とことん写真

tocofoto.exblog.jp
ブログトップ

2014年 11月 02日 ( 1 )


2014年 11月 02日

セントルシアの誕生

b0132475_11104979.jpg

b0132475_10332916.jpg カリブ海の島国セントルシアは、大昔の火山活動でできた陸地ですから、地形は起伏に富んでおり、島中央部の山岳地帯は、面積が日本の淡路島と同じ規模の島とは思えないような、深いジャングルに覆われています。
 島なのに深いジャングルが育つのは、緑の樹木が雨を降らせるからだそうです。ジャングルが雨を降らせ、その雨がジャングルを育てるのです。
 火山活動で島ができ、長い間に雨や風によって浸食が進み、やがて岩石が砂となり、運ばれてきた植物の種が芽を出し、それが群生して広がって土を作り、その土が豊かなジャングルを育てたのでしょう。この間、途方もない時間が経っているはずです。
 今日の写真の背景は、この国の観光地の中心地近くにある国立公園ピジョンアイランドの、かつてイギリス軍が造った砦からみた小山です。この小山には子供でも登れるハイキングコースが整備されており、その頂上からは海と島の素晴らしい眺めを楽しめます。
 下の小さな写真のこの小山、いかにも火山活動でできた証拠となる痕跡があちこちにあり、それを見ながらのハイキングも楽しいのですが、頂上にヤドカリがいるのには驚きます。
 カメラはNikon CoolPix 5400。撮影データは、35ミリ版換算53m、ISO50、F/7.9、1/190sでした。大きな写真は、クリックして更に大きく見ることが出来ます。
 

by yagyu-toubei | 2014-11-02 11:17 | スナップポートレート | Trackback | Comments(0)