とことん写真

tocofoto.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:岐阜自宅周辺( 97 )


2018年 02月 11日

ハンターとの出会い

b0132475_20074303.jpg
 岐阜市近郊にある自宅周辺の散歩で、根尾川に沿って歩く河原の道があるのですが、そこから川の淵で羽を休めるマガモやカワアイサなどを良く見かけるのですが、この2週間ほど全く見かけなくなりました。どうしたのかなと心配していたのですが、その理由が分かりました。
 昨日の散歩で、私の散歩コースの道路上に車を停め、何やら支度している人がいました。年齢は40歳くらいで、明らかに地元の人ではありません。
 その後私が遠くの木を、鳥がいないかと眺めていると、すぐ横を通り過ぎ、フェンスの破れている箇所から、囲いが設けらている私有地に、連れている犬と一緒に入ろうとしました。
b0132475_20082583.jpg 私が、ここは私有地だから入れませんよと言うと彼は困った顔をして立ち止まりました。彼は犬を連れ、肩に長いケースをかけていました。それは多分銃だと思い、狩猟ですかと聴くとそうだと答えました。 彼はキジを撃ちにここへ来たのです。
 この辺りは集落の中であり、家屋の敷地以外は農地で、農家の方たちが畑に出ていますから、打てば流れ弾に当たる危険があります。こんなところで狩猟することに驚きました。
b0132475_20083369.jpg そして思い当たったのが、2週間ほど前に何度も銃声を聞いたことです。多分あれは根尾川の淵にいたマガモを撃った音だったのです。だから彼らはあの淵から姿を消したのです。
 そしてキジたちが人を見ると一目散に逃げだす理由もわかりました。
 独りよがりな狩猟が、こんな身近で行われているのは驚きで、また危険でもあり野生好きの私には本当に残念です。
 先ほどの銃を持った人は私の言葉を無視して、フェンスの破れている箇所から私有地に入っていきました。この私有地は広大な敷地で、長年放置され自然に近い状態になっており、多くのキジやキツネがいる場所なのです。ここで狩猟すれば、敷地すぐそ場には人家があり、畑には人がいますから危険だと思います。
 写真は、フェンスの外から撮ったその敷地の一部で、中央の高い木にはノスリが停まっています。2枚目は敷地内を飛ぶキジで、3枚目は敷地横の農道にあったキツネの足跡です。

b0132475_20091929.jpg 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離25.6mm、35ミリ版換70mm、ISO 400、F4.5、1/1,000sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。 


by yagyu-toubei | 2018-02-11 20:11 | 岐阜自宅周辺 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 16日

日本 氷点下の朝

b0132475_20270111.jpg
 今日の写真は今月14日の朝、前日の昼間に降った雪が解けずにそのまま残り、それが朝日に輝く様が美しかったことから撮った一枚です。このように朝からお天気がいいと気温がぐっと下がり、冷え込みますね。
b0132475_20271318.jpg 2枚目の写真は、その雪の朝の9時ころ散歩に出た際に撮った一枚で、写真が小さくて見難いのですが、自宅すぐ近くにある道路の気温計の表示はー3度を示しています。路面は雪が踏み固められ、凍結しているようでした。
b0132475_20272196.jpg また私が歩く歩道に残った雪には、点々と獣の足跡がありました。ここはシカやイノシシが道路を横切る通り道になっており、昨夜も彼らは山から畑に出かけたのだと思います。
 3枚目はこの散歩で最初に出会ったアオジで、数羽の群れで餌を探していました。枝や背景に残る雪が寒さを連想させますが、こんな氷点下の状況でも、たくましく生きている野生の強さに感心します。

b0132475_20281072.jpg 使用機材のカメラはSony Cyber-shot RX10 Ⅳ 。大きな写真の撮影データは、焦点距離12mm、35ミリ版換33mm、ISO 400、F8.0、1/1,250sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


by yagyu-toubei | 2018-01-16 20:29 | 岐阜自宅周辺 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 20日

