とことん写真

tocofoto.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:アフリカ( 4 )


2010年 04月 29日

マサイランドへの道

b0132475_1114048.jpg

b0132475_112124.jpg もう古い話になりますが、ケニアではあちこちに出かけました。ケニアは、多少苦労してでも訪れるに値するところが沢山あり、どれもが楽しめ、贅沢なホテルでなければ、そんなに高くありません。
 写真は、ナイロビからマサイマラ国立公園に向けての道中ですが、これは確か車がパンクしたことから、その修理のために休憩した時のものです。ナイロビのアッパーランドといわれる高地から、このリフトバレーの底に降りてくると、マサイランドの一部であるここは気候がガラッと変わり、ナイロビの初夏の気候から、真夏の暑さになります。湿度はそれ程無いのですが、太陽の日差しはきつく、日当には長い間いられません。アフリカの人たちの肌が黒いのは、この日差しから肌を守るためではないかとつくづく思います。
 肌を焦がす日差し、360度の地平線、遠くに見えるアカシヤの木、赤いマントのマサイたち。ああ~、自分はアフリカにいるのだと実感する瞬間です。
 カメラはCanon EOS100に、EF35-135。写真は、‘Minoltaのフィルムスキャナーで読み取ったものです。

by yagyu-toubei | 2010-04-29 11:09 | アフリカ | Trackback | Comments(0)
2010年 04月 28日

脅威のコンディション

b0132475_11565440.jpg

b0132475_11145492.jpg アフリカケニアは勿論黒人の国家ですが、イギリスを中心とする白人が多く住んで、暮らし、仕事をしています。彼らは普段黒人とごく普通に接しているのですが、そうでない部分もあります。それは彼らが差別しているのではないようで、おのずと住み分け、領域が出来てしまっているような感じに見えます。
 例えば、ナイロビでは週末に郊外の競馬場で競馬がよく行われるのですが、椅子のある階段状の観覧席は白人の紳士淑女で占められ、黒人はまず見かけません。かといって、黒人の入場が制限されている訳ではないのです。
 この自動車ショーもそうです。この国には沢山のクラシックカーファンがおり、クラブもありますが、メンバーはほとんどが白人です。
 その車好きのメンバーたちが、一年に一度、ナイロビ郊外でショーを開きます。出品される車は、驚く程よく手入れされ、どれもぴかぴかで、まさに新車以上。本当に驚きます。なぜならここは、部品や職人が揃うヨーロッパでなくアフリカだからです。
 カメラはNikon F2に、Nikkor 28mm/F2.0だったと思いますが、レンズは違うかもしれません。

by yagyu-toubei | 2010-04-28 12:03 | アフリカ | Trackback | Comments(0)
2008年 11月 15日

アフリカ最南端 animal

b0132475_22274649.jpg

 南アは言うまでも無く、アフリカの最南端です。アフリカの最南端ということはアフリカで最も南極に近いということになります。北極は白熊ですが、南極はペンギンを思い浮かべます。そのペンギン達はいつも南極大陸に留まっている訳でなく、季節によって移動します。でも、それほど大きく移動しない種類もあるようです。
 子育ての時は、自然は大変厳しいのですが、天敵が全くいない南極大陸は格好の繁殖地なのでしょう。
 今日の写真はクリスマスシーズンに、アフリカ最南端、喜望峰を訪れた際に、その途中で寄り道した時のスナップです。ケープタウンから喜望峰に通じる幹線道路沿いはしゃれた家が立ち並び、ヨーロッパの人々の別荘が多くあるようです。確かに、ヨーロッパが厳しい冬を迎えているときに、ここでは真夏を迎えており、寒いのが嫌いな人にはうってつけの場所となっています。
 それに、ヨーロッパでは決して味わえない、人間の開発にそれほど犯されていない、ここだけの自然が残っています。それがこのペンギンたちです。ここの法律で、ペンギンに危害を加えることはもちろん、脅すような行為もしてはいけないことになっています。ですからこのように、ペンギンは人をほとんど怖がりません。中央の岩の上にも沢山いるのが分かるでしょうか。ここではペンギンと一緒に泳ぐことができます。
 カメラは、Canon EOS100で、レンズは35~135の標準ズームです。とても静かなカメラで、写りも上々でした。今はほとんど出番がありません。

by yagyu-toubei | 2008-11-15 21:44 | アフリカ | Trackback | Comments(0)
2008年 10月 31日

バオバブ

b0132475_9535954.jpg

 ケニアはアフリカの東海岸にあり、インド洋に面しています。北はエチオピア、南はタンザニアです。国は北部の砂漠化が進んでいる乾燥地帯。ここでは現在、植物の育つ土壌が砂漠に飲み込まれ、一面の砂色の世界に変わりつつあります。
 アフリカで、キリマンジャロ山に次いで高い、5000mのケニア山を中心とした、肥沃な土壌を利用した、農業の盛んなセントラル。ケニア山のおかげで雨が多く、緑の多い人口密度も高い地方です。そのセントラルからインド洋に向けての広大な土地がサバンナと呼ばれる草原地帯です。実に雄大な景色を見ることができます。そのサバンナが終わる海岸地域をコーストと呼んでいます。この海岸地域はサンゴ礁の美しい世界有数の観光地となっています。
 今日の写真は、その海岸地方へクリスマス休暇を利用して訪れた、ホテルの庭で撮影したものです。背景に写っているのは海岸地方特有のバオバブの木です。子供たちと比べればその巨大さを理解いただけると思いますが、このような大木があちこちにあります。また、この木はファンタジーの世界で見るような、とても特異な形をしており、それだけでも絵になる木なのです。
 カメラはCanon EOS100。今では全く出番がありません。

by yagyu-toubei | 2008-10-31 10:16 | アフリカ | Trackback | Comments(0)