とことん写真

tocofoto.exblog.jp
ブログトップ

2012年 02月 05日 ( 1 )


2012年 02月 05日

カメラの楽しみ Nikon E5700

b0132475_17361166.jpg

b0132475_17371179.jpg カメラがデジタルになってから、フイルム時代に比べ、開発のテンポが格段に早くなりました。デジタル時代のカメラは、どんなに高級機であろうと、2年も経って古くなれば最新の入門機にも遅れを取るような性能になりかねません。ですから、デジタルカメラの値落ちはフイルムカメラとは比較にならないほど早いのです。そんな古くなったデジタルカメラを安く楽しむというのは、カメラ、写真好を趣味にする人にとってはデジタル時代の恩恵といえるかもしれません。
 今日の写真は、中米の首都の歩行者天国でのものですが、カメラはNikon E5700。発売当時はコンパクトカメラの高級機でしたが、今では見かけることはほとんどありません。高級機だけあってボディはマウネシウム製、レンズは大口径で高い質感を感じますが、500万画素、1/1.5インチ液晶、レスポンスの遅さには古さを感じます。それに、中古で買ったこの固体だけの現象かもしれませんが、或いは、センサーが劣化したためなのか、画像に赤みが強く出ています。今日の写真にはまだ多少残っていますが、その赤みをPicasaで取り除いてみました。

by yagyu-toubei | 2012-02-05 17:42 | 機材 | Trackback | Comments(0)