とことん写真

tocofoto.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:スナップポートレート( 524 )


2017年 09月 14日

背景は秋の散歩道の黄色い花

b0132475_21005937.jpg
 秋晴れの昨日の午後、さわやかな秋の空気に誘われて、岐阜市近郊にある自宅近くの農道を散歩しました。
 自宅周辺は濃尾平野の縁に位置して、平野部から山間部に入る入り口にあたり、農地は稲田と柿畑が大半を占めています。
b0132475_21011514.jpg ただこの散歩した農道の両側は集落に近いこともあり、自家用と思われる野菜が多く作られていますが、イノシシの被害を免れようと畑の周りは囲いができています。仕方のないこととはいえ、この醜い柵はせっかくの農村風景を大きくスポイルしています。
 現在散歩道での一番の見ごろは、今日の写真の背景に写っているオレンジに近い黄色の花で、道路端のあちこちで見られます。最初コスモスかと思ったのですが、黄色一色しか咲いていないことから違うかもしれません。
b0132475_21012964.jpg それとあぜ道のあちこちに赤い彼岸花も見られるようになり、もしばらくすると田のあぜ道や柿畑が赤く染まると思います。この彼岸花、日本では珍しい燃えるような原色の赤色ですが、その刺激的な色が遠い子供頃の秋を思い起こさせる、典型的な日本の風物詩ですね。
 それにしてもこの花、どうして毎年この同じ時期に、まるで時間が分かっているかの如く咲くことができるのでしょうか。

b0132475_21033801.jpg  使用機材のカメラはSony α57に、レンズは Sony DT55-300。大きな写真の撮影データは、焦点距離55mm、35ミリ版換算82mm、ISO 400、F9.0、1/400sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。 このα57、久しぶりに使ってみましたが、ピント、露出とも正確でいつも素晴らしい画像を提供してくれます。特にピントに関しては、他のライバル機が外す逆光での顔のピントも素晴らしい精度で決めてくれます。


by yagyu-toubei | 2017-09-14 21:05 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 01日

背景は根尾川の清流

b0132475_20214356.jpg
 今日9月1日、私の住む岐阜地方は朝から晴れ渡り、おまけに秋を感じさせる乾燥した空気で、とてもすがすがしい朝を迎えました。
 こんな日は家でじっとしている訳にいかず、お出かけ用にお昼のおにぎりをコンビニで買い、根尾川の上流に向かいました。着いた河原は子供の頃に、泳ぎや魚捕りなどよく遊んだところで、たしか名前はガマンダだったと思いますが、どういった字でどういう意味か分かりません。
b0132475_20220063.jpg 空は素晴らしく青く、真っ白な雲が空の隅にほんの一部かかるだけの快晴で、陽射しはきついのですが、乾燥していることから不快感はありません。
 目の前を流れる根尾川の水は清く、すぐにでも飛び込みたいのですが、あいにく水着を持ってきていません。前回ここに来た時より水位が下がっていることから、まさに水遊びに最適な場所になっているのですが残念です。
b0132475_20223384.jpg 早速ここで美しい河原や水を背景に写真を撮り、石探しに移りました。河原に来ると石がとても気になります。小学校の時に、ここでアンモナイトの化石を見つけたことがあり、その時の興奮が忘れられません。また化石だけでなく変わった形や模様の石もたくさんあり、私にとって河原は宝島のような感覚で、一日いても飽きません。

b0132475_20231627.jpg 使用機材のカメラはSony α7Ⅱに、レンズは タムロン SP AF 24-135mm F/3.5-5.6 AD ASPHERICAL 。大きな写真の撮影データは、焦点距離約40mm、35ミリ版換算40mm、ISO 320、F5.6、1/250sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。
 ところでこのレンズ、高倍率でとても便利なうえに、素晴らしい描写を見せてくれる優秀なSP銘のレンズで、特に発色に関しては文句なしです。  


by yagyu-toubei | 2017-09-01 20:26 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 31日

