13 22:43 | | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 21日

300mmマクロで撮るコスモス

b0132475_22070896.jpg

b0132475_22073016.jpg 今日の写真は、去年の秋に自宅周辺の散歩の際に見かけたコスモスを撮った時の二枚いです。コスモスは山口百恵の歌にも多少影響されているのかわかりませんが、秋によく似あう花で、青空の下に一面に咲く花畑はこの世のものとは思えないほどに美しいと感じることがあります。
 またコスモスにはミツバチがよく集まりますから、マクロレンズでの昆虫写真にはうってつけの被写体です。
 今日の写真を撮ったレンズは、望遠300mmのマクロで、すでに発売から相当な時間が経っていますから、オークションでもなかなか見かけなくなっていますが、昆虫を撮るには離れて撮影できることからとても重宝します。
 その描写ですが、さすがに単焦点でマクロを名乗るだけあり素晴らしく、解像力、発色とも期待を裏切ることはありません。ただ、鳥などの遠距離の撮影には、マクロ撮影時に見せるほどの切れは感じられません。それにもう一つの欠点は、古いだけにAF速度が遅く、この点でも鳥撮影にはあまり向かないように思います。
 下の写真は、上の大きな写真の部分拡大ですが、この緻密な描写を見れば、このレンズはマクロで本来の能力を発揮するのだろうと思われます。

b0132475_22081717.jpg カメラはSonyα77Ⅱに、レンズは Sigma Apo Tele Macro 300mm F4.0 。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO400、F7.1、1/640sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


by yagyu-toubei | 2017-03-21 22:12 | | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 10日

自宅庭に咲くラン

b0132475_1143822.jpg

b0132475_1153270.jpg この中米B 国の、最大の都市の住宅地にある自宅敷地は、アパートやタウンハウスがあり、敷地は広く、中央には池もあります。
 その池の周りにヤシの木が植えられているのですが、そのヤシの木にランが着生しています。種類はこの国で最も一般的に見られるもので、幹線道路脇のやはりヤシの木に着生しているのをよく見かけます。
 このラン、とても変わった形をしており、ランの種類が多いベネズエラやコスタリカでもこれまで見た記憶がありません。色はエンジ色と紫色が基調で、とても美しく遠くからでも良く目立ちます。
 このラン、長く細い茎の先端に花をつけることから、風に吹かれてよく揺れ、ピントを合わせ辛く写真に撮りにくい種類でもあります。
 庭に咲くこのランを撮っていたところ、下の小さな写真のハチドリがその茎に来て停まりました。おかげで間近で撮れたのですが、せっかく美しい鳥の背景が空であるのは残念です。

b0132475_1162457.jpg カメラはSony α77Ⅱに、レンズはSony 70-300 G SSM。大きな写真の撮影データは、35ミリ版換270mm、ISO400、F9.0、1/800sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2016-07-10 11:12 | | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 18日

自宅庭に咲く夏ミカンの花

b0132475_22213256.jpg

b0132475_2222109.jpg 岐阜県本巣市の自宅の庭の隅に、夏ミカンの木があります。小さい頃から、自宅の庭には果物のなる木を植えようと決めていましたから、ここに越してきて以来いろいろな果物の木を植えました。この夏ミカンの木もそのうちの一本です。
 この私の住む地方は、年によってたくさんの雪が降り積もり、これまで最も深かったのは1mを優に超したことがありました。その年にこの夏ミカンの木が、雪の重みで折れ、もはやこれまでかと思ったのですが、折れた部分をまっすぐに伸ばして添え木をしてあげたら見事によみがえり、今は大きく元気に背を伸ばしています。
 その夏ミカンの木に花が咲きました。数えられただけでも20以上はありますが、今日の写真はその中の一輪です。周りに3つのつぼみも見えており、白く可憐な美しい花です。それに今回気付いたことがこの花、決して嫌味ではない強く甘いにおいを発しています。受粉するための蜂たちを誘っているのでしょうか。
 カメラはNikon D7000に、レンズはTamron SP90 Macro。大きな写真の撮影データは、35ミリ版換135mm、ISO400、F5.6、1/160sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2016-05-18 22:28 | | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 15日

庭に咲く野草

b0132475_1963237.jpg

b0132475_197589.jpg 今日の写真は、岐阜県の自宅庭に咲いている野草です。普段から手入れしていないことから、庭一面に雑草が茂っているのですが、その中に花をつける野草がたくさんあります。
 この写真の花の名前を知らないのですが、白を基調に紫色と白色の配色がとても美しい花です。花が小さいために目立たないのですが、これが大きな花であれば、間違いなく人気の花となるでしょう。
 カメラはNikon D7000に、レンズはTamron SP90 Macro。大きな写真の撮影データは、35ミリ版換135mm、ISO400、F5.6、1/1,250sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2016-05-15 19:08 | | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 13日

つぼみの造形美

b0132475_19392341.jpg

b0132475_19394754.jpg 岐阜の自宅の庭には、一年を通じて様々な花が咲きます。自身で植えた桜や山茶花、夏ミカン、グミ、ナツメ、サツキ、ブルーベリー以外は総て野草ですが、その種類の多さにには驚きます。名前を知らないので、一つひとつここでご紹介できないのですが、大抵は非常に小さな花をつけるのばかりです。
 その中の一つが今日の写真の花です。上の大きな写真はつぼみで、昼は下の小さな写真の通り花を開くのですが、夕方から翌朝にかけてこうして花びらを閉じ、つぼみになります。
 開いた花は勿論美しいのですが、閉じた花も造形美を感じさせる美しさがありますね。
 カメラはNikon D7000に、レンズはTamron SP90 Macro。大きな写真の撮影データは、35ミリ版換135mm、ISO400、F4.0、1/320sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2016-05-13 19:44 | | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 10日

自宅庭の可憐な花

b0132475_20581426.jpg

b0132475_20584091.jpg 狭いながらも岐阜の自宅には庭がありますが、普段は外国暮らしで全く手入れしていないことから荒れ放題で、そのため、一時帰国の際の仕事は、まず庭の大きく伸びた草を抜くことです。でもその数は多く簡単な仕事ではありません。
 その草を引き抜く際に、野草であっても美しく咲いている花を抜くのは気が退けますが、一方で、こういった美しい花を発見するのは草引きをするおかげです。それというのも、庭に咲く雑草の花はどれも小さく、一見しただけでは見つからないからです。
 今日の写真は、庭に咲く雑草の中で最も数の少ない、私にとっては珍しい花で、今までこの庭で色々な雑草の写真を撮りましたが、これは今回初めてです。淡いピンクの花びらと、これも淡い黄色のしべの組み合わせが可憐ですね。
 カメラはSony α330に、レンズはMinolta AF50/F2.8 Macro。大きな写真の撮影データは、35ミリ版換算75mm、ISO400、F11.0、1/200sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2016-05-10 21:06 | | Trackback | Comments(0)