とことん写真

tocofoto.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:岐阜自宅周辺( 87 )


2017年 09月 21日

国宝 犬山城訪問

b0132475_20594967.jpg
 岐阜市近郊にある自宅からそれほど遠くないところにありながら、これまで訪れる機会がなく、いつも気になっていたのが犬山城です。
 今日は朝から秋晴れの一日、このお天気なら天守閣が青空をバックにに映えるに違いないと、ついに国道21号線へとハンドルを切りました。犬山城へは若いころに一度行ったことがあるのですが、残念ながらその記憶は薄く、細部を思い出せません。
b0132475_21000735.jpg さてその自宅から車で一時間強で行ける、今回が2度目の犬山城ですが、大きな写真の通り、うわさにたがわず美しいお城です。場所は木曽川のほとりにあり、天守閣は小高い丘の上で、対岸から見ると、静かな水面に写るその景色は格別です。
 天守閣には最上階まで急な階段ですが登ることができ、そこからの眺めも素晴らしく、遠くに岐阜城を見ることができます。
b0132475_21005998.jpg このお城は、公式サイト (http://inuyama-castle.jp/) によれば、「国宝犬山城は、室町時代の天文6年(1537)に建てられ、天守は現存する日本最古の様式です。木曽川のほとりの小高い山の上に建てられた天守閣からの眺めはまさに絶景。」とあり、木造の細部が見て取れるお城内部は圧巻です。この天守閣が現存していることはまさに歴史の奇跡で、今後も長く大切にしていただきたいものです。
 岐阜周辺には国宝のお城が多くあり、この犬山城を筆頭に、滋賀県の彦根城、長野県の松本城、そして少し遠くなりますが、兵庫県の姫路城。この中でまだ行っていない姫路城に近々行ってみたいと思っています。
 下の小さな写真は、天守閣への登り口の石碑と、場内に入る門ですが、門の前に立つと当時の侍たちの行き来が想い起こされます。

b0132475_21024553.jpg 使用機材のカメラはSony α7Ⅱに、レンズは Minolta AF24-85/F3.5-4.5。大きな写真の撮影データは、焦点距離約35mm、35ミリ版換算35mm、ISO 320、F8.0、1/400sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


by yagyu-toubei | 2017-09-21 21:04 | 岐阜自宅周辺 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 23日

横蔵寺の石垣

b0132475_21032645.jpg
 今日は8月20日に続いて、岐阜県揖斐川町谷汲にある横蔵寺の話題です。
 横蔵寺は典型的な山寺で、山村の小さな集落の中に建てられており、どことなく町を逃れて目立たぬ場所をわざわざ選んだような、人の往来から離れた場所にあります。ですから街中で見られるお寺とは雰囲気が全く違い、お寺そのものに歴史上のストーリーを感じさせるものがあります。
b0132475_21034175.jpg 村の一般道からお寺に入る参道の最初は、以前にもご紹介した、写真にある赤い橋を渡るのですが、今日の2枚はその橋の手前の位置から、橋の向こうの正面の石垣を見た場面です。
 その石垣は高く積まれており、有名なお寺やお城のような、美しい整然とした石積みではなく、このお寺周辺の石を集めたような、また石を削るような加工はほとんど見られない荒いものです。
 しかし積み方は確かなようで、苔むした石は長年の風雪や地震に耐えてきたのでしょう、どこにも乱れは見られません。
b0132475_21040565.jpg その石垣の上には腰までが木製で黒く塗られ、その上が白い漆喰塗、屋根が瓦葺の古風な塀があり、それが緑の樹木と素晴らしい調和を見せています。また、手前の赤い橋がアクセントとなり、落ち着いた和風の景色に華やかなアクセントを添えています。外国人はこの景色に、我々には当たり前過ぎて気づかない和風の美を感じるのではないでしょうか。
 この景色、今は新緑ですが、秋の紅葉でどう変わるのか、楽しみです。
 下の小さな写真は、石垣のスケール感を分かっていただくために人物を入れた一枚、もう一つは石垣を右に見ながら登る参道の様子です。

b0132475_21043167.jpg 使用機材のカメラはSony α700に、レンズは Tamron AF18-250mm F/3.5-6.3 Di II LD Aspherical。大きな写真の撮影データは、焦点距離18mm、35ミリ版換算27mm、ISO 200、F5.0、1/50sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。 ところでこのレンズ、高倍率でとても便利なうえに、予想以上の描写を見せてくれる優秀なレンズですね。  


by yagyu-toubei | 2017-08-23 21:05 | 岐阜自宅周辺 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 19日