ベリーズ 背景はジャングルのホテルの展望デッキ

b0132475_20262007.jpg
 中米の国ベリーズは、今でも多くの自然が残されており、国語が英語であること、中米の国にしては治安が比較的良いことなどから、欧米からの観光客が多く訪れます。
 ベリーズには手つかずではないのですが、うっそうとした熱帯雨林が残されており、その中に建つマヤのピラミッドもは神秘的で魅力的ですが、また同時にそこに住む野生の動物たちも観光客を引き付けます。
 ジャングルの中にはリゾートホテルが数多く建てられており、そのどれもが野生の自然と触れ合えるように工夫され、それが大きな魅力となっています。
 今日の写真は、この国最大の都市ベリーズシティから、西へ車で2時間ほどの場所にあるホテルで、地方の集落の中に建っているのですが、敷地が広く建物周辺は熱帯雨林となっています。
b0132475_20212428.jpg ホテルの建物の一角には地上4mほどの高さにデッキが設けられており、今日の大きな写真に写っているとおり、そこの手すりの横に野鳥を集めるための餌台が造られています。
 この餌台には沢山の野鳥が訪れますから、ホテルの観光客はジュースや酒などのホテルのサービスを受けながら、椅子に腰かけ優雅に野鳥を観察できます。
 周りはジャングルですから自身で歩いて探鳥するのが楽しみではあるのですが、枝葉が密過ぎて見つけるのは結構難しいのです。
 でもデッキにいれば珍しい鳥でも向こうからやって来ますし、周りの樹木は適当に間引きされており、またデッキが高いことから通過する鳥でも見つけやすいのです。多分ジャングルを歩くより、このデッキの方がよほどたくさんの野鳥を見る機会があるです。
b0132475_20215362.jpg 下の小さな写真はいずれもこの餌台を訪れたアラカリやキツツキです。またこの餌台目当てでなく、この周辺を訪れる野鳥は一日に10種類以上で、その中には美しいトロゴンも含まれています。日本にもこんなホテルがあるといいですね。

 使用機材のカメラはSony α55に、レンズは Minolta AF100-300 Apo。大きな写真の撮影データは、焦点距離100mm、35ミリ版換算150mm、ISO 800、F6.3、1/320sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


by yagyu-toubei | 2017-08-31 20:29 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 30日

背景は谷汲横蔵寺の石垣

b0132475_22013613.jpg
 岐阜県揖斐川町谷汲にある横蔵寺について、これまで数回にわたってその魅力をお話してきました。このお寺、人里離れた山村にひっそりと建っているのですが、その密度の高い参道と境内の造りは想像を超えるものがあります。
 また随所に垣間見える美を具現した景色は、これぞ日本の伝統美であると世界に向けて発信したくなるほどですが、果たしてどれほどの人がこれを分かってくれるのでしょうか。
b0132475_22032172.jpg また、ただ美しいだけでなく、そこには技術に裏打ちされた職人たちの技も見て取れます。
 たとえば今日の写真の背景に写っている石垣について、周辺で採れた石が資材となっているようです。それほど大きくはないのですが、一人では持てないほどの大きさの石を、見た目は無造作に積んでいるように見えます。でもこれだけの高さを実現しながらこれまで地震や風雪に耐え、崩れなかったのにはそれなりの技術の裏打ちがあるはずです。
 下の小さな写真はそれぞれ、境内の一番奥にある本堂と、山門を入ってすぐ右手に見える三重塔です。こんな山奥にありながら三重塔があるのは驚きで、近くのもっと大きなお寺である華厳寺にもない建物であるばかりか、この周辺では見当たりません。
b0132475_22042434.jpg 谷汲の横蔵寺、秋の紅葉のシーズンにはぜひ訪れてみてください。
 使用機材のカメラはSony α700に、レンズは Tamron AF18-250mm F/3.5-6.3 Di II LD Aspherical。大きな写真の撮影データは、焦点距離50mm、35ミリ版換算75mm、ISO 250、F5.0、1/80sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


by yagyu-toubei | 2017-08-30 22:06 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 28日