日本 谷汲山華厳寺の今年の紅葉 その2

b0132475_20014331.jpg
 昨日、今日と雨が降ったり止んだりのお天気で、もうすぐ紅葉が終わろうかという時に出かけることができず無駄な時間を過ごしております。明日は晴れるようですが、その後もぐずついた天候が続くことから、明日が紅葉撮影の最後のチャンスかもしれません。
 さて今日の写真は、先日自宅近くの谷汲山華厳寺を訪れた際に撮った3枚です。既に何度もご紹介の通りこのお寺は、春の桜と秋の紅葉が有名な名所となっていることから、現在紅葉がなかなかの美しさを見せています。
b0132475_20015749.jpg どちらかと言えば、春の桜は山門の外の参道に多いことから春はそちらが美しく、山門をくぐった境内は、桜よりもみじが多いことから秋が美しいと言えると思います。もちろん参道にも多くのもみじが植わっておりきれいですが。
 1枚目は、本堂の回り廊下から境内を見下ろした場面で、多くのもみじが紅葉しており、緑の中で美しいコントラストを見せています。
 2枚目は、1枚目と同じ場所から同じ方向を撮っているのですが、手前に人物を入れてみました。この場合、人物の顔に露出を合わせていることから、背景のもみじの色が出ていません。この明暗差を解消して両者を美しく表現するにはストロボを使用するか、レフ版が必要になります。
b0132475_20022534.jpg 3枚目は、1、2枚目と同じ紅葉を別の角度から逆光気味撮りました。何事も自然界の色を美しく表現するには逆光がいいと思うのですが、もみじがこれだけ紅葉すれば、1枚目のように順光でも十分に美しく映えますね。

b0132475_20025995.jpg 使用機材のカメラはSony α7Ⅱに、レンズは Tamron SP AF24-135 Macro。大きな写真の撮影データは、焦点距離24mm、35ミリ版換算24mm、ISO 500、F5.6、1/200sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


by yagyu-toubei | 2017-11-20 20:04 | 岐阜自宅周辺 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 17日

日本 谷汲山華厳寺の今年の紅葉

b0132475_20313062.jpg
 岐阜市の近郊にある自宅から車で10分ほどの所に、春の桜、秋の紅葉の名所として有名な谷汲山華厳寺があります。ここは日本最古の観音霊場「西国三十三所観音霊場」の第三十三番札所で結願・満願のお寺として知られ、一年を通して多くの参拝客で賑わいます。
b0132475_20314504.jpg 今年紅葉の季節になっても、こちらの都合とお天気のタイミングが合わず、なかなか訪れる機会がなかったのですが、今日やっと行くことができました。
 参道、境内のもみじの紅葉は、既に多くの葉を落とした木もありますが、多分今が盛りだと思います。
 華厳寺に行ったのは午前中でしたが、お天気は雲が多く、また厚い雲に覆われた時間もあり、陽射しはごく僅かでしたから、割と暗い感じの中での写真となりました。
 写真の一枚目は華厳寺山門で、この山間地には不釣り合いなほど立派だと思うのですが、それがこのお寺の歴史と威厳を表しているのでしょう。
b0132475_20320082.jpg 2枚目は、その山門から見る境内の紅葉が印象的で、それはまるで錦絵を見るような美しさでした。
 この週末はお天気が悪いような予報ですが、華厳寺はこれが今年最後の紅葉のチャンスかもしれません。

b0132475_20310840.jpg 使用機材のカメラはSony α7Ⅱに、レンズは Tamron SP AF24-135 Macro。大きな写真の撮影データは、焦点距離55mm、35ミリ版換算55mm、ISO 500、F5.6、1/400sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


by yagyu-toubei | 2017-11-17 20:33 | 岐阜自宅周辺 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 14日

谷汲山華厳寺の秋

b0132475_21584033.jpg
 日に日に秋が深まるこの頃で、自宅近くのイチョウの木が美しい黄色に変わり、紅葉の写真を撮るには今が最高ではないでしょうか。
 今日の写真は、岐阜市近郊にある自宅近くの谷汲山華厳寺での3枚です。ただしこの写真は去年の11月22日に撮影したもので、今年はこの秋にまだ華厳寺を訪れることができていません。今日は雨でしたから明日からの数日以内には出かける予定です。
b0132475_21591007.jpg 1枚目は、華厳寺山門をくぐって、その先の手水舎から山門方向を見た場面で、紅葉を逆光で捉えました。人々ののどかな参拝風景が心和ませます。特に、落ち葉を拾っているのか、しゃがんでいる一人の女性の姿が印象的です。
 2枚目は本堂横の広場で、これも逆光に映える紅葉を背景に人物を捉えたシーンですが、強烈な逆光の中で、この古いレンズでここまで撮れるとは驚きです。
b0132475_21595299.jpg 3枚目は本堂の階段下から見える紅葉を撮ったのですが、境内ではこの色が一番美しい紅葉でした。 日本の秋はどこを撮っても絵になりますね。

b0132475_22005221.jpg 使用機材のカメラはSony α7Ⅱに、レンズは Leitz Summicron 50mm F2.0 沈胴タイプ。大きな写真の撮影データは、焦点距離50mm、35ミリ版換算50mm、ISO 50、F4.0、1/400sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。
 使用したのは40年以上前のドイツ製の古いレンズで、逆光には大きなフレアーが出ますが、さすがにライカ、素晴らしい解像力と雰囲気作りにほれぼれします。


by yagyu-toubei | 2017-11-14 22:02 | 岐阜自宅周辺 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 12日

根尾川渓谷の紅葉

b0132475_19575336.jpg
 今日の写真は、岐阜市の近郊にある自宅近くの、根尾川渓谷です。
 これは今年でなく去年11月15日に撮った一枚で、今年は昨日ここへ行ってみたのですが、まだ紅葉が浅かったことからこの去年の写真を掲載しました。
 この写真を撮った時の天候は、時々小雨がぱらつくような暗い状態でしたから、晴れていれば更に色が美しく出たかもしれません。今年は快晴のものとで撮りたいと思っていますが、ただ、もしかしたら紅葉は多少雨に濡れた方がきれいに見えるかもしれません。
b0132475_19581076.jpg この写真の根尾川渓谷は、上流は高尾にあるダムから始まり、下流の神海辺りまで長く続き、その間にいくつかの橋がありますから、その橋から谷間の紅葉を狙うのが美しく撮るコツかと思います。一般にはあまり知られていない根尾川に沿って走る道がありますが、その道から狙うのもいいかもしれません。

b0132475_19585706.jpg 使用機材のカメラはSony α7Ⅱに、レンズは Minolta AF24-105 / F3.5-4.5。大きな写真の撮影データは、焦点距離24mm、35ミリ版換算24mm、ISO 400、F9.0、1/800sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


by yagyu-toubei | 2017-11-12 19:59 | 岐阜自宅周辺 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 09日

日本 谷汲山華厳寺参道 冬の風景

b0132475_20012327.jpg
 岐阜県の谷汲山華厳寺は、西国33番満願霊場の札所として有名で、春の桜、秋の紅葉の時期は特に人出が多く、たくさんの出店と共に賑わいます。
 500mほど続く参道には、両側に茶店や土産物屋が並び、普段でも営業していますから、いつ訪れても名所気分を味わえますし、それらの建物が古い木造であることから、昔の日本の観光地といった懐かしい雰囲気も楽しめます。
b0132475_20013980.jpg 今日の写真は、その参道に建つ一軒の店ですが、かつての家庭の日常品が外壁に所狭しと並んでおり、その様が絵になっていることからスナップしてみました。冬のまぶしい光が店の品物と共に、子供の頃体験したような懐かしい光景を思い出させます。
 2枚目は華厳寺山門ですが、冬枯れの木々が寒さを想像させますが、しかしさわやかな青空がぬくもりを感じさせます。
b0132475_20015459.jpg 3枚目の写真は、近頃こんなモダンな和風建築も参道にできつつあることをお知らせする一枚です。

b0132475_20022765.jpg 使用機材のカメラはCanon Power-shot S95。大きな写真の撮影データは、焦点距離6.9mm、35ミリ版換算34mm、ISO 200、F4.0、1/160sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。
 このコンパクトカメラは、コンパクトとは思えないような画質で、特にスナップではその威力を発揮します。


by yagyu-toubei | 2017-11-09 20:03 | 岐阜自宅周辺 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 08日

日本 谷汲横蔵寺の紅葉

b0132475_21204292.jpg
 11月3日に紅葉で有名な谷汲の横蔵寺を訪れたお話をしましたが、その後6日に再度行ってきました。なぜなら3日の訪問時に双眼鏡のキャップをなくしてしまい、それは横蔵寺内で落とした可能性が高かったことから探しに出かけたためです。
 この日は平日にもかかわらず、3日の時よりさらに観光客の数が増えており、結構賑やかでした。でも出店があるわけではなく、その意味での華やかさはありません。
b0132475_21210337.jpg 前の訪問からわずか3日後のことですが、紅葉は確実に進んでおり、お寺は秋の色に染まり始めています。
 1枚目の写真は、山門の前にある手水場がある場所で、その右側に、多分住職の住まいなどがある門を写した一枚で、門の前に立つ白い杭には「横蔵寺寺門」と書いてあります。写真の通り、ここのもみじが緑色から赤色に変わりつつあるのが分かります。この写真、明暗差が大きく難しい条件ですが、カメラはこの場の雰囲気をうまく捉えています。
b0132475_21211871.jpg 2枚目の写真は、山門をくぐって三重塔のある広場から山門の左を見た場面で、こちらはすっかり紅葉しており、きれいな赤色に染まっています。
 3枚目は山門から参道を見た場面で、こちらも紅葉が盛りを迎えています。このお寺の見ごろはこの週末になると思いますから、たくさんの人出があることでしょう。