新緑の横蔵寺

b0132475_20431298.jpg
 岐阜市の郊外にある自宅近くに、ミイラが祭られていることで有名な横蔵寺があります。このミイラは高名なお坊さんが修行のために、断食して穴にこもり、自らミイラになったとの言い伝えがあります。
 その横蔵時は、少し離れた所にある谷汲山華厳寺と並んで春の桜、秋の紅葉が美しい名所となっており、季節にはたくさんの人で賑わいます。
b0132475_20433667.jpg 私はこれまで近くに住んでいながら、海外の生活が長く、桜や紅葉のシーズンには訪れていませんが、この写真のような新緑の季節にはよく行きました。というのは、海外からの一時帰国は大抵5月から8月頃に行うことからこの時期になってしまうのです。
 さてその新緑の横蔵寺ですが、これがまたきれいで、いかにも日本の静かな山寺の典型的な風景で、多分外国人がイメージする日本の景観にピッタリではないかと思います。
b0132475_20485819.jpg 大きな写真は、参道を登って寺の山門に入る前に振り返った場面で、高い石垣の上の白い塀、赤い小ぶりの橋、そして石畳とモミジ並木が素晴らしいバランスで美しい景色を作り上げています。これが紅葉の時期には、赤いモミジの葉の間からの木漏れ日が、この景色をさらに美しく飾るものと想像させられます。
 小さな写真の2枚目、3枚目は、大きな写真にある赤い橋を渡ってすぐの場所から山門方向にを見た景色です。静かな山寺ながら、この先何があるのかとワクワクさせるものがあります。そして境内にはなんと、立派な三重塔があるから驚きです。皆さんもぜひ行ってみてください。

b0132475_20443723.jpg 使用機材のカメラはSony α700に、レンズは Tamron AF18-250mm F/3.5-6.3 Di II LD Aspherical。大きな写真の撮影データは、焦点距離18mm、35ミリ版換算27mm、ISO 200、F8.0、1/60sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。  


by yagyu-toubei | 2017-08-19 20:45 | 岐阜自宅周辺 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 01日

日本の地方は猿の惑星

b0132475_20333197.jpg
 岐阜市近郊にある我が家周辺は、他の日本中の里山の地方と同じく農業や家庭菜園への鳥獣被害が深刻です。
 昔昔の農村はどこも広々とした田や畑風景だったのですが、今では金属や青や緑色のプラスチックの網があちこちに張られ、何ともみっともない景色になってしまっており、風景写真は全く絵になりません。
b0132475_20334346.jpg 自宅近くの農家の人によれば、畑の周囲に網を張ってもサルには何の効果もなく、収穫前のジャガイモを掘り起こされていたそうです。それに庭には今が食べごろの 琵琶(ビワ)が熟しているのですが、熟れた実から順にヒヨドリにつつかれています。
 鳥獣被害など農業をやっていない人には全く実感のないことですが、地方では本当に深刻です。我が自宅庭にもサクランボやグミがなるのですが、それはまるでカラスやヒヨドリ、サルの餌にするために育てているようなものです。
 今日のお昼頃ですが、自宅隣の栗畑を30頭ほどのサルが横切っていきました。今現在自宅の庭には何も実っていませんから、彼らは自宅周辺の他の家の庭木の実か、家庭菜園の野菜を食べに来た帰りなのでしょう。
 彼らは、私が部屋からガラス越しに写真を撮っていることにすぐに気づき、こちらを警戒しながらも急ぐでもなく悠々と歩いて林の藪の中に消えました。子供たちは栗の木に登ったりしてしばらく遊んでいましたが。
 今回の群れの特徴は、群れの半数以上が子供や赤ちゃんだったことです。彼らは人間の作った野菜などで大きく育ち、将来またたくさんの子供を産むのでしょうね。
 過疎が進む地方の農村部、今ではたぶん人口よりも猿口が上回っているのではないでしょうか。このままいけば間違いなく日本の地方は「猿の惑星」化します。
b0132475_20342107.gif 使用機材のカメラはSony α77Ⅱに、レンズは Sony 70-300 SSM G。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 640、F5.6、1/500sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


by yagyu-toubei | 2017-07-01 20:37 | 岐阜自宅周辺 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 31日

グミを狙って庭に現れたサル

b0132475_20124237.jpg

b0132475_20125487.jpg 岐阜市近郊にある自宅は豊かな自然に囲まれ、四季の美しい移り変わりの中で暮らすことができますが、野生動物との遭遇も多いところです。
 今日の写真は、現在自宅庭のビックリグミがたわわに実り、そのグミを狙って現れたニホンザルです。これは昨日の写真ですが、同日に二回にわたって現れており、時間は1回目が正午過ぎと、2回目は陽が西に傾いたまだ明るい時間でした。
 最初の目撃は、サルがグミの木の下で、開けた和室の窓を見ている場面で、家の中の我々の動きを警戒しているようでした。我々がサルに気付いてが窓に近づくと、慌てることなくゆっくりとグミの木を離れ栗林を横切り、その向こうの杉林の方向に歩き中に入りました。
 二回目はグミの木の枝が突然揺れて音がしたことから、サルであると直感し、カメラを持ってバルコニーに出たところ、サルはこちらを振り向きながら、悠々と歩いて林の中に入っていきました。大きな写真はその時の様子です。現れたのは2回とも同じ個体と思われる1頭のみでした。
b0132475_20132628.jpg 下の小さな写真は、大きな写真とは別の場面で、顔つきからはそれほど若くないような気がします。
 もう一枚は今現在のグミの様子です。この赤い実はサルにとっても魅力的に映るのでしょうね。

 撮影機材のカメラはSony α7Ⅱに、レンズは Tamron 28-75 F2.8XR Di SP。大きな写真の撮影データは、焦点距離75mm、35ミリ版換算75mm、ISO320、F4.5、1/100sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


by yagyu-toubei | 2017-05-31 20:18 | 岐阜自宅周辺 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 28日

庭に咲く夏みかんの花

b0132475_20273882.jpg

b0132475_20300924.jpg 岐阜市近郊にある自宅の庭には、いくつかの果物がなる木が植えられており、今日の写真の夏みかんもその一つです。
 もう植えてから何年も経つのですが、去年から実をつけ始め、今年の春に9個を収穫しました。他の庭木と同様に何の手入れもしないで収穫できているのですから、うれしいのですが、実はそれほど甘くなく、酸味が強い味で今一つです。でもこれは、造成に山土を使ったことから、庭の土壌が植物に良くないせいかもしれません。
 その夏みかんは、今年も現在いくつかの白い花をつけており、それを撮ろうとしていたところ、写真のアブのような虫が来ました。多分この虫たちが花の受粉を助けているのでしょうね。
 虫たちに感謝しつつ、今年もたくさんの収穫があるように祈っています。たとえ酸っぱい味でも、自宅で採れた実はおいしくうれしいものです。
 下の小さな写真は、同じ木にこれから咲くつぼみで、とてもかわいく可憐ですね。

b0132475_20304565.jpg 撮影機材のカメラはSony α7Ⅱに、レンズは Tokina ATX AF100mm Macro。大きな写真の撮影データは、焦点距離100mm、35ミリ版換算100mm、ISO320、F4.5、1/125sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。 ところでこのレンズ、だいぶ古いのですが、使いやすい焦点距離で、とてもよく写ります。


by yagyu-toubei | 2017-05-28 20:38 | 岐阜自宅周辺 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 25日

自宅のサクランボの収穫

b0132475_22013127.jpg


b0132475_20254058.jpg 岐阜市郊外にある自宅庭には、いろいろな木の実がなる木を植えてあり、収穫を楽しみにしているのですが、これまでずっと海外暮らしであったことから、実がなっているのかさえ実情をはっきり知りませんでした。
 ただこれまで一時帰国の機会等にビックリグミの収穫は経験しており、渋みのある甘酸っぱい味は知っています。また、サクランボが熟す前に落ちてしまったことも。
 5月初旬から庭木のサクランボが色づき始めたとき、どうせ今年も大きくなる前に落ちてしまうだろうと思っていたのですが、なんとほとんどの実が成長し熟したのです。今年はサクランボの当たり年なのでしょうか、近所の木もたくさんの実をつけています。
 今日の写真はその自宅のサクランボを収穫している場面です。かごを持って収穫するのもいいのですが、胃の袋に直接入れるのが、木の実を一番おいしくいただく方法だと経験上知っています。
 私の子供の頃は、おやつなどありませんでしたから、木の実がなる時期には腹をすかして近所の庭木を渡り歩いたものです。あの頃味わった木の実、特にこのグミ、スモモ、ナツメは最高でした。現在我が庭ではこれからのグミが楽しみです。
 下の写真は収穫したサクランボで、まさに宝石のごとくきれいですね。品種は暖地です。

b0132475_20261106.jpg 使用機材のカメラはCanon Power-shot F95。大きな写真の撮影データは、焦点距離6.9mm、35ミリ版換算34mm、ISO 200、F4.0、1/400sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。 


by yagyu-toubei | 2017-05-25 20:33 | 岐阜自宅周辺 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 15日

自宅庭のサクランボ

b0132475_21140395.jpg

b0132475_21141663.jpg 岐阜市近郊にある自宅庭には、様々な実の成る木を植えていますが、これまでに収穫できたのはびっくりグミと夏みかんだけです。これれ以外にナツメ、ブルーベリー、ハッサクなどがありますが、こちらはまだ収穫できていません。これ以外にスモモも植えたのですが、植えた場所が悪く邪魔になったことから途中で切ってしまいました。
 これまでの経験で、びっくりグミは育ちが良く、すぐに実をつけてくれますから収穫の成功率は高いと思うのですが、一方で育ちが良すぎるため、枝を掃うためのメンテナンスが大変かもしれません。
 夏みかんも時間はかかりましたが、今年初めて収穫し食べることができました。でも土がやせているせいか、甘みは少なくすっぱかったのですが、それでも初の収穫でしたから感激して食べました。
 さて、もう一つの実のなる木は今日の写真のサクランボです。これまで何回も実はなったのですが、大きくなる前に落ちてしまい収穫できませんでした。でも今年は今日の写真の通り、実はまだついており、赤く熟してきています。その実の数はものすごく、ごらんのとおり木いっぱいにすすなり状態です。
 ついに今日、この実を採って食べてみたところ、赤く熟したのは甘く、サクランボの味がしました。市販のように紫色ではなく、実も小ぶりですが、確かにサクランボの味です。ついに食べることができました。感激です。
 下の写真は、木の大きさを見てもらおうと全体を撮った写真です。あいにくこの冬の写真しかなかったことから載せたのですが、木の幹の直径は約20センチです。
 でもこのサクランボ、ヒヨドリたちが狙っており、毎日何羽も訪れかすめていきます。彼らを追い払う手段はないものでしょうか。

b0132475_21153200.jpg

 カメラはSony α77Ⅱに、レンズは Sigma AF300mm Apo Tele Macro。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 400、F6.3、1/1,250sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。 


by yagyu-toubei | 2017-05-15 21:25 | 岐阜自宅周辺 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 20日

大垣城と桜

b0132475_18114144.jpg

b0132475_18115219.jpg 先日今年最後の桜を惜しんで大垣に行ったことは既にお話ししました。この地で有名な水門川の桜は8割ほどが散っており、地面を染める花びらを楽しみましたが、ソメイヨシノの木に所々に混ざっている八重桜は今が満開で、美しく華やかなピンクの花を楽しむことができました。
 その水門川に囲まれて、大垣城公園があり、そこに大垣城があるのですが、この日はお天気が良く暖かかったことから、たくさんの人たちが園内の花を楽しんでいました。
 今日の写真は、八重桜で彩られた天守閣で、この建物はかつては国宝でしたが、先の大戦で焼失し、現在は外観をオリジナルに似せて忠実に再現した鉄筋コンクリート製です。
 オリジナルの木造でないのは残念ですが、でも往時の街のイメージを連想するには貴重な建物です。 それにしても桜と天守閣、よく似合いますね。日本の美がここに集約されているような気がします。こんな素晴らしい景色を生み出し愛でた先人たちの想いを、いつまでも後世に伝えたいものです。

b0132475_18125689.jpg カメラはSony α55に、レンズは Minolta AF24-85 F/3.4-4.5。大きな写真の撮影データは、焦点距離24mm、35ミリ版換算36mm、ISO 100、F10.0、1/125sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


by yagyu-toubei | 2017-04-20 18:16 | 岐阜自宅周辺 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 16日

大垣水門川のたらい舟

b0132475_20454739.jpg

b0132475_20461322.jpg 今日は今期最後の桜の季節を惜しんで、この辺りでは有名な桜の名所である岐阜県大垣市内、水門川の桜並木を歩きに行ってきました。
 大垣市内には山がなく、街全体が平坦で特徴がない土地柄ですが、そんな中を水門側が流れ、そのおかげで水の都と言われています。かつてこの水門側を利用して大垣城の外堀が作られました。
 その大垣城は、先の第二次世界大戦で焼失する前は建立当時のオリジナルで、国宝に指定されていました。今は昔の外観をそのままに鉄筋コンクリートで再建されたものです。
 さてこの水門川、我々が訪れた今日はたらい船が運行されており、その様子を捉えたのが今日の写真です。見ていると、舟は船頭さんとお客2名の3人乗りのようで、舟内(?)では音楽が流れ、船頭さんの名所案内があるようです。たらい船に揺られ、川からの花見もいいかもしれません。

b0132475_20470657.jpg カメラはSony α55に、レンズは Minolta AF24-85 F/3.4-4.5。大きな写真の撮影データは、焦点距離45mm、35ミリ版換算67mm、ISO 100、F10.0、1/160sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。

by yagyu-toubei | 2017-04-16 20:52 | 岐阜自宅周辺 | Trackback | Comments(0)