背景は横蔵寺の山門

b0132475_21101155.jpg
 岐阜市郊外にある自宅近くに谷汲山華厳寺があり、そこから車で10分ほど山間部に入ったところに横蔵寺があります。そのお寺はお坊さんのミイラが祭られていることで有名で、いつでもそのミイラ拝観することができます。
 でもこのお寺の魅力はそのミイラだけでなく、いかにも日本の山寺といった言葉に表せないような不思議な魅力を感じることです。
 このお寺は、両側に傾斜のきつい山が迫る谷あいにあることから、境内はそれほど広くはないのですが、その中に雰囲気のある参道や、濃い密度で重厚な建物が配置されています。
b0132475_21103387.jpg 今日の写真はこのお寺の山門で、山間部の山寺にはとても立派な造りで、門徒衆のこのお寺に対する力の入れようが想像できますし、さらに驚くことにここにはなんと立派な三重塔まであるのです。 
 この寺の参道から境内は川に沿って縦に長く、高低は3段に分かれています。傾斜のある参道の先の石段を上ると一段目の敷地で、そこに手水屋があり、そこから再度石段を登った上にある第二段目の山門を見上げます。ここからは見上げる角度が急なことから山門の全容が分かりません。
 山門をくぐってすぐに、三重塔を見上げながら登る石段があり、これを登り切ると本堂のある第三段目の敷地で、ここで振り返ると二枚目の小さな写真の通り、やっと山門の全容が見ることができます。屋根の線が美しいですね。
b0132475_21105654.jpg 大きな写真にある通り、ここで写真を撮ると人物の背景は山門の二階になりますが、普通はこういった位置関係は珍しいのではないでしょうか。
 三枚目の小さな写真は山門を横から見た図で、山寺の山門でありながら随所に凝った造りがみられ、緑の中で美しいたたずまいを見せています。

b0132475_21112268.jpg 使用機材のカメラはSony α700に、レンズは Tamron AF18-250mm F/3.5-6.3 Di II LD Aspherical。大きな写真の撮影データは、焦点距離100mm、35ミリ版換算150mm、ISO 400、F5.6、1/125sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


by yagyu-toubei | 2017-08-28 21:13 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 25日

背景は横蔵寺の手水舎

b0132475_20483665.jpg
 岐阜県揖斐川町谷汲にある横蔵寺の話題の続きです。
 この寺は両側に傾斜の強い山が迫る谷間にあり、昼なお暗い深山幽谷というにふさわしい場所で、世俗から離れて、一生を仏に捧げる僧が修行のために開いたのだと想像します。この寺で修行した僧がミイラになっていますから、この感覚はあながち外れていないと思うのですが。
b0132475_20485158.jpg さてこのミイラが祭られていることで有名なこのお寺ですが、短くゆるい傾斜と、それに続く石段の参道を登ると、今日の大きな写真の背景となっている手水舎(ちょうずや)があります。そこは石垣と塀に囲まれ、空は樹木の枝葉でおおわれていますから、なんとなく屋外というのではなく、仏のいる内部に入り込んだような感覚に捉われます。
 この手水舎から石段を上るとすぐ山門ですか、見ている位置が低く近いことから建物を見上げる形となり、山門は高くそびえるように見えます。2枚目の写真がその山門前の石段下で撮った一枚です。
 3枚目の写真は、山門をくぐり、すぐにまたある石段の中ほどで撮ったもので、背景には奥に立派な本殿が見えています。回りの新緑がきれいですね。
b0132475_20493663.jpg これらの写真はどれも場所が暗く、また周りに緑が多いことから、これを撮った頃のカメラでは発色が悪くなり、ホワイトバランスも怪しくなりました。よってPICASAで後処理していますが、でも結果的にこれだけの写真が撮れているのですから特に不満はありません。

b0132475_20500865.jpg 使用機材のカメラはSony α700に、レンズは Tamron AF18-250mm F/3.5-6.3 Di II LD Aspherical。大きな写真の撮影データは、焦点距離28mm、35ミリ版換算42mm、ISO 200、F4.5、1/80sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


by yagyu-toubei | 2017-08-25 20:52 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 20日