b0132475_21215842.jpg 使用機材のカメラはSony α7Ⅱに、レンズは Tamron SP AF24-135 Macro。大きな写真の撮影データは、焦点距離24mm、35ミリ版換算24mm、ISO 500、F5.6、1/100sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


by yagyu-toubei | 2017-11-08 21:23 | 岐阜自宅周辺 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 27日

日本 神海駅のコスモス

b0132475_20320269.jpg
 先日23日の夜に台風21号が日本列島を襲い岐阜に最接近したとき、岐阜市郊外にある自宅周辺は、北風は強かったのですが木が倒れるような被害はなく、また雨も予想して程でなかったのは幸いでした。
 その台風の翌日、午前中から雲は多めでしたが青空が広がり、自宅周辺の散歩に出かけました。しかし青空の面積が広いとはいえ、西の空から流れてくる鉛色の雲は消えておらず、風も台風の名残りのように吹いていました。
b0132475_20321907.jpg その風に乗って、陽射しがある中にも雨粒が飛んできます。そんな時、ああ子供の頃にもこんなお天気の情景があったなと、なぜか懐かしく思い出しました。
 この日の散歩のコース上に樽見鉄道の神海駅があり、ここは他の多くの駅もそうですが無人駅です。その駅の改札をくぐった景色を見たくなり、駅舎を通ってホームの方に行ってみました。
b0132475_20323664.jpg そこで見た光景が今日の写真です。ホームにあった盛りを過ぎたコスモスの花が、昨夜の台風で南に傾いていますが、何とか抵抗し、倒れずに持ちこたえていました。
 でも風に飛ばされたのか、花びらが無くなりガクだけが残されている茎が多くあります。その背景には風に飛ばされている雨粒が逆光で光っています。
 下の小さな写真は、育ちの遅れたコスモスが風下で小さく、かわいらしく咲いていました。こちらはまだしばらくは咲いてくれていそうです。
 さらにその下の写真は、神海の集落を走る列車で、のどかな秋の典型的な日本の田舎の風景ですね。

b0132475_20335479.jpg 使用機材のカメラはSony α7Ⅱに、レンズは Tamron SP AF24-135 Macro。大きな写真の撮影データは、焦点距離135mm、35ミリ版換算135mm、ISO 500、F5.6、1/1,250sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


by yagyu-toubei | 2017-10-27 20:34 | 岐阜自宅周辺 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 14日

コスモスと樽見鉄道

b0132475_20194547.jpg
 岐阜市近郊にある自宅は樽見鉄道沿線にあり、列車は国道を挟んで自宅のすぐ向こう側を走って行きます。
 第三セクターの樽見鉄道は、岐阜県の第二の都市である大垣から、本巣市根尾樽見までの34.5㎞を1時間7分ほどで結んでいます。利用客は主に通勤通学ですが、春には淡墨桜で有名な根尾への観光客が増え、この時期ばかりは観光列車となります。
b0132475_20200663.jpg 線路は、大垣に近い平野部は柿畑の中を走っていますが、山間部は険しい渓谷の景色となり、春の新緑、秋の紅葉を楽しむことができます。
 今日の写真は、自宅近くの水田の中を走る場面で、手前のコスモスを入れて季節感を演出しました。
 日本の農村部を走る列車、いつまでも残したい風景ですが、過疎化の波は鉄道経営をさらに厳しいものにしているようです。

b0132475_20214632.jpg 使用機材のカメラはSony α7Ⅱに、レンズは Tamron SP AF28-75 F2.8 Macro。大きな写真の撮影データは、焦点距離55mm、35ミリ版換算55mm、ISO 500、F8.0、1/800sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


by yagyu-toubei | 2017-10-14 20:22 | 岐阜自宅周辺 | Trackback | Comments(0)