とことん写真

tocofoto.exblog.jp
ブログトップ

2017年 08月 27日 ( 1 )


2017年 08月 27日

ベリーズ ホテルの餌台に来た Collared Aracari (カラード アラカリ)

b0132475_22064603.jpg
 中米の国ベリーズは、日本ではあまりなじみのないのですが、様々な理由から自然豊かな国で、エコツーリズムを楽しもうと世界中から観光客が訪れます。
 その中でもベリーズはバードウオッチャーにはあこがれの国の一つで、クルックドツリー野生生物保護区の壮観な水鳥の群れと、ジャングルで見る様々な種類の野鳥たちは、鳥好きなら一見の価値があります。
 クルックドツリー野生生物保護区では珍しい種類や貴重な鳥たちを一度に、それも群れで見ることができ、ジャングルではそれこそ数えきれないほどの野鳥たちを間近で観察できます。
 ジャングルでそれほど簡単に野鳥を見ることができるのは、ホテルがジャングルの中にあることに加え、ホテル敷地内に野鳥を呼び寄せるための餌代が設置されていたり、繁った森を適当に間引きしたうえで、野外にデッキを設置し、野鳥観察が容易にできるような工夫がされているおかげです。
b0132475_22070088.jpg 今日の写真の Collared Aracari (カラード アラカリ)は、ジャングル内にあるホテルの野外デッキに設けられた餌台に来たところで、好物のパパイヤをほおばっている場面です。 彼らは人に慣れているのか、撮影者との距離は10mほどだと思いますが、こちらが静かにしている限り飛び立つような様子はありません。
 彼らは一日に数回餌台訪れますが、彼らだけでなく様々な野鳥が入れ代わり立ち代わりここを訪れます。
 少し安易なのですが、野鳥を探して暑くて虫の多いジャングルに出かけるより、冷たいフルーツジュースを飲みながら、間近で彼らを観察できるのですから、これはこれでありかなと思います。
 ところでこのアラカリたち、変わった眼を持っていますね。

b0132475_22072828.jpg 使用機材のカメラはSony α55に、レンズは Minolta AF100-300 Apo。大きな写真の撮影データは、焦点距離300mm、35ミリ版換算450mm、ISO 800、F6.3、1/840sでした。また、大きな写真はクリックして更に大きく見ることが出来ます。


by yagyu-toubei | 2017-08-27 22:08 | | Trackback | Comments(0)