横蔵寺の赤い橋

b0132475_21591551.jpg
 昨日に続いて、岐阜市近郊にある自宅から、車で約20分ほどの距離にある横蔵寺の話題です。
 このお寺は典型的な山寺で、両側に切り立つ山が迫る細い谷に沿ってありますから、奥に細長く続く境内となっています。
 境内に入る山門までの参道もやはり狭く、右手に歴史を感じさせる苔むした高い石垣、左手には、きれいな水のせせらぎの音が心地よい小さな谷川が流れています。
b0132475_22005122.jpg 参道の入り口はこの谷川を渡るのですが、そこに架かる橋が小ぶりで朱色に塗装され、新緑の中によく映えとても絵になる景色を作っています。
 そこでこの橋を背景に写真を撮るのですが、橋をどのように取り込むのか、古い町並みをバックにするのとは違って、これがなかなか難しく、迷いながらも撮れたのが今日の2枚です。
 橋を渡る場面をと考えたのですが、路面は色が落ちてしまっており、欄干のような美しい朱色ではないことが気になり、その場面は撮っていません。
 下の小さな写真の、橋の正面に人物を配した一枚は、シンプルであるのはいいのですが、参道の美しい石垣や石畳、回りの樹木が写っておらず、その場の雰囲気が全く見えていません。
b0132475_22011891.jpg その点上の大きな写真は赤い橋はもちろん、石垣、石畳、樹木と総てが入っており当初の目的は達成されているのですが、それ故なのか、いかにも記念写真的で、まるでコンパクトカメラで撮ったような仕上がりになっています。
 ところで、この場所は空を枝葉が覆い、昼なお薄暗く、少し前のカメラでは発色が悪くなります。α700の場合ではカラバランスをオートで撮ると、回りの緑色に引きずられ、人物の肌色が病人の様になってしまいます。今のカメラではこのような癖はなくなっていますが。

 使用機材のカメラはSony α700に、レンズは Tamron AF18-250mm F/3.5-6.3 Di II LD Aspherical。大きな写真の撮影データは、焦点距離18mm、35ミリ版換算27mm、ISO 200、F5.6、1/50sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。  


by yagyu-toubei | 2017-08-20 22:02 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 12日

ベリーズ 背景はブーゲンビリアの垣根

b0132475_22353719.jpg
 中米の国ベリーズは、熱帯地方に位置していることから、植生はもちろんトロピカルなものばかりで、一年中どこかで花が咲いています。
 街中で最も目立つのが今日の写真のブーゲンビリア、色の付いている部分は花ではありませんが、見た目はこれが花に見え、それが各色あり、それらが葉の緑に映えとても鮮やかです。私のイメージとしては、トロピカルな花と言えばブーゲンビリアが真っ先に浮かびます。
 この国最大の都市ベリーズシティ市内の高級住宅街の一角に、この国で最も高級なスーパーマーケットがあり、その駐車場の一方の垣根にブーゲンビリアが植えられています。
b0132475_22355123.jpg ブーゲンビリアはご存知の通り、バラとは比べ物にならないほどの非常に鋭いとげを持っていることから、防犯の意味も込めて垣根に使われることの多い庭木で、このスーパーの駐車場から隣の民家へ忍び込もうとする者を退けるには完ぺきな防犯柵になりえます。その威力は有刺鉄線をはるかにしのぎ、この美しい柵を乗り越えようとするものなら、間違いなく体をズタズタにされ、途中で身動きできなくなり、悲鳴を上げること請け合いです。
 一方で先にも記したとおり、ブーゲンビリアはトロピカルな雰囲気で見栄えが良いことから、これが庭に咲いていると住宅がより高級に見え、多分隣地の住宅のオーナーの垣根に対する満足度は高いと思われます。今日のこの写真からもそれをご想像いただけるでしょうか。
 ところがブーゲンビリアの垣根は良いことばかりでなく、一つ大きな問題があります。それは手入れが恐ろしく大変なのです。
b0132475_22361561.jpg ブーゲンビリアは育ちがものすごく良く、新しい枝が四方八方に伸び、また弦(つる)の性質があることからあちこちに絡み、少しでも放っておくと手が付けられなくなります。おまけに枝には無数の鋭いとげがあることから手が付けられず、庭木用のはハサミなどでは太刀打ちできなくなります。このようなことから、現地の人に言わせると、ブーゲンビリアはものすごくワイルドな木なのです。 美しい花にはとげがある、はまさにこの木のことを言っているのだと思います。
 今日の写真は、そのスーパーマーケット駐車場の、美しいブーゲンビリアを背景にしました。
 使用機材のカメラは FUJIFILM FinePix F200 EXR。大きな写真の撮影データは、焦点距離7.3mm、35ミリ版換算33mm、ISO 200、F10.0、1/180sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

b0132475_22364059.jpg それにしてもこのカメラ、素晴らしい描写力に驚くばかりです。このブログに載せる容量制限のため、写真の画質を大きく落としており、オリジナルに近いものをお届けできないのは残念です。



by yagyu-toubei | 2017-08-12 22:37 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 06日

コスタリカ 背景は花のある石垣

b0132475_09481498.jpg

 中米のコスタリカの首都サンホセに住んでいた頃、週末に楽しめるような緑地公園などの歩ける場所が自宅近くになかったことから、運動不足解消と昼食も兼ねて、住宅地にある自宅からダウンタウンまで散歩しました。
 その距離は往復4Km ほどだったと思いますが、コースが変化に富んでおり、街中には見て歩いて楽しいものがいっぱいあったことから、距離はさほど苦になりませんでした。
b0132475_21142947.jpg 特にダウンタウンの中心部に設けられている長い歩行者天国は、街の人たちの様子や市場の珍しい果物など、興味深いシーンで溢れていました。最初治安に不安があったのですが、街角に警察官が多く、注意さえ怠らなければ特に問題ありませんでした。
 その散歩途上で、適当な撮影ポイントを見つけ、街や人の様子を背景にスナップ的ポートレートを撮るのもまた楽しみでした。
 今日の写真はそんなポイントの一つで、住宅地にある花のある石垣です。ここに日陰はなく直射日光がまともに当たるのですが、なぜか光の回りが良く、コントラストがそれほどきつくなりません。この写真はたまたま陽が陰っているのですが。
 この場所のお気に入りは、写真を華やかにする花があることと、また、この場所が坂道であることから背景に、奥まで続く街路樹のある歩道が写り込むことです。この奥行がこの写真に物語性を持たせ、臨場感のある中身の濃い一枚になっているのだと思いますし、更に遠景まで写ることにより、ボケと立体感も楽しめます。
 ちなみにこの同じ場所で、撮影者とモデルの位置を逆にして撮ってみたのが下の小さな一枚です。坂道の下から見上げることから背景には空が大きく写り、上記のような背景の面白さに欠けると思いますが、いかがでしょう、比べてみてください。

b0132475_21150466.jpg 使用機材のカメラはSony α100に、レンズは Sony DT18-200。大きな写真の撮影データは、焦点距離60mm、35ミリ版換算90mm、ISO 160、F5.0、1/100sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


by yagyu-toubei | 2017-08-06 21:16 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 08日

ベリーズ 背景は近くのリゾートホテル

b0132475_20265656.jpg
 このブログ上で野鳥をご紹介するために、最近度々登場しているホテルの話題です。
 中米の国ベリーズの最大の都市は、内陸部にある首都のベルモパンではなく、カリブ海に突き出た岬全体に広がっているベリーズシティです。
 空の玄関である国際空港や、カリブ海に面する海の玄関もこのベリーズシティにあり、商業の中心地となっていますし、ベルモパンに遷都する前は首都であった頃の名残りである、いくつかの政府機関がまだ残っています。
 そのベリーズシティから車で西に20分ほどの所に、この国最大の都市に最も近いリゾートホテルが今日の写真の背景になっています。
b0132475_20272746.jpg ホテル敷地は、この国最大の河川であるベリーズ川のほとりにあり、川の両岸はマングローブに覆われ、その様は街に近いにもかかわらず、さながら深いジャングルを思わせます。 ホテルの庭には写真にある通りハンモックが吊るされ、木陰で涼むことができるのですが、蚊に弱い人は虫対策が必要です。
 背景に写っているベリーズ川は、今雨期であることから増水し、濁った水が庭のすぐ先まで来ています。
 下の小さな写真の背景は、芝生がきれいに刈り込まれたホテルの庭で、所々に大きな樹があり、様々な種類の野鳥が訪れます。日本名ホエザルもここでよく見られます。
 もう一枚の小さな写真は、ホテル敷地内で見かけた緑色が美しいグリーンイグアナで、水のある川べりは彼らの楽園で、ここに1時間もいれば何匹ものイグアナを見ることができます。
 ベリーズに滞在当時、週末にこのホテルのレストランで食事をし、庭で野鳥を見ながら過ごした日々は懐かしい思い出です。

b0132475_20274874.jpg 使用機材のカメラはSony α57に、レンズは Sony DT55-300。大きな写真の撮影データは、焦点距離70mm、35ミリ版換算105mm、ISO 400、F5.0、1/160sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


by yagyu-toubei | 2017-07-08 20:28 